三菱・デリカスターワゴン単語

デリカスターワゴン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

三菱・デリカスターワゴンとは、三菱自動車1979年から1999年まで生産していたワンボックスカーである。

概要

デリカの乗用モデルとして1979年に追加設定された。
現在では日本国内の他にロシアなどの諸外でも人気があり、中古が多く輸出されている。

歴史

初代(1979年~1986年)

1979年発売。
9人乗り、2WD、1600ccガソリンエンジンのみの設定で、クラス初の5速マニュアル搭載だった。

1980年1800ccエンジン搭載モデルを追加。
翌年にはオートマチックも追加された。

1982年4WDを追加。
当時生産されていたピックアップトラックフォルテ」のシャシーデリカのボディを乗せているため高が高く、悪路走破性は他モデルべて高かったという。

1983年4WDエンジン2000ccに変更、翌年にはディーゼルエンジンも追加された。

1986年フルモデルチェンジを実施し2代目へ。

2代目(1986年~1999年)

1986年発売。
2WDには標準ボディとロングボディ、4WDには標準ボディのみを設定。特に4WDでは、先代のフレームボディからモノコックボディとなった事で重量バランス善された。
エンジン2000ccガソリン2500ccディーゼルを設定、トランスミッションは5速マニュアルと、2WDにのみ4速オートマチックが設定されていた。
2WDにはルーフの一部がガラスになっている「クリスタルライトルーフ」が設定されていた。
一部グレードには「オーディオステージ」と呼ばれるオーディオソースセレクターが装着されていた。

1987年:一部良を実施。
2WDのエクシードバンパーを大のものに変更、米国輸出仕様の近い外装となった。

1988年:一部良を実施。
4WDディーゼルオートマチックを追加した。

1989年:一部良を実施。
エクシードシリーズガソリンエンジン2400ccに変更、ハイルーフ及びクリスタルルーフを追加した。

1990年マイナーチェンジを実施。
ヘッドライト4からプロジェクター式の異に変更、2WDはバンパーデザインも変更された。

1991年4WDガソリンモデルオートマチック仕様を追加。

1994年:後継モデルデリカスペースギアが発売された。
上記モデルの発売を機にグレードを大幅に縮小、2WD、4WD共に1グレードのみとなった。

1997年マイナーチェンジを実施。
特徴的だった4WDモデルグリルガード止され、2WDとほぼ同じ顔つきに変更された。

1999年に生産を終了。

この2代目4WDには今なお多くのファンがおり、中古価格も較的高値で安定している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三菱・デリカスターワゴン

1 ななしのよっしん
2015/03/29(日) 19:38:21 ID: N48+bF2zwG
助手席の下にエンジンがあって会話もり上げないと駄だった

急上昇ワード改

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス