三菱・eKワゴン単語

ミツビシイーケーワゴン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

三菱・eKワゴンとは、三菱自動車2001年より製造をしている軽乗用車である。

概要

名の由来は英語Excellent K-Car(いい軽自動車)の造に由来する。岡山県倉敷市にある水島製作所で製作される。バリエーションには、ノーマルのeKワゴンとターボエンジンが搭載されるeKスポーツ、初代モデルバリエーションにはクラシック調のeKクラッシィ、高を高くしたクロスオーバーSUVタイプのeKアクティブも用意された。

駆動方式はFF4WDで、ミッションも3速ATと4速ATと5速MTが用意される。エンジンはターボ付きとターボしの二種類が用意される。三代目モデルは新開発のCVTのみとなる。

歴代共通なのは、高を立体駐車場でも入庫できる高さにしてあることも売りとなっていたが、eKアクティブや三代目モデルでは高が高くなっている。

2005年からは、日産側にもOEM供給を開始をして名称もオッティ2013年登場の三代目モデル姉妹デイズとなる(後述にあるように日産自動車三菱自動車工業の合弁会社・NMKVが開発)。

初代 (2001年~2005年)

2001年に登場。グレードも2グレードでミッションも3速ATのみとなる。

2002年にターボモデルのeKスポーツが登場。通常のeKワゴンも装備内容の定により、上級グレードにABSが標準装備化がされる。

2003年に次々と特別仕様を設定。ミッションも4速ATを搭載したグレードも登場。同年クラシック調のeKクラッシィも登場。

2004年に一部良。通常モデルでもABSオプションから標準装備化となった。また高を高くしたクロスオーバーSUVタイプのeKアクティブが追加。通常モデルのeKワゴンには5速MT仕様も設定された。

2005年日産自動車側にeKワゴンとスポーツOEM供給を開始。名称もオッティとなる。同年には一部良を行ったが、eKクラッシィが止となった。

二代目 (2006年~2013年)

2006年に初のモデルチェンジ。好評だったスタイリングキープコンセプトとなり、バリエーションもeKアクティブが止となり、ワゴンスポーツのみとなった。またクラス初の左側リアスライドドアを採用をしたグレードも登場。軽自動車初のLEDを用いたリヤコンビランプの採用をするなどが入ったモデルとなった。ATコラムシフトからインパシフトとなる。エンジンごとにFF4WDのいずれかの選択も可となった。ミッションは、廉価グレードのみに5速MTと3速ATとなるが、後は4速ATのみとなる。

2008年2009年に一部良で燃費向上が行われる。

2011年グレードの定が行われる。

2012年に保安基準の定により、シートベルトの良が行われる。

三代目 (2013年~)

2013年6月モデルチェンジ。この代より日産自動車三菱自動車工業が折半して設立した軽自動車専業の合弁会社・NMKVが開発をしたモデルとなっている。エクステリアデザイン三菱自動車インテリア日産自動車の案が起用される。バリエーションはワゴンカスタム(eKスポーツから称)となり、ミッションは新開発のCVTのみとなる。姉妹デイズが存在する。

eKワゴンのイメージキャラクターには女優井川を、eKカスタムのイメージキャラクターには俳優佐藤健を起用。

関連動画

関連商品

関連リンク

ek公式サイトexit

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BBek%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三菱・eKワゴン

1 ななしのよっしん
2012/11/03(土) 01:50:54 ID: jR1EOAbKXk
スポーツアクティブクラッシィについての説明も入れてほしいですね…
とりあえず記事作成乙
2 ななしのよっしん
2016/07/10(日) 03:03:45 ID: MZnSmT5xH9
メチャクチャ丁寧にアクセルワークしてたら
実燃費なんて余裕で燃費意識しないで乗ってるユーザームーヴN-WGNに勝てると思う
3 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 09:57:25 ID: MRbpcltfAE
機会があって現行のに乗ったけどやばいねこ
特にCVTの出来が酷いのか加速が最悪
評価が低いのもしょうがない