三菱・プラウディア単語

プラウディア

三菱・プラウディアとは、三菱自動車1999年から2001年まで生産していたセダンである。

概要

デボネアの後継モデルとして1999年に発売されたが、リコール隠し問題などの影により短期間で生産が打ち切られた。

歴史

初代(1999年~2001年)

1999年発売。
3代デボネアの後継モデルとして登場、当時の三菱自動車では最高級であり、三菱自動車内の役員用として利用されていた。
3代デボネアと同じく韓国現代自動車との共同開発で、韓国でも同じ外見のが「ヒュンダイ・エクウス」として販売されていた(インパデザインはまったく異なるものとなっている)
エンジンはV6気筒3500ccGDIを設定、トランスミッションはINVECS-II スポーツモード5A/Tが搭載されていた。

2000年には一部良を実施。
塗装がウレタンクリア塗装からダブルクリア塗装へと変更された。

もともと高価なで一般向けにはあまり出回っておらず、2000年に発生したリコール問題の影をもろに受け2001年には生産を終了、総生産台数は1228台だった。

2代目(2012年~)

2012年7月に発売。
日産自動車の大セダンである「フーガ」のOEM供給で、バリエーションフーガにあるハイブリッドモデルは存在していない。ガソリンのV6気筒25003700が用意され、駆動方式もFR4WDが用意される。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三菱・プラウディア

1 ななしのよっしん
2014/01/14(火) 20:45:37 ID: y3HKbrbznv
安達実がCMをやってたゲーム機・・・いや、なんでもない。

急上昇ワード

2019/09/19(木)15時更新