三雲修単語

ミクモオサム

三雲修(みくも おさむ)とは、週刊少年ジャンプで連載されているワールドトリガーに登場するキャラクターである。

声優梶裕貴/逢坂良太(VOMIC版)

概要

ワールドトリガー要四人のうちの一人。(残り三人は空閑遊真雨取千佳迅悠一

"持たざるメガネ"と作者からキャッチコピーをつけられている。

人物

年齢 15歳中学3年生)
誕生日 5月25日
星座 うさぎ座
血液型 A型
身長 168cm
好きなもの 親の手料理
所属 ボーダー本部 隊員

ボーダー玉狛支部
玉狛第2(三雲隊)
隊長
ポジション アタッカー

シューター

"持たざるメガネ"で表現されるように基本的に弱くトリオン量も少ない。

見た

黒髪ショートカット父親から貰ったアンダーフレームメガネをかけている。外したときの視は0.2。見たで判断するとしたらとっても優等生そうな感じ。

生い立ち

海外を作っていると、修と一緒に居るとに見えるほど見たが若い三雲香澄との間に生まれる。香澄は無表情だが中身は情熱的で修への情に溢れている。修が好きな親の手料理のうち一番好きなクリームコロッケ彼女クリームソースから手作りしている。

小学校の頃は本作の舞台である三門の隣町である之辺に住んでいた。家庭教師をしてくれていた児から、幼少期から何かよく分からないモノに狙われてきた雨取千佳を託され、児が行方不明となってしまってからは彼女を守るためにボーダーに入る。ボーダーの訓練生としての日々を送っていたある日、自分が通う学校に転入してきた空閑遊真との出会いを切っ掛けに、彼の世界が開かれた。

性格(さらっと編)

とても優等生。遊く、【面倒見の】。

戦闘力(短所編)

弱い。

ジャンプ作品にありがちな二の超能力や特異点的な急成長などは一切なく、作中は一貫して弱い。トリオン量も合格ぎりぎりのラインしかなく、戦闘の才がない。持たざるメガネ。分かりやすく言えば虚弱体質の人間が格闘になるようなものである。

戦闘力(長所編)

戦術面ではそこそこ評価が高い。それは失敗からくる反と地な分析によって培われたものである。武器をうまく工夫する知恵もある。

詳しく性格

※以下の文章には作品のネタバレに関する記述が含まれます。あなたがそうすべきだと思ったときに自己責任において閲覧してください。

ワールドトリガーキャラは(というかキャラ以外も)皆、一癖も二癖もあるが修もそうである。

三雲修を紹介する上で重要なこととして、

自分が「そうするべき」と思ったことからは逃げずに例え不利だろうが何だろうが遵守し、立ち向かっていく

と言う彼の信念が存在する。正義感と言えば正義感かも知れない。

かつて、児が行方不明になった事件で何も出来なかったことが修の中でトゲとして残っている。

彼本人の言葉から引用するならば(3巻参照)、

『……別にそんないいもんじゃないよ。ぼくはただ、自分が「そうするべき」と思ったことから、一度でも逃げたら、きっと、本当に戦わなければいけない時にも逃げるようになる』

『自分がそういう人間だって知っているんだ』

『だからぼくは人のためにやってるわけじゃない。自分のためにやってるんだ』

これは彼の中での確固たる信念であり、"自分がそうするべき"と思っていることを実行する。そのため、ボーダーの隊務規定に違反しようが、量が足りなくて死ぬ可性があろうが自分が自分で決めたことだからそれに従うのである。そしてそれが己のエゴだとも認識している。

彼は自分の信念に従い行動しているだけなので周囲の反応が気にならない。そのためそれが"ズレ"となってたまに現れてしまう。

"面倒見の"であり、出会ったばかりの遊に対してあれこれ世話を焼いたり、千佳がボーダーに入りたちを捜すために遠征メンバー入りをすと決めた際に、それを手伝うためチームを組むことを決断していたりしている。

そんな修を表すキャッチコピーはもう一つある。それは"彼だけが己をヒーローと知らない"というもの。

(このキャッチコピーは「キャッチコピー大賞」という企画作者に選ばれた入選作品の一つ。)

"持たざるメガネ"もそうだが、"彼だけが己をヒーローと知らない"もまた、ワールドトリガーを読んでいくうちに共感できるのではないだろうか。

経歴

ボーダーの入隊試験を受けるも不合格。原因はトリオン量の不足であった。入隊を諦めきれない修はボーダー上層部に直に掛け合おうと、暗闇の中、ボーダー本部をすもトリオン兵に遭遇してしまう。間一のところ、そこに現れたのは迅悠一であった。その後の経緯は不明だが、このことが切っ掛けとなり修はボーダーに入隊できたものと思われる。

空閑遊真が転入してきた日、遊不良たちに呼び出されるのを見て同行。連れて行かれた場所は立入禁止の警区域であったため、そこにトリオン兵が出現する。逃げ遅れ襲われた不良にし、

「ぼくがそうするべきだと思ってるからだ!!」

と、トリガーを起動して立ち向かう。…が、実不足であえなく返り討ち。遊に助けられ、彼のトリガーの圧倒的なの当たりにする。

その翌日、警区域外であるにも関わらず修たちが通う学校にもトリオン兵が出現。遊に修では敵わないと諭されるも、逃げるわけにはいかないと立ち向かう。危うく殺されかけるがここでも遊に救われた。

危機は脱したが、遅れて現着したA級部隊、嵐山隊の木虎藍に規則違反を咎められる。修はまだC級隊員であり、ボーダー基地外でのトリガー使用は許可されていなかったのである。事情聴取のためボーダー本部に向かう木虎、修、遊の三人。そこにまたしてもトリオン兵が登場。木虎が一人で始末すると走って行き、修は遊に木虎への援助を頼み、自身はの人たちの救助へ向かった。

段落し遊と別れ、本部にて事情聴取が始まった。その時の良い意味で悪い意味でも修らしい回答により反がないと危うくクビになりかけるが、その場に居合わせたのとりなしで免れた。

次の日、と共に遊と再会。遊は立て続きに起こったイレギュラートリオン兵出現の原因を突き止めていた。偵察用の小トリオン兵が中にバラまかれていたのである。はその情報を本部に持ち帰り、ボーダー総動員での一斉駆除作戦が始まった。駆除了後、情報提供という手柄により修のクビは全に取り消しとなり、加えてB級隊員への昇格が決まった。(その手柄がなかったら修の場合、B級には上がれなかっただろう)

B級昇格後、千佳・遊との待ち合わせ場所の近くにトリオン兵が出現。レプリカの助言とB級以上の正隊員に支給される戦闘トリガー(C級隊員のトリガーは訓練用トリガー)により、修は見事一人で撃退に成功する。

千佳を遊に会わせたのは、千佳が近界民に狙われる件について相談するためであった。原因を探っていたそのとき、遊関連で修を疑っていた"近界民全員殺すマン"三輪秀次率いるA級7位三輪隊が遊を襲撃する。実で排除すると言う三輪に対して修は一歩も引かなかったが、この場は遊が買って出て、三輪隊四人(うち二人狙撃手)を相手取り三輪屋を押さえ込んだ。直後、が間に入り、場は収まった。

この件で修が「トリガー使いの近界民」を隠していたということがボーダー上層部に知れることとなり、同じトリガー使いであるトリガー確保の命が下る。それに対し、は自身が所属するボーダー玉狛支部への入隊を遊に薦めた。

玉狛支部を訪れた遊は、ボーダーでさえもトリガーを遺した人物をらせることは出来ないということを知ってしまう。"こちらの世界"に来た理由は、父親らせる方法を探るためであった。一方、千佳たちを捜しに"むこうの世界"へ行くためにボーダーへ入隊する意志を見せていた。修はそれをみ、玉狛支部から共にA級をす決意をする。そして、生きる的を与えるために遊を誘う。

修は遊リーダーをしてもらうつもりでいたが、遊は修こそリーダーだと推す。理由を聞くと遊は一言。

「おれがそうするべきだと思ってるからだ」

三雲隊の誕生である。

本部から玉狛支部に移籍した修はとりまる先輩こと烏丸京介導の下、少しずつ強くなっていく。

戦歴

「ぼくはヒーローじゃない もが納得するような結果は出せない」

VSバムスター(1巻収録)

自分に手を上げた不良たちを救うため、隊務規定に違反することも辞さず訓練用トリガーを起動し捕獲用トリオン兵、バムスターに立ち向かった。結果、あえなく惨敗し読者に格の違いを見せつけた(悪い意味で)。

飛び掛かりざまに振り下ろした一太刀不良の命を救うも、バムスターの装甲を破壊するには至らず、体当たり一発で吹っ飛ばされる。戦闘を続行していれば敗北必至だったが、すぐさま閑が助けに入ったため大事には至らなかった。

VSモールモッド(1巻収録)

突如、警区域外に現れたモールモッドと戦うことになる。

モールモッドは上述の捕獲用トリオン兵バムスターと違い、戦闘に特化したトリオン兵である。閑には「戦えば死ぬ」と忠告されたが、クラスメイトに命の危機が迫っていたため単独での戦闘を即断。

クラスメイトの命はなんとか救えたものの、モールモッドの攻撃についていけず敗北トリオン体もやられ、閑の言う通り死ぬかに思われたがその閑が駆けつけたため絶命の一撃を免れる。

修を含め犠牲者は出なかったものの、「訓練生は訓練以外でのトリガーの使用は禁止」というルールを破ったため後に責任を追及されることになる。

VSバンダー(2巻収録)

B級隊員に昇格した直後の一戦。

雨取千佳を襲う、捕獲及び撃用トリオン兵バンダーに立ち向かう。レプリカの助言もあり、撃直後のに狙いを絞る。言われた通り、撃をレイガストで防御しつつ、アステロイドで反撃。その弾がバンダーのを貫き、バンダーが項垂れた所をスラスターで加速したレイガストで頭部を両断。ややぎこちない所もあったが、見事快勝した。

この少し後、修はの誘いで玉狛支部へ転属する。

VS風間蒼也(5巻収録)

ボーダー正式入隊日、入隊したばかりの閑に付いてきた修。オリエンテーションをさくさくこなす閑を見学していた修だったが、突如、A級3位部隊の風間に対戦相手として名される。

姿を消しつつ攻撃してくる風間にまるでが立たず、かすり傷一つつけられないまま24ものを重ねてしまう。しかし、風間からが自分たちのためにトリガーを手放したことを知らされ、闘志に火がともる。一本触れることすら適わなかった風間に絶対に一撃を浴びせてやる、その一心で奮戦。己の持ち得る全てを出して風間の行動を読み切り、なんとか相打ちという結果をもぎ取り、ギャラリーを驚かせた。

ちなみに、アタッカー4位の村上鋼がかなりの実者であることが後に明らかとなり、相当な時間を経てこの相打ちがまさしく大金星であったことを読者は知ることになる。

大規模侵攻編

近界民のかつてない規模の軍事侵攻の前に修は何度もピンチに陥った。

VSラービット他(6巻収録)

敵の侵攻が開始されて間もなく、修は閑と共に現場に急行する。夥しい量のトリオン兵を前に、他のB級隊員に合流すべきか、千佳の所に駆けつけるかの間でする。直後、敵の新兵器ラービットの奇襲を受けるも、トリガーを使った閑と嵐山隊に窮地を救われる。

VSモールモッド(6巻収録)

B級隊員は合流せよとのを受けていた修だったが、千佳たちの下に急行させてくれと本部長に直談判。一応の許可は取り付けたものの城戸の命により、閑はその場にとどまり、C級の援護に行けるのは修だけとなる。しかし、嵐山隊の木虎が修に同行することを申し出たため、二人で基地南西部に向かうこととなった。

一方、基地南西部では「(ヴィゾフニル)」なる厨二技でトリオン兵と応戦するC級隊員(新3バカ)だったがラービットが参戦し、逃げの一手を余儀なくされる。そこにタイミングよく木虎と修が到着。ラービットは木虎に任せ、修はモールモッドとのリベンジマッチに挑む。

玉狛支部の協の下、事前にしっかりとモールモッド対策を積んでいた修。相手の攻撃を予測しつつ、閑の動きをイメージして反撃に転じ、モールモッドを撃破。自身の成長を実感した。

VSラービット3体(6巻、7巻収録)

ラービットを単独で倒した木虎だったが、直後に登場した別のラービットに捕獲されてしまい、戦の大半を削がれてしまう。それでも千佳撃でダメージを受けたラービット一体に修が止めを刺す。なんとか戦線を維持する修に玉狛支部の小南、烏丸レイジ急行ラービットを圧倒。戦況も良くなると思われた矢先に人近界民のヒュースとヴィザが現れる。

また、ほぼ同時刻、の口から「最悪の場合、修が死ぬ」という未来られた。

VSラービット7体(7巻収録)

敵の的がC級隊員だと知った修。ヒュース、ヴィザをレイジと小南に任せて師の烏丸と共にC級隊員を連れて本部をすも、小南は地にトリオン兵の掃討へ向かうこととなり、レイジはヴィザに敗れてしまう。ヒュースとヴィザに追いつかれるが、間もなくして閑の二人も修らに合流した。人近界民を閑に任せ、烏丸と修は再び本部へ向かうべく行動。その行く手に立ちはだかったのが7体ものラービットだった。

ランバネインを倒したA級隊員の緑川屋、出も合流し戦いはいよいよしさを増す。千佳の手も借りながらラービットの一体を倒す修だったが……。

VSハイレイン(8巻収録)

千佳の圧倒的なトリオン量をの当たりにしたことで近界民も戦の追加投入を決意。大規模侵攻における近界民の隊長たるハイレインが出する。

触れたものを諏訪キューブ)化する動物を数体ほど操るという規格外のトリガーの冠(アレクトール)」の前に多くのC級隊員達がやられてしまう。"の冠"とラービットの攻撃をぎきれなかった緑川ベイルアウトおまけ千佳キューブ化してしまう。

絶体絶命の中、修は千佳を抱えて単独で本部をすことを決意。出烏丸屋にその場を任せてその場を後にした。

最終局面(8巻、9巻、10巻収録)

追っ手のラービットに追いつかれた修だったが、ラービットを引き連れたレプリカが修を救う。その少し後、出烏丸ハイレイン敗北ハイレインワープ使いのミラが修の行く手を阻む。

トリガー使いを二人も相手にし、行動を共にしていたA級隊員のどがベイルアウトしたという逆の中、修は千佳を抱えて地を走する。これ以上の助は望めないかに思われたが、最後の最後に駆けつけた者がいた。それは、玉狛を敵視していた三輪であった。

三輪ハイレインと戦っている間、修のな相手はワープ使いのミラとなる。没のミラを相手に苦戦する修だったがレプリカラービットがミラを奇襲。が、ミラ放った一撃がレプリカ切りにする。以降、レプリカは後の安否をぼかしたまま予備のシステムに切り替え隊員のサポートを続行。本部の門をの前にして近場に潜伏する。

同刻、遠征組最強のヴィザを閑が撃破。三輪ハイレインを少しずつ追い詰める。

頃合いを見計らい、決死の覚悟で門に向けて走り出す。ミラが繰り出す釘状の攻撃で刺しになった修に"の冠"が迫る。この攻撃に対し修はトリガー解除。トリオン体にしか効かない"の冠"を生身の身体でぐも、ミラの攻撃で瀕死の重傷を負う。

機動を失った修に迫るハイレインだったが、屋率いるC級隊員に狙撃される。さらに閑がバウンド、三輪を起動。二つのトリガーハイレインを襲撃。ハイレインに手痛いダメージを負わせる。そこに生まれた一の隙を突き、修はミラにより繋がれていた間のから近界民の遠征艇へ、レプリカを放り投げた。レプリカが遠征艇を強制的に起動したことでハイレイン達は退却を余儀なくされる。

三雲の抱えていたキューブを拾い上げるハイレインだったが、自分の手にしているものが千佳ではなくただのトリオキューブだと気付く。ハイレイン達はを手に入れられないまま撤退。

遠征艇へのが閉じられる間際、レプリカは修に別れを告げ、修も意識を失った。修は瀕死の重体となりながらも敵を退却させ、千佳をどうにか守り抜いた。

修は一級戦功を獲得。

VSマスコミ(10巻収録)

意識を取り戻した修を待っていたのは大人の事情が渦巻く記者会見だった。

ボーダー本部の外務、営業担当の唐沢に連れられ、修は記者会見の会場へと足を踏み入れる。

先の大規模侵攻で、ボーダーは6人のオペレーターを亡くし、32人ものC級隊員を拉致されていた。よってマスコミからの責任追及を免れない。そこでスケープゴートとして白羽の矢がたったのが三雲修(中3)だった。マスコミからの追及が修に集まる中、舞台袖からまさかの本人登場。場は騒然となる。

組織のお偉いさんを背後に、多数の記者を前面に、という状況で修は登壇、記者会見に臨んだ。

容赦なく浴びせられる記者からの質問に対し、修は堂々と返答。

体面を繕う。とりあえず頭を下げる。建前で逃げ切る。などの記者会見における常套手段などは取らず、全ての質問に正面から馬鹿正直に答えていった。その極め付けがこの項の頭にある台詞である。

その馬鹿正直な返答に苛立ちを募らせる記者達だったが、修が遠征のことを口にしたことで場の流れが変わる。それをいちく察知した城戸の援護もあり、記者たちの関心は修への責任から近界世界への遠征という「デカいネタ」へと移った。

修が遠征に行くには、A級隊員になれるかどうかが関わってくる。城戸がこのように結んで記者会見は終わり、修はA級隊員になるべく次なる戦いB級ランク戦へと挑むのだった。

戦闘スタイル

ボーダーの「師匠みつけるか上手い人の映像見て練習してね」という方針により戦闘センスい修は伸び悩んでいたが、玉狛支部に移籍し、烏丸に教わってからは少しずつ強くなっている。また、風間との戦いにより、自分の小さな武器をみつけてそれを伸ばしている最中。

装備トリガーは、トリガーアステロイド、副トリガーレイガスト。C級の時はレイガストのみ。

最初のポジションはアタッカーだったが、烏丸導を受け、シューターすことにする。

関連動画

 

関連商品

三雲修に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

三雲修に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E9%9B%B2%E4%BF%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三雲修

68 ななしのよっしん
2017/11/24(金) 19:04:38 ID: XO4PKKAuet
みんなは「ルール違反するこの人はどこが秩序か」ということについてはD&Dの「秩序にして善」を参照
69 ななしのよっしん
2017/11/24(金) 23:35:02 ID: mzgLzGkcXG
>>67
トリオン体になれば反射速度等々も強化される説
70 ななしのよっしん
2017/12/26(火) 19:58:52 ID: n/qxRBqfKm
表だって同年代として出るキャラも木虎くらいだから忘れがちだけどこいつ15歳なんだよな
それにしては考えて行動して弱い所を自覚しながら試行錯誤やるシーン多いから
個人的には>>64とかで上げられてるような部分が「切羽詰まってやらかしたミス」って
になって読者にどれだけひっ迫した状況だったか伝わるようになってると思う
その描写が味方同士で競い合うランク戦になると敵が近界民な以上
「味方営にこんだけ出来るヤツがいるのに」っていう捉え方になる人もいるだろうけどもね

って読み返して思ったけどホントに修がしくなってきた 休載つらい
71 ななしのよっしん
2017/12/30(土) 12:45:48 ID: nVZG9TBf/h
>>70
わかる、つらい
72 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 18:38:42 ID: XvCw6Vyqef
高3ぐらいになる頃にはB級中位ぐらいの実にはなるよきっと
73 ななしのよっしん
2018/12/18(火) 17:55:40 ID: FAJgS0AOUY
極度の自己不信から来る病的なまでの強迫観念の持ちだと思う
74 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 21:27:31 ID: 48jJbpYzic
トリオン2だけど3に増える…よね?
75 ななしのよっしん
2018/12/30(日) 08:36:11 ID: FAJgS0AOUY
>>67
説じゃなくて強化されるだろうな
身体が上がるって事は必然的にそうなる
76 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 18:44:54 ID: JbjkL22e6K
千佳ちゃんのメテオラ寺がベイルアウトしたとき
「不慮の事故だ、気にするな!
って言ってたけれど、同じ顔同じで同じ事を死体を埋めるを掘ってる時も言ってくれそう
って言われてるの
77 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 18:20:12 ID: +vSS7p/Htq
記事の説明で”トリオン量も合格ぎりぎりのラインしかなく”
とありますが、トリオン量が理由で試験に落ちてるので基準値未満、もしくは不合格のラインが正しいかと思われます。ギリギリという表現ならトリガー起動ぎりぎりの方が近いかと(追加装備に不自由するレベル

急上昇ワード