三重県営サンアリーナ単語

ミエケンエイサンアリーナ

三重県営サンアリーナとは、三重県伊勢にあるイベントホール、コンベンションホールである。

概要

特徴・歴史

伊勢二見鳥羽ラインインターのすぐにあるアリーナで、なだらかなカーブを持つ扇形の屋根が特徴的である。

メインアリーナサブアリーナの2つのホールを持ち、会議室やレセプション室などのコンベンションルームも備している。2階にはフィットネススタジオスポーツクラブがあり、スポーツトレーニングの場としても活用できる。また、2018年4月1日に県営では3施設内最大規模の室内ボルダリング場が整備され、本格的なボルダリングが出来る施設として、ボルダリングクライマーから認知されつつある。[1][2]

ちなみに、2016年5月26日~27日に開催された第42回先進国会議(通称:伊勢志摩サミット)では、サンアリーナメディアセンターの場として選定され、駐車場に仮設棟が建設された。サミット終了後は解体され、解体資材は9割ほど再利用されている。[3][4]

また、有名音楽アーティストツアーコンサートも多く開催されている。特に2019年1月から2020年7月にかけては、隣県の愛知県名古屋市にある名古屋市総合体育館日本ガイシホール)が修工事を行う関係からコンサート開催がとても多くなった。

ホール構造パラメータ

メインアリーナ

サブアリーナ

入場案内

営業時間

午前9時午後9時

アクセス

【住所】
516-0021 三重県伊勢町字4383-4 (⇒Googleマップピンで見るexit)

関連動画

関連静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *国内最大級のボルダリング施設 伊勢・サンアリーナに完成 三重 (伊勢新聞)exit
  2. *伊勢にボルダリング新施設 競技人口の裾野拡大へ 三重県営で3施設目、4月完成 (産経ニュース)exit
  3. *まるで日本館「国際メディアセンター」で魅力PR (産経ニュース)exit
  4. *伊勢志摩サミットのメディア拠点の解体始まる…三重県、9割は再利用 (産経WEST)exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C%E5%96%B6%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三重県営サンアリーナ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 三重県営サンアリーナについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!