三菱・ディグニティ単語

ミツビシディグニティ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

三菱・ディグニティとは、三菱自動車が製造・販売をしているセダン乗用車で、三菱の中では最高峰の種でもある。

概要

名の由来は、英語で「威厳」の意味から。

兄弟プラウディアベースに全長を285mm伸ばし、専用のフロントフェイスを与えた純正リムジンでもある。生産量は少なくわずか59台のみとなる。

エンジンは初代モデルV8気筒・4500GDIとなり駆動方式もFFのみになる。二代はV6気筒3500ハイブリッドモデルとなり、駆動方式はFRのみとなる。

初代モデル三菱オリジナルであったが、販売不振のために一度は生産中止となったが、2012年に11年ぶりに復活をした二代モデルは、日産からのシーマOEMモデルとなり、ハイブリッド専用モデルとなる。

なお初代モデル現在でも篠宮として使用されており、時折ニュースなどで見かけることができる。

初代モデル(2000年~2001年)

1999年兄弟プラウディアと共にデビュー。純正リムジンとなり、価格も999万円となる。

篠宮として導入をされていたが、不況による販売不振や三菱グループでも敬遠をされてきたこと、リコール隠し問題も加わり、わずか1年で販売中止となる。

二代目モデル(2012年~)

2012年に提携をしている日産自動車から「11年ぶりに復活」が発表をされ、同年7月に発売がされる。同年5月に発売をされた五代シーマOEM供給をされる。

ベース車両と同じ、V6気筒3500ハイブリッドエンジンを搭載したことにより、三菱乗用車では初のハイブリッドモデルとなる。グレードはシーマは3つに対して、グレードは1グレードのみとなる。また、シーマフロントグリルが横基調になるのに対して、ディグニティでは、縦基調となる。価格も840万円となる。

関連動画

関連商品

関連リンク

ディグニティ公式exit

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三菱・ディグニティ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 三菱・ディグニティについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改