上杉憲政単語

ウエスギノリマサ

上杉憲政(うえすぎ・のりまさ 15231579)とは、代々関東管領を務めた山内上杉の15代目にして最後の当である。

概要

1523年に関東管領・上杉憲房の子として生まれ、の死去時には3歳であったことから養子・寛が一旦は管領職を継ぐが、5年後には臣たちの手によって寛が追放され、めて管領を継いだ。

父親房の代から勢を拡大しつつあった後北条北条氏綱北条氏康)の勢拡大を阻止しようと、当時長い間勢争いを繰り広げていた古河足利足利晴氏や扇上杉上杉朝定らと同盟を結び、1546年北条河越城を攻めた。世に言う河越夜戦である。この戦いは連合軍が「これはもう虐殺だ!」レベルの兵差を持ってあたりながら(むしろそれゆえの油断のために)、関東最高峰のチート3代こと北条氏康の奇襲により蹴散らされ、政自身も3千あまりの兵を失って撃退された。

のち、関東管領の権勢を維持しようと信濃にちょっかい出しては信玄にぶちのめされ、氏康の上野侵攻を喰らって居を追われ、常陸の名佐竹義昭を頼るも素気く追い払われ、最終的に越後の長尾景虎(後の上杉謙信)を頼り、彼を養子として関東管領職を譲渡して一線を退いた。

越後長尾に逃れたあともある種の相談役的な地位にいたと考えられ、最後には謙信よりも長生きし、謙信の相続争いである「御館の乱」では中立の姿勢を取るものの、劣勢となった上杉景虎(氏康の七男)に頼られ、和交渉のために虎の嫡子とともに勝の元を訪れたときに殺された。享年57歳、あれほど敵対していた氏康の子に協したために殺されるという、皮な最期であった。

人物

北条氏康ボロ負けした河越夜戦武田信玄(当時は信)にボロ負けした小田井原の戦いなどがよく取り上げられるため、「臆病」「弱将」という評価をされることが多い人物であるが、実際には越後の長尾を頼った後も数度に渡って北条と交戦を続けるなど、一概にそうとは言い切れない部分もある。

また、関東最強ハイパーチートGこと長野業正政の(妻の)であり、政が敗退を続け南上野の諸族が旗を巻き変えても自身は変わらず忠を誓い、彼を筆頭とする輪衆(上野の諸族)達は政が上野を逃れ越後に逃れた後も上野を死守し続けたことから、人望が全くなかったわけではない。(長野業正の義理堅さもあるだろうが)

実は北条氏康武田信玄より年下であるにもかかわらず、謙信を養子に迎えたことと、旧来の人物の徴として描かれるためか、ドラマなどでは年配の俳優が演じることが多い。

補足

※初期の作品はそれなりに使えたが、烈風伝以降は値最下位争いの常連である。高家の大名ゆえか、野望や魅・教養は高め。

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 52 政治 64 79 野望 69
武将風雲録(S1) 戦闘 38 政治 63 84 野望 48 教養 76
覇王 采配 79 戦闘 68 智謀 16 政治 64 野望 68
戦才 116(C) 智才 80(B) 政才 138(B) 82 野望 73
将星 戦闘 37 智謀 40 政治 59
烈風 采配 25 戦闘 20 智謀 19 政治 42
世記 采配 21 智謀 16 政治 24 野望 83
統率 18 知略 17 政治 24
下創世 統率 18 知略 17 政治 24 教養 69
革新 統率 28 武勇 20 知略 19 政治 27

関連動画

ランキング関東編において、貫の最下位。それもぶっちぎりで。全ではワースト15位。

▼初期武38の政を軍(武100)に仕立てる動画

▼彼のダメさがにじみ出ています。history-reproduction河越夜戦

▼「ダメ君主の野望」にも当然参加。斎藤と意気投合。キモイ口調。北畠具房いい男呼ばわり。

戦国大戦

「元関東管領の実見せてしまったのぉ」

戦国大戦での彼は上杉軍に所属している。計略の「関東管領職譲渡」は味方で一番武の高い武将の武を何と24も上げる。あの上杉謙信の毘の化身ですら+13だと言うのに。
しかしその消費士気は10、とあの風林火山を抜き、下への采配と同じ全計略でもトップの消費量である。このため同盟の構え等最大士気を増やす計略しでは、上杉単でしか使えない。なお別に計略対上杉限定ではないので、上記の通り下準備さえすれば他のの武将も強化できる。

旧Verでは武上昇値が+30だったのだが、武依存度が変更されたため+24に下方修正されている。とは言えこんな計略かかった武将に乱戦されたらたちどころに溶けるが。

ちなみに計略名は関東管領職譲渡であるが、上の虎口成功時台詞は元関東管領である。どっちやねん。

関連コミュニティ

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E6%86%B2%E6%94%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

上杉憲政

13 ななしのよっしん
2016/01/27(水) 13:03:04 ID: 8FHfI/rasZ
政を勝が本当に殺したのかは不明だから確定はしてないんだよな。
が殺したのかは不明だから、事故的に戦闘の巻き添えで死んだとしても勝は「自分の命を守った」結果失敗したものには処罰しないし。
勝が政殺を命じたという意味ではなく、単純に戦闘の巻き添えで死んだとして)

ただ、政は謙信と連絡を取る時は必ず政を取り次ぎ役として介しているのに、政が死に勝に代替わりすると政が勝を政息子として扱った気配が一切ない。
上田長尾は越後において関東管領上杉の代官的立場だったから、政は謙信への取り次ぎ役として政を使っていたのに、
上田長尾を継いだはずの勝を一切取り次ぎ役に使っていないのは恐らくは政から見ても勝としても
勝は上田長尾の跡取りではなく、謙信の子」という見方だったためだと思う。
本来政の臣だった子が謙信を介して義理の孫(しかも跡継ぎ)ポジションになってるという、複雑なんだよな…。
14 ななしのよっしん
2016/02/18(木) 13:58:32 ID: DCnUW4R8Ua
北条氏康とは妙な縁があるな
15 ななしのよっしん
2016/03/09(水) 16:25:55 ID: 8FHfI/rasZ
ちなみに謙信は晩年越後でなーんもしてなかった政に軍役を与えようとして政から赦免をめられており、謙信政治方針をそのまま受け継ぐ勝に上杉を継がれると政はまた戦に出なければならなくなる可性が高く、政はそれを嫌ったという可性も。
最近政と満丸は、勝が公式には殺したことにしておいて、政とその息子青森へ、満丸は信濃へこっそり逃がしていたという研究もあるようだ。
16 ななしのよっしん
2016/08/25(木) 06:11:19 ID: Yf73RO5xVO
ぶっちゃけ上杉景勝山内上杉といっても系統としては越後守護上杉督継いだ形になってるんだよ
血統としても越後守護上杉の血を引いてるから継ぎますわって話になってる
多分当時の取り決めで上野の支配権譲った武田に遠慮したってのも大きいと思うんだよね、山内上杉の本拠地だから
だからこの人生きてたらいろいろとマズいわけ
17 ななしのよっしん
2016/12/02(金) 16:44:37 ID: gWbkEFLCdQ
上野の支配はゴタゴタの中で喪失しただけで武田に譲ったわけではないぞ
武田に譲ったのは信濃飯山領と越後から飯山に行くまでの要地だけ
18 ななしのよっしん
2017/07/08(土) 16:52:06 ID: JyzOpAgHFn
が亡くなった時点での勝は幼子だから、謙信政との取次役に勝を名するのは
勝が成長すると、謙信勝に軍役を課した。これが議論紛糾してるところだが、この頃からでは息子や後継者ではなく一門の重鎮として扱うようになったという説もある
19 ななしのよっしん
2018/02/06(火) 00:05:48 ID: cnds8nMDaf
とりあえず長野さんは52年に安中さんと北条に寝返り、それがきっかけで政のが離反、平井から脱出となってるから、一種山内上杉の止めを刺したのは業正ともいえる。
あと、業正かそのは、関東の内乱の時だったから、政とはあまりうまくいってなかったんじゃないだろうか。
笛吹にも参戦してないし。
そういう背景があるから、政の妻が業政のだってのも唾。
というか12女いて、その夫も一応わかってるがその中に政はいない。
というか政の妻はだれのなのだろう……。
20 ななしのよっしん
2018/08/14(火) 17:23:26 ID: vguSmEJBeM
名前が残ってないっつーことは子供は作ったけど正室は迎えていなかった可性もある
公家やきちんとした武なら○○某という形でも名は残ってるのが普通だと思うがな
21 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 18:11:19 ID: JyzOpAgHFn
それがそうでもないんだよ
江戸時代、大名たちが作った系図ですら当時の人々が過去の史料漁って作成したが、それですら現代の研究者が調してみると「この妻の出身は本当にあのなのか疑わしい」「この子母親なのか分からん」
なんてことが沢山あって錯綜してる
当時から間違いだらけだったわけだ
ましてさらに前の時代、しかも名門とはいえ滅びたとなるとね

上杉憲政と交流のあった武公家や寺社に記録が残っていればいいんだけど、
現代のお役所のように婚姻届が残ってたりするというわけではないからなあ
日記や寺社への献記録を調べることになるわけだが、これが大変な作業なわけだ
しかも上野謙信がもたらした戦災で荒して、そうした記録が当時すでに失われたということがあっただろうし
22 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 14:37:26 ID: z6Hui4cBiO
いつも戦国旧勢の代表として扱われるが、上杉氏は管領(方の宰相)であって、関東方そのものではないんだよね

そもそも関東は小方と古河方と後北条の三国志状態だったが、北条が小を討った時に、古河はなんと北条氏綱を管領に補任している。
そっから紆余曲折はあったが、上杉と北条は同格という追認を受けてるも同然なので、この人に大義があったかって割と怪しい。

謙信関東略奪ツアー旅行会社になっただけ感がかなりある

急上昇ワード