三顧の礼単語

サンコノレイ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

三顧の礼(さんこのれい)は、中国の三時代に由来する故事成語下の者に対しても礼を尽くして迎える、という意味の言葉である。

概要

昔の中国の「後漢」という時代、荊州の地に劉備という将軍がおりました。
劉備は軍師を探していて、ある時諸葛亮という男の噂をにします。

諸葛亮は賢才でしたが、出世に興味く、田舎でひっそりと暮らしていました。
そして使いの者を送っても首を縦に振りませんでした。

すると劉備はみずから説得しようと諸葛亮に出向きましたが、この時は留守でした。
日をめてまた出向きましたが、この日も留守でした。

そして三度に出向いた時にはにいたものの、諸葛亮寝をしていました。
劉備の部下は怒って諸葛亮叩き起こそうとしますが、劉備はこれを諫めて、彼が起きるのを待っていた。
を覚ました諸葛亮は、劉備が自分のために三回も出向いてきたことにいたく感し、その要望にこたえました。

三国志に由来する故事成語で最も有名なもののひとつであり、三時代の最重要人物の一人である諸葛亮が初登場する時のエピソードでもある。

物語舞台三国志の中盤あたり。曹操営に敗れた劉備が、中国南方の荊州を支配する劉表のもとに身を寄せ、そこでグダグダしながら「やっべぇwww何にもしてなかったら贅肉ぶよぶよになってきたwww」などと嘆き悲しんでいた頃である(髀の嘆)。当時は徐庶という軍師を配下にしていたが、その徐庶が事情により離脱することになり、その代わりとして諸葛亮推薦したのが事の始まりであった。

当時の諸葛亮は賢人ながらも知る人ぞ知る人物というレベルで、世間一般には官のド一般人にしか見えない存在であった。一方の劉備は随分前から各地の戦乱で戦ってきた将軍であり、その知名度は抜群に高かった。そんなえらい将軍様が「お前んとこで働かせてやるよ」と言ったのに、この一般人は当初断ってしまったのだ。

しかしそのえらい将軍様が、今度は「お願いですからんとこに来て下さい」と自ら頭を下げてきたのだ。それも3回も。実際当人らの身分差や当時の価値観からすれば、上の者がそこまでして身分の低い者を迎えようとするのは異例極まることである。このことから、身分の低い者を最高の礼儀を以って迎え入れることを「三顧の礼で迎える」と呼ぶようになった。

三国志演義」でもこのれ初めの話は登場し、話にいくらか脚色も加えられている。三度の訪問時に諸葛亮寝していると聞いて、劉備の従者であった張飛激怒し、に火をつけようとしている。張飛マジキチ

孔明、三顧を語る

三顧の礼の話は、陳寿の著した「三国志」にも載っているが、諸葛亮自身が書いた「出師表」にもその話が載っているところが興味深い。

不以臣卑鄙、屈、三顧臣之中、諮臣以世之事。由是感、許先馳。

劉備)は私が卑しいものでもあるにも拘らず、何度も頭を下げられ、三度私のにお越しくださり、私に当世の諸事をお尋ねくださいました。このため(私は)感し、先に惜しみなく尽くすことをお許しいただいたものです。

実はこの三顧の礼について、を中心に書かれた史書「略」には、「諸葛亮劉備の元に出向いて登用された」という異説が載せられている。後年の三国志注釈者である裴松之もこの異説に触れているが、「諸葛亮本人が言ってるほうが正しいだろJK」と断じている。

今孔明と三顧の礼

日本戦国時代の有名なエピソードにも、この「三顧の礼」という言葉が出てくる。後の下人木下秀吉豊臣秀吉)が、「今孔明」と称された竹中重治竹中半兵衛)を軍師に迎えようとするときにも、この「三顧の礼」で頼み込んだという逸話がある。

とはいえ、この話は後年の作り話である可性が高い。当然ながら元ネタ劉備諸葛亮の三顧の礼であり、秀吉が本当に三度も訪ねたかどうかも定かではない。要は秀吉劉備、重治を諸葛亮に宛がって、故事を引用して彼らの業績に箔をつけようとしたのであろう。劉備下取ってないとかいうツッコミどうでもいいのだ。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

三顧の礼に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E9%A1%A7%E3%81%AE%E7%A4%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三顧の礼

14 ななしのよっしん
2015/04/20(月) 17:13:30 ID: wvLEB4nPHU
周の文王が太公望を迎えるときも、
三顧の礼を尽くしたと言われているし
割と中国では良くあることなのかも名
15 ななしのよっしん
2015/07/26(日) 14:16:32 ID: tf+vB3/l+A
三顧の礼の対義だな
16 ななしのよっしん
2016/12/04(日) 19:12:11 ID: xyi81UqIu+
似てるのだと、隗より始めよ
下の方から売り込むって意味では、嚢中の錐なんかも逆と言えば逆か?
中国思想は人心収攬というテーマも重要みたいで、それ関係の故事って結構ある。
17 ななしのよっしん
2016/12/04(日) 19:43:59 ID: xyi81UqIu+
いかん、全然似てねぇw
隗より始めよは、自分から探しに行くよりつまらないもの(謙遜)を取り立ててやって人材が来るのを待つってのだから、これもどっちかっつーと逆の発想なのかな。

故事成語じゃないけど、近いのはよく人を用いるものはこれが下となるとか、士は己を知る者の為に死し~とかかね。君として部下に優しく謙虚であれというのは結構繰り返し出てくる話だな。
18 ななしのよっしん
2016/12/04(日) 19:55:35 ID: JmglBPI8tD
隗より始めよと似てるのはどちらかと言うと死馬の骨を買うだな
戦国くらいまでだと名望のある人には名士が集まっていくるタイプの故事が多い印
19 ななしのよっしん
2016/12/06(火) 04:12:23 ID: 5yGdaL7tLv
ときメモ4スキル
20 ななしのよっしん
2017/03/16(木) 01:32:00 ID: MyCrzTRuxw
三回で三顧ならよ
一万回ならまんk・・・
21 ななしのよっしん
2017/03/16(木) 01:40:59 ID: 0v4oBhV+Mz
>>20
ばんこだろ(々しく)
22 ななしのよっしん
2018/08/23(木) 08:36:28 ID: niBNpc46H7
>>17
隗より始めよ」と「死馬の骨を買う」って同じ物語中で同じ人物が皇帝に話した内容じゃなかった?
だから同じ意味なのはそれはそう
23 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 07:20:27 ID: H9T0Erm/ri
>>14
劉備ほど名の知れていた将軍官の青年に礼を尽くすのは確かに異例であり、
「異例であるが故に意を示す在り方として稀に行われたというのも事実であって
どちらの捉え方も間違いではないのだと思う

急上昇ワード改