上市駅単語

カミイチエキ

上市駅とは、富山県中新郡上市町にある富山地方鉄道本線である。

概要

頭端式ホーム2面3線。中間でありながら、スイッチバックとなっているしい例である。このため全列車が当に停することになっている。1番線は電鉄富山駅立山駅方面、2番線は宇奈月温泉駅方面、3番線は当始発の電鉄富山駅方面となっている。
ビルはJAのショッピングセンターとなっているが、テナントはほとんど撤退したため、数軒ぐらいしか入居していない。

ところでこのは特に弊いにも関わらず、スイッチバックとなっているが、これは歴史背景がある。

まず、1913年(大正2年)に立山軽便鉄道(後に立山鉄道)が滑川~上市駅(現在の上市駅から北400m)~五を結ぶ路線を開通させる。この時は上市駅は単なる中間であった。その後、富山電気鉄道現在富山地方鉄道)が大岩山日石寺への参詣輸送を的としていた大岩鉄道の事業免許を譲り受け、都市間連絡を的として、電鉄富山駅~上市駅間の建設と立山鉄道の上市駅~滑川間の軌を行うことになった。
1931年(昭和6年)、3月立山鉄道を吸収合併。8月富山地方現在止。電鉄富山駅稲荷間にあった)~上市駅間が開通し、この段階で旧・立山鉄道の上市駅と富山電気鉄道の上市駅の2つが存在することになる。なお、富山電気鉄道は上町の中心部まで乗り入れる予定であったため、合流点でしかないこの上市駅は本来必要いのだが、旧・立山鉄道の上市駅が本来設置する予定の上市駅から離れており、乗り換えの利便性を考慮してやむなく設置したらしい。
11月軌が了した上市駅~滑川間が開通。同時に予定通り、上町の中心部まで延伸され、富山電気鉄道の上市駅は上称される(この時開業した上市駅は現在から東に600mの位置にあった)。
なお、旧・立山鉄道の上市駅は上市駅~新宮川間が軌の関係で止されたことから、孤立した上に、上市駅~五間の路線が、寺田駅~五間の新線が開通して乗客が減少したためか、1932年(昭和7年)に止されている。
~上市駅間は盲腸線ではあったが、全列車が上市駅まで乗り入れていたため、電鉄富山駅~上~上市駅~上~西三日市駅現在電鉄黒部駅)と言う運行系統であった。しかし、1943年(昭和18年)、上~上市駅間は不要不急線として止され、上は再び上市駅に戻り、現在に至る。

結局、当スイッチバックになったのは、南北方向の立山鉄道の路線に、東西方向の大岩山日石寺までの富山電気鉄道の事業免許理やりくっつけた上に、全列車が上町の中心部まで乗り入れる必要があったためである。なお、上~大岩間の事業免許は一応残っていたが、上~上市駅間が不要不急線として止になった段階で事実上消滅し、バス輸送に代わられた。

隣の駅

富山地方鉄道
路線名 種別 隣の(上り)
寺田駅電鉄富山駅方面
隣の(下り)
新魚津駅宇奈月温泉駅方面
本線 普通 新相ノ木 上市駅 宮川
急行 寺田駅 中加積
(一部・新宮川
快速急行
(上りのみ)
中加積
特急うなづき
アルペン特急
中滑川駅

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%8A%E5%B8%82%E9%A7%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

上市駅

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 上市駅についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!