三遊亭圓楽(5代目)単語

サンユウテイエンラク
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

三遊亭圓楽とは、日本落語家である。とりわけ、「笑点」の回答者・及び会者として有名。本名は吉河寛ではない。

経歴

1933年東京都出身。かの戦国武将吉川がご先祖様というお寺のに生まれる。東京大空襲を経験したのちに埼玉県農業高校入学卒業1955年に6代三遊亭圓生子入りし、三遊亭全生を名乗る。この時「30歳までに真打に昇進できなかったらやめます」と師匠に宣言し、その宣言通りに30歳になるまでに真打昇進を成し遂げ、5代目三遊亭圓楽を襲名した。入門してわずか7年で真打昇進は極めて異例。

その後、数多くのテレビ番組に出演するようになり、「星の王子さま」としてお茶の間の人気者になる。「笑点」のレギュラー出演もこの頃から。しかし師匠生から「落語に精を出しなさい」との厳命を受け、1977年ごろから笑点以外のテレビ出演を全て降。以後、落語家として名を上げる事になる。
また、時を同じくして「落語協会分裂騒動exit」を引き起こす(詳細はwikipedliaにて)。この時に後の円楽一門会を設立。自分ので寄席「若」を建設したが、経営難により閉鎖してしまった。この件は生前に「笑点」でもたびたびネタにされた。

1983年から「笑点」の会者を務める。3問出すべき問題を2問で終わらせようとしたり、収録中に居眠りをしたりといったミス稀によくある緻密な会ぶりであったが、歴代で最も長く笑点会を務めた事から笑点を見るニコニコユーザーにとってなじみ深い会者と思われる。

2005年脳梗塞を発症し、翌年に「笑点」を勇退。その後もいくつか口演するが、2007年に自分の噺に満足できず落語家引退する事を表明し、後進の導に当たることになった。
2009年には子の三遊亭楽太郎圓楽名前を継がせる事を決めたが、その年の10月から転移した肺により死去。生前襲名はわなかった。

人物像

  • 大の甘いもの好きであり、甘いものにまつわるエピソードに事欠かない。例えば仕事長崎へ行った時、イチゴにかけるために出された加糖練乳をそのまま飲み干しておかわりめたり、子を全員集めて小言を言っていた時にの前にあった羊羹の包装をバナナの皮のように剥き、小言を言いながら2棹ともらげたり、豆をつまみながら何を言っているかわからない小言を言ったり。
  • 自分の子には寛容な一面を見せて六代円楽好楽などから亡くなった後も慕われる一方で自身の言動が原因で兄弟子からの評判はすこぶる悪く、上記の落語協会分裂騒動exit一部始終を本に書いた子の丈からはクソミソに罵倒され、それ以外の川柳、生之助、からも
    師匠(生)が亡くなった後、圓楽さんの一門(預かり子)にはならなかったんです。」(生之助)
    「(圓楽の一門には)行きませんよ」()
    ボロクソに評価されている。
  • 落語の中でもドジを踏むことが多かったらしい。ある時は扇子を忘れて代わりに手拭いをタバコに見立てたり、ある時は「目黒のさんま」という演を「イワシ」と言ってしまったり。しかしこれらのドジを強引に乗り切ったとも。
  • 寒がりでもあり、よく厚着をしていた。時には着物の下にセーターを着込んだり足袋の下に靴下を履いたりして高座に上がってたらしい。
  • 顔が長けりゃ小言も長い。
  • 生前自分で墓を立てていた。せっかちな性格なので他人の作った墓に入るより自分でく作ってしまおうと考えたため自分の墓を建立したとのこと。そして自身の墓の隣には1972年インドニューデリーで起きた航空事故世した実のの供養観音が建立されている。
  • 生前に圓楽名前子の楽太郎に譲るのを決めたのも五代圓楽である。「死んでからか分からない人間に名乗られるよりも知ってる人間にあげると決めたほうがいい」と考えたという。

主な弟子

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E9%81%8A%E4%BA%AD%E5%9C%93%E6%A5%BD%285%E4%BB%A3%E7%9B%AE%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三遊亭圓楽(5代目)

19 ななしのよっしん
2018/07/02(月) 20:09:56 ID: mYyj+LlW4S
>>14
仲良くやってくれよなー
20 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 08:13:31 ID: 6fYZs20ShV
>>14
送り込むのに9年もかかっちまったな…
21 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 21:43:24 ID: gdF4gCFerV
>>16
円楽襲名披露での歌丸師匠の言葉を借りれば「星屑おじいさん
22 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 16:06:46 ID: a9EMCSb7cr
6代よりよっぽど腹黒
23 ななしのよっしん
2019/03/06(水) 20:34:55 ID: a9EMCSb7cr
乱心読んだ後だと全く印が変わるなぁ
円丈師匠の脚色はあるかもしれんが、9割事実だとするとこの人も相当なもんだね。
24 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 18:14:52 ID: r5IKXyTYPo
乱心は円丈から見た事実だけど川柳のガーコン落語一代とも微妙に違うしそれぞれから見た見え方があったんだろう。それこそ圓楽から見た事実談志から見た事実や志んから見た別の事実があったと思う。
25  
2019/11/19(火) 21:14:33 ID: lWzWua3LY8
実の飛行機事故で亡くした五代だが、自分は飛行機事故一重で回避した
其の事故というのがあの日本航空123便事故
26 ななしのよっしん
2019/12/17(火) 11:58:03 ID: qqli8+SHHU
実際圓楽は「生の総領子」と「落協の理事」という2つの立場の挟みで
相当悩んだらしいし、師匠から「落協に残って兄弟子を束ねてってくれ」と
言われてたのと「師匠を一人で放り出す訳にはいかない」との思いの間で
揺れ動いてたんだろうな
いろんな話から摺り合わせると、そうして悩んでた所に談志から新団体設立の
持ちかけが来たので師匠と一緒に落協を抜ける方向に動いたが、それを
兄弟子に伝えるのが遅れたため結果的に兄弟子の忠心を試すような
形になってしまったのではないかと
その談志からも最終的に梯子を外されるような形になり、新団体が実質生一門だけ
という貧弱な形になってしまった上翌年には生の急死で空中分解
一門全体にも大きな裂を生んでしまった
そんな事のため、圓楽は「今さら落協に戻れる訳がない」と思ったらしい
27 ななしのよっしん
2019/12/18(水) 09:33:49 ID: qqli8+SHHU
ウィキペディアの記事などを通じて客観的に見ると
どうも生・圓楽・他の子の三者間で意思の疎通がうまくいってなかったっぽいし
ここでみんなが疑心暗鬼になったのは前々から人間関係のトラブルが多かった
生の性格も一因の模様
師匠、御乱心!」に書かれてた圓楽の「敵を騙すのにはまず味方から」も
なんか後づけの言い訳っぽい

圓楽談志の誘い通り新団体作れば一門も師匠も守れると思ったのに、
   こんなはずじゃなかった…」
生「は一人で落協抜けるつもりだったのに、圓楽が余計な色気出したばっかりに…」
丈たち「師匠圓楽たちを騙して振り回しやがって、ふざけんな」
28 ななしのよっしん
2020/04/03(金) 14:13:07 ID: R4fKcq3ziC
生→冷酷非情、五代圓楽→短気、円丈→ゲスだからな

急上昇ワード改

2020/10/31(土)22時00分 現在

おすすめトレンド