三銃士単語

サンジュウシ

三銃士(原題:Les Trois Mousquetaires)とは、フランス小説家アレクサンドル・デュマ(大デュマ)による小説作品。

曖昧さ回避

概要

長編小説シリーズダルタニャン物語』(D'Artagnan)の第一部に当たる。1844年にフランスの新聞に連載された。
実写アニメ人形劇等により何度も映像化されている。

表題の士』(ムスケテール)は、当時最新式のマスケット銃を装備した乗歩兵のこと。
下層階級からも広く隊員を集めた為、出世街道に乗りたい若者の参加が相次いだ。そのため隊はかなり荒っぽく、作中でも真剣を使った手合せを行っているさまが確認できる。
時にはパリ近衛兵を務め、士気の高さもあってルイ13世のお気に入りだったと伝えられている。また、その気質から宮廷やパリ市民からの人気は高かった。
なお作中ではマスケット銃は活躍せず、ほぼでの戦闘となる。なので最初は違和感があるかも知れない。

あらすじ

フランスの片田舎・ガスコーニュ出身の若者、ダルタニャンの最初の物語

田舎貴族息子ダルタニャンは、士になる事をしてパリに上する。ところがその中で騎士とその仲間を相手に諍いを起こし、奮戦するも返り討ちに合う。更には気絶している間に、に書いてもらった紹介状を盗まれてしまった。
どうにか士隊隊長トレヴィルとの謁見には成功するが、騎士が再び現れ逆上、追いかけようと部屋を飛び出してしまう。だがそこで士隊でも高名な「三銃士」の一人アトスと揉め事を起こし、決闘する羽になった。
結局、騎士を見失ったダルタニャン。更に悪い事は続き、「三銃士」のポルトス、更にアラミスとも揉め、時間をずらして三人全員と決闘する運びとなる。

覚悟を決めて三銃士との決闘に赴くダルタニャン。アトスの介添人としてポルトスとアラミスも登場し、一同は奇妙な成り行きに驚きつつも、まずアトスとの決闘を行おうとする。ところが決闘が始まった途端、リシュリュー枢機卿の護衛隊が現れた。士隊と護衛隊の反は長年の因縁で、ここぞとばかりに彼らは私闘を理由に一堂を逮捕しようとする。ダルタニャンと三銃士は共闘し、客で知られる護衛士ジュサックを下す戦功を上げた。
この事件によってダルタニャンは三銃士と和解、生涯の友情を誓う事となった。トレヴィル、ひいては王ルイ13世からもその活躍は注され、一置かれる存在となる。

フランスの宰相・リシュリュー枢機卿はフランス、ひいては自身の利益の為、敵たるハプスブルグ出身の王妃アンヌを排除しようと、密かに暗躍していた。
心の悪女レディー騎士ことロシュフォー伯爵を使い、大使として来したイギリスの宰相・バッキンガムと、密かに想いを通じる王妃の秘密を知る。この不倫王に知れれば、王妃は不貞の罪によってを追われる事だろう。

いまだ士ではないものの、ダルタニャンはパリでの暮らしを満喫していた。そんな折、のボナシューから「行方不明になった妻を探してください」と持ち掛けられ、義侠心からこれに同意する。
ボナシューの妻コンスタンスは王妃の女として宮廷に出仕していた。バッキンガムと王妃の瀬を取り持つ役として密かに動いていたコンスタンスだが、リシュリュー枢機卿の手の者に誘拐されて利用されようとしていたのだ。
事にコンスタンスを救出したダルタニャンだったが、若く美しい人妻に一で恋してしまう。コンスタンスもまた、自分を救いに来た騎士に想いを寄せるのだった。

やがて王妃と公爵ならぬ恋は、を揺るがしかねない大事件へと至る。窮地に追いやられた王妃を救うべく、イギリスへの決死行に赴くダルタニャンと三銃士。
苦難を乗り越えて共に戦う彼らの活躍を描いた、一大冒険譚である。

登場人物

  • ダルタニャン
    ガスコーニュ地方の田舎貴族の子。若さ故の勇気と血気を兼ね備える青年。小柄でやせぎす。貴族としての礼節を弁えるが、ちょくちょく失敗をやらかす。
    士をしてパリに上、成り行きから三銃士との友情を結んだ。案外女性にモテる体質で、作中ではコンスタンスとのロマンスのほか、ミレディーとの危険な関係も見られる。
    同名の実在人物がモデル。後のシリーズでは士隊隊長、更には元帥にまで出世する。
  • アトス
    「三銃士」の一人。四人の中では最年長で、落ち着きがあるまとめ役。実で高潔な性格だが、若い頃は酒乱で博打好きというだらしない男だったらしい。
    「アトス」は偽名で、本名はラ・フェール伯爵実はかつてミレディー夫婦だった。
  • ポルトス
    「三銃士」の一人。大柄で持ち、手好きで放磊落な好
    一方で油断しやすく、見栄っりな性格が欠点。頭もあまりよろしくなく、およそ「陰謀」の2文字からは程遠い。
  • アラミス
    「三銃士」の一人。元は学生で、内心では職者としての生き方を望んでいる。色男で、女性関係は手。ダルタニャンと決闘した原因も女性がらみだった。
    の実は高く、一人で二人を相手どって勝利する腕前。後のシリーズでは信念の違いからダルタニャンと敵対するが……
  • トレヴィル
    士隊隊長実在人物。ダルタニャンのとは幼馴染だった。
    部下、および友人の息子ダルタニャンには何かと便宜を図ってくれる。
  • ジャックミシェル・ボナシュー
    ダルタニャンの。妻が行方不明になった為、問題解決をダルタニャンに依頼した。
    後にリシュリューに篭絡され、妻の心を奪ったダルタニャンへの嫉妬もあり、枢機卿側のスパイとなる。
  • コンスタンス・ボナシュー
    ボナシューの妻で、夫とはかなり年が離れている。王妃アンヌの女で、彼女とバッキンガムの間を取次していた。その関係でリシュリュー枢機卿の手の者に狙われる。
    自分を助けてくれたダルタニャンとならぬ恋に落ちるが、悲しい結末を迎える。
  • リシュリュー
    フランス宰相、枢機卿。実在人物。ハプスブルグの排除を的とし、アンヌ王妃の秘密を暴露しようとする。私心はあるもののその行動原理は益にあり、全な悪人という訳ではない。
    物語終盤ではダルタニャン達の実を認め、自分の部下にしようと考える。
  • レディー・ド・ウィンター
    リシュリューの心。の覚めるような美女で、才気渙発。だが実際には様々な名を持ち、多くの男を手玉に取った悪女でもある。
    過去に罪人として裁かれ、肩に百合の焼印を押されている。ダルタニャンを色仕掛けで篭絡しようとしたが焼印を見られてしまい、即座に殺しようとするなど、極めて冷酷。
    ちなみに名前は「(ウィンター)夫人」という意味となり、「ミレディー」は本名ではない。
  • ロシュフォー伯爵
    リシュリューの心。に傷を持つ騎士物語冒頭でダルタニャンと諍いを起こし、紹介状を奪った。そのほかにもコンスタンス誘拐を揮するなど、リシュリューの忠実な部下として暗躍する。
    終盤でダルタニャンと決闘を行い、3度で彼の実を認めて和解、友人となった。でも映画では大体悪役
  • ルイ13世
    フランス王。実在人物。柔弱な性格で、宰相であるリシュリューを信頼している。
    密かに王妃の不貞を疑っている。リシュリューに唆され、彼女に送った首飾りにかこつけて事実かどうか確かめようとした。
  • アンヌ・ドートリッシュ
    フランス王妃。実在人物。スペインフェリペ3世。ハプスブルグ出身。
    王とは政略結婚大使として訪問したバッキンガムならぬ恋を抱いてしまい、これが一連の事件のきっかけとなる。
  • バッキンガムジョージ・ヴィリアーズ)
    イギリスの宰相。実在人物。同盟のため訪れたフランスで、王妃に夢中になってしまう。
    王妃の立場をこれ以上悪くさせないようにと帰するが、その際に王妃から送られた首飾りが騒動を引き起こした。後にミレディーに唆された男により暗殺される。

補遺

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E9%8A%83%E5%A3%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三銃士

27 ななしのよっしん
2016/04/13(水) 11:54:32 ID: m9gYadwutf
ダルタニァン物語 3部作」 の

第一巻 の題名が 「 三  士 」でなぃの?

三銃士と出会い仲間になる物語だから;
28 ななしのよっしん
2016/04/13(水) 16:29:13 ID: uYo23IUT4y
第一部「三銃士」(1-2巻、巻数は後述の鈴木訳)
第二部「二十年後」(3-5巻)
第三部「ブラジュロン子爵」(6-11巻)

という構成で、第一部のタイトル三銃士。巻数は出版社や訳によって変わるからね。

一の日本語訳は鈴木衛によるものだけど、第一部第1巻のタイトルは「友を選ばば三銃士
当然これは鈴木が付けたもの。
29 ななしのよっしん
2016/08/27(土) 00:22:56 ID: TndT3oQVPq
英語を直訳すると「三人のマスケット使い」

マスケットってだけで、急にしょぼく思えるのはcivのせいだろうか
30 ななしのよっしん
2017/01/05(木) 06:50:00 ID: Cum4SxqyHA
まあ、もうちょっと時代設定を前にできれば、内容的にも三騎士で問題なかったろうけどな
モデルが史実の人物な以上、そこは動かせないし……
31 ななしのよっしん
2017/05/01(月) 20:28:49 ID: RxsDcHDNVG
言うなれば運命共同体 互いに頼り 互いにい合い 互いに助け合う
一人は皆のために、皆は一人のために
だからこそ戦場で生きられる 士は兄弟 士は家族
32 ななしのよっしん
2017/07/03(月) 00:07:15 ID: 0jFerFgF+I
Q.何で題名が『四士』じゃないの?
A.デュマ「真田十勇士幸村いれて十一人だから」
33 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 07:43:21 ID: NtYGDwlF3B
首飾りの話でダルタニャンに「これはポルトスの分!アラミスの分!アトスの分!」と三回刺されたワルド伯爵が一度反撃してきたうえ
「そして最後に拙者の分!」と地面にくし刺しにされた後生きて再登場したのには驚いた
全体的にこの人達タフすぎない?
34 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 19:50:39 ID: B3XHxOuZ0W
岩波の三銃士を読了したけど
かった一方で巷間のイメージよりもかにエグイ話だったなw
ダルタニャンも三銃士も結構アレだしミレディに至っては「可愛いから許す」なんて言ってられない正正銘の悪女だし
他方で生の三銃士物だと単純な悪役にされがちなリシュリュー枢機卿は史実での偉大な政治家にふさわしい度量を見せたりと読んで良かったわ
35 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 12:52:31 ID: uYo23IUT4y
続編を読むとルイズも出てくるよ。
36 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 17:53:03 ID: cC/B0kz/Ps
ドラえもん のび太夢幻三剣士もこれが元ネタだよな
まぁ名前だけだが