三笘薫単語

ミトマカオル
6.1千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

三笘薫(みとま かおる)とは、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手である。
イングランドプレミアリーグブライトン&ホーヴ・アルオンFC所属。サッカー日本代表

1997年5月20日生まれ。利き足は右。ポジションMF、FW。(に左サイドハーフまたはウイング)。178cm73kg。

経歴

プロ入り前

大分県で生まれ、父親陸上母親バレーをやっていたスポーツ好き一家の次男として神奈川県川崎市で育つ。3歳年上の幼稚園年少の頃にはボールを蹴り始め、小学生になると東京ヴェルディサッカースクール、さぎぬまSCプレー

小学校3年生のときにセレクションに合格し、川崎フロンターレU-12に入団。当初は周囲のレベルが高く、ついていくことに苦労するが、次第に才が開。当時は中盤のセンターをやっていたが、ドリブル、パスともに天下一品と評価されていた。6年生のときにはキャプテンに選ばれ、2大会連続で全日少年サッカー大会に出場している。この頃からプロサッカー選手になりたいと意識するようになった。

中学生になるとU-15に昇格。監督から「スポンジを吸収するように成長」と評されるほどメキメキと頭を現し、クラブユース選手権(U-15)でガンバ大阪と準決勝で戦った際には相手の監督からも高く評価されるなど名の知られる存在となっていく。対戦相手も三笘のドリブルを警し、複数のマークを付けて対策を練る程になっていた。

高校生になりU-18に昇格。首からの評価は高く、トップチームへの昇格も打診されるほどであった。しかし、当時はすぐにプロでやっていける自信が持てず、本人の「大学サッカーの4年間でもう一度自分を鍛え直したい」という理由から進学を選択する。

高校卒業後、自分を高く評価してくれた筑波大学へ進学。1年生のときから出場機会を得ると、関東大学リーグ1部での2位躍進とインカレ優勝に貢献。2年生になると、2017年6月21日天皇杯2回戦でベガルタ仙台と対戦し2ゴールを奪う活躍を見せ、J1チーム相手の獲得に貢献する。特に1点のDF3人をぶち抜いて60mをドリブルで独走しての1点ゴールによって三笘薫の名前は大きく知れ渡るようになった。8月には台北で開催された2017年季ユニバーシアードの日本代表に選ばれ、金メダルを獲得。この年、関東1部優勝ベストイレブンも獲得。さらに9月には川崎フロンターレの特別定選手となり、3年生となった2018年7月川崎への加入内定が1年前倒しで発表される。2019年9月8日ルヴァンカップ準々決勝第2戦の名古屋グランパス戦でプロ公式デビューを果たす。

川崎フロンターレ

大学卒業後の2020年よりJ1リーグ川崎フロンターレと正式に契約を交わし、プロサッカー選手としてのキャリアスタートさせる。背番号は「18」。2月22日J1開幕戦サガン鳥栖戦で途中出場し、Jリーグデビューを飾ると、7月26日の第7節湘南ベルマーレ戦でプロ入り初ゴール記録。初スタメンとなった第9節大分トリニータ戦で開始5分でのゴールを決めると、この試合を皮切りに第11節のセレッソ大阪戦まで公式戦5試合連続ゴール記録。攻撃に代表クラスタレント川崎においてに定着し、右の家長昭博でタメを作って、左の三笘で切り崩す攻撃パターン確立される。結局この年リーグ戦30試合に出場し、新人とては最多タイ記録の13ゴール記録アシストも12アシスト記録している。川崎記録的な強さでのJ1優勝に貢献し、Jリーグニュースターとして注されるようになる。さらにJリーグアウォーズにおいて、プロ1年にしてJリーグベストイレブンにも選出。2021年1月1日に開催された天皇杯決勝のガンバ大阪戦では決勝ゴールを決め、二冠を獲得する最高のプロ1年となる。

度が飛躍的に増した2021年も最初の公式戦となったゼロックススーパーカップガンバ大阪戦で2ゴールを決めてタイトルをもたらし好スタートを切ると、J1リーグ開幕2試合となる第11節セレッソ大阪戦ではエラシコで相手を抜き去り、レアンドロ・ダミアンワンツーを交わしてのゴラッソを決めている。5月に入ってからのリーグ戦では4試合連続ゴールを決めるなど、前年同様に圧倒的な強さで首位を独走する川崎の攻撃の中心として躍動する。

ユニオン・サン=ジロワーズ

2021年7月10日、かねてから海外移籍の話が出ていたが、イングランドプレミアリーグブライトン&ホーヴ・アルオンFC全移籍することが発表される。契約期間は4年で移籍は3億9000万円。ただし、日本代表でのプレー経験がいためイギリスの労働許可が発給されず、2021-2022シーズンブライトンの提携先でもあるベルギー・ジュピラ―・プロリーグロイヤルユニオン・サン=ジロワーズへ期限付き移籍となる。

2021年9月12日伊東純也が所属するKRCヘンク戦で途中出場し、デビューを果たす。9月21日ベルギーカップ5回戦 レブベーケ(5部)戦で初スタメンを飾り、移籍後初ゴール記録している。その後も途中出場が続いていたが、10月16日リーグ第11節スラン戦で前半で退場者を出したうえに2点をリードされる試合展開の中、後半開始から投入されると、リーグでの初ゴールを含むハットトリックという圧巻の大活躍を見せ、チームを大逆転勝利に導く。その後は、不慣れな左WBでの起用が中心となるが、持ち味のドリブルベルギーファンを魅了。12月18日の第20節セルクル・ブルージュ戦では1ゴール1アシストの活躍でまたもチームの大逆転勝利に貢献する。1月善試合で足首を負傷し、およそ2カの間戦線を離脱。復帰後はキレのあるドリブルで昇格組のチームレギュラーシーズン首位で終える快進撃に貢献。プレーオフでは優勝は逃したが、充実した欧州1シーズンとなる。

ブライトン

2022年7月7日、保有元であるイングランドプレミアリーグブライトンで2022-23シーズンプレーすることを自身のインスタグラムで発表する。背番号は「22」。
8月12日プレミアリーグ第2節ニューカッスル戦で後半30分から出場し、プレミアリーグでのデビューを果たす。10月1日の第9節リヴァプールFC戦では後半20分から出場すると、ドリブル突破からのクロスで同点ゴールを演出し、アンフィールドでの勝ち点1獲得に貢献する。10月29日の第14節チェルシーFC戦で初スタメンを飾ると、移籍後初アシストするなど強相手に躍動し、4-1での大勝に貢献する。当初は代表と同じくスーパーサブ的な役割だったが、監督ロベルト・デ・ゼルビに代わってからはスタメンに定着するようになる。11月5日の第15節ウォルバーハントン戦において、前半44分にヘディンシュートを決め、プレミアリーグゴール記録。この試合では3試合全てに関与する活躍でファン投票によるMOMに選出されている。12月31日の第18節アーセナル戦では冨安健洋とのマッチアップが実現。試合には敗れたが、後半20分にゴールを決めるなど躍動し、高い評価を受ける。2023年1月23日の第21節レスター・シティ戦では左からカットインし、右足で弧を描いた美しいスーパーゴールを決め、世界中のメディアから称賛を受ける。

日本代表

筑波大学在学時の2017年U-20日本代表に選ばれたことがあり、2018年には東京五輪U-21日本代表に選出。6月3日おこなわれた第46回トゥーロン国際大会グループリーグ第3節U-21カナダ戦で先制ゴールマーク。7位決定戦のU-21トーゴ戦では下部組織時代の同僚でもある三好康児のゴールアシスト8月に開催されたアジア競技大会でも初戦のネパール戦で決勝ゴールを決めている。

U-22日本代表となった2019年も第47回トゥーロン国際大会メンバーに選出され、大量6ゴールを奪う歴史的大勝となったU-22チリ戦で先制ゴール記録。決勝のU-22ブラジル戦では後半21分から途中出場し、PK戦では2人キッカーとして成功させている。しかし、その後旗手央が失敗したため日本は準優勝に終わっており、三笘の出番も2試合のみとなった。日本U-22ブラジルを相手に歴史的な金星を飾ったブラジル遠征のメンバーにも選出されていたが、出場機会はかった。

その後の川崎でのセンセーショナルな活躍もあってフル代表入りを待望するが高まるが、2021年3月メンバー発表では東京五輪を控えたU-24代表のほうに選出される。3月26日U-24アルゼンチン戦では久保建英と2列で初共演を果たすが、相手の守備の前にクラブで見せるハイパフォーマンスは見せられず、後半途中で交代となっている。

2021年7月に開催された東京オリンピックメンバーに選出されるが、ACLで負った怪で別メニュー調整が続き、出遅れてしまう。グループリーグメキシコ戦、フランス戦に途中出場するが、結果を残すことができず、準決勝のスペイン戦ではベンチ入りメンバーからも外される。3位決定戦のメキシコ戦で後半18分から出場すると、キレのあるドリブルで停滞していた日本の攻撃を活性化させ、後半33分に一矢を報いるゴールを決める。出場機会に恵まれず苦しんだが、最後に可性を見せた大会となった。

2021年11月2022 FIFAワールドカップアジア最終予選のメンバーに選ばれ、フル代表に初めて招集される。ファンからの待望論が噴出する中、11月16日オマーン戦で後半開始から出場しフル代表デビューを果たすと得意のドリブル突破で停滞した日本代表の攻撃を活性化。後半36分には個人技から伊東純也ゴールアシストするMVP級の活躍を見せる。2022年3月24日の敵地でのオーストラリア戦では後半39分に投入されると、代表初ゴールとなる先制ゴールとダメ押しとなる追加点の値千の2ゴールを決める大仕事をやってのけ、日本を7大会連続のワールドカップ出場に導く立役者となる。6月に開催された強化試合でも4試合で2得点1アシストという結果を残し、大きく評価を高める。

2022年11月に開催された2022 FIFAワールドカップメンバーにも選出。これまで同様に途中出場から試合の流れを変えるジョーカー的な起用法となったものの、グループリーグ3試合全てでキレのあるドリブル突破からチャンスを作り出し、日本の攻撃の切り札としての存在感を発揮。12月1日スペイン戦では、後半開始から投入されると、田中碧の決勝ゴールアシスト。このときゴールラインギリギリでボール折り返しプレーはVAR判定で認められたものの、非常に分かりづらい微妙な判定だったため世界中で物議を醸すことになる。ついには、FIFAはギリギリで残っていた拠を提示する事態となった(詳細は「三笘の1mm」を参照)。ラウンド16のクロアチア戦でもジョーカーとして起用されるが、PK戦では2人キッカーとして失敗し、ベスト8進出は果たせなかった。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2020 川崎フロンターレ J1 30 13
2021 川崎フロンターレ J1 20 8
2021ー22 サン=ジロワーズ(loan) ジュピラ―リーグ 27 7
2022ー23 ブライトン プレミアリーグ

プレースタイル

もっとも得意としているプレーエリアは左サイドの大外のレーンで、大外にった位置からドリブルで仕掛けるプレー頂としている。ドリブラーとしての強みは蹴る足を前に置くパターンと軸足を前に置くパターンの2種類を使い分けられることにある。これによって縦に仕掛けるプレーと中にカットインするプレーの選択が自在にでき、アウトサイドキックによるパスも選択肢に入っているため、守備側はタイミングが図りづらい。足の長さを活かしたストライドの使い分けも特徴で、スピードの緩急の使い分けも可

トップスピードの中でも視野を確保できるのも強みであり、久保建英と同じようにボールを見ずに顔をあげたままドリブルすることで相手の動きや位置取りを把握でき、味方の動きも把握できるため味方に預けてワンツーで裏へ飛び出すというプレーも得意としている。オフ・ザ・ボールのときも周りの状況を冷静に判断できているため、ボールを受けるときの位置取りもうまい。

得点の高さも特徴的で、体の向きを使ってファーと見せかけてニアを撃ち抜いたり、ニアと見せかけてファーサイドへ巻いたシュートが特徴的。ファーとニアの使い分けができることが得点が高い秘となっている。また、自分でシュートに持ち込むパターン確立させているだけではなく、味方のパスに合わせてゴールを狙う動きも得意としており、スペースへ入り込むタイミングが的確。つまりは味方を使う側にも使われる側にもなることができる。

守備面では攻守の切り替えのスピードや判断はほぼ問題なくこなせているが、デュエルめられる局面になったときに寄せが甘くなったり、足を出さないといけない場面で出なかったりと課題が見られる。また、相手サイドバックの攻め上がりに対して戻るときの判断が遅れることもある。

名物解説者である松木安太郎氏は、「ボールの持ち方がヨハン・クライフに似ている」と評している。

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三笘薫

7 ななしのよっしん
2022/12/02(金) 20:37:29 ID: gr4m9VouOV
ワールドカップ終わった後凄いことになりそうな選手筆頭
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2022/12/02(金) 21:18:59 ID: D46ZWki0Ob
凄い選手になったもんだ。川崎時代からとてつもない才を発揮してたけど
個人的にはシティに行ってペップ導を受けて欲しいが、流石に厳しいか。フォーデンやらグリーリッシュやらがいるし
にしても、あのドリブル突破は二の武器だわ。プレミアリーグのDFたちを震え上がらせてるだけのことはある
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 00:56:25 ID: aY/1xQSze4
スペイン戦の後半24:40あたりの漫画みたいな速度のドリブルからのあのパスなんだよ
あんなん出来るもんなのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 03:26:48 ID: cjYKUXqJuj
ジャイアントキリングならぬブタゴリラトキリングだな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 07:55:33 ID: dyOHmevL02
三笘の1ミリ」って記事いつかできそう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 11:58:22 ID: vPCaB2/03p
>>森保一は「彼自身が戦術

・・・本当にそうなりましたね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 18:17:44 ID: 4mirjgsgn7
もう一気に世界的なプレイヤーになった感じがする
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 22:37:33 ID: yi4NzFH17R
>>11
もう出来てて
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2022/12/04(日) 02:16:46 ID: dyOHmevL02
まさかこのコメント >>11投稿から約6時間後に記事が作成されたとは笑笑笑
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2023/01/05(木) 22:55:43 ID: bo4Jt3YBFB
プレミアリーグでも普通無双してるのは凄いな
監督がデ・ゼルビに変わってから三笘の良さがさらに引き出されてる感もある
👍
高評価
0
👎
低評価
0