上杉景勝単語

ウエスギカゲカツ

「上杉景勝(うえすぎ・かげかつ)」とは、戦国大名のひとりであり、豊臣政権における五大老のひとり。上杉謙信の甥・直江兼続君である。(1555~1623)

概要

偉大な先代謙信背中を追うあまり己をすることしく、とにかく無口無表情であったと有名である。「生涯で笑ったのは一度だけ」だとか「臣達も勝のを丸一日聞かないようなことがあった」とかいう話もあるほどの無口キャラ。喋らない・笑わない・常に怖い顔をしていることから臣達には敵以上に恐れられたともいわれる。

元々は越後の上田長尾の生まれであり、長尾政景の次男。実上杉謙信実姉・仙洞院(綾御前)である。次男ではあったが長逝したために長尾嫡男として育つ。しかし9歳の頃、・政突然溺死を遂げたために叔父である謙信に引き取られて育てられ、実の跡を継ぎ長尾次顕と名乗った。

妻子の謙信は、子ども達をが子のように可がったと言われ、喜少年に宛てても情溢れる手紙を多数送っている。

その後、22歳の頃に正式に謙信の養子となり上杉景勝の名と弾正小弼の官名を与えられ、後継者の一人とされるようになる。

軍神の後継

謙信49歳で亡くなると、謙信がはっきりと後継者を明言していなかったためにもう一人の謙信の養子であった上杉景虎北条氏康の子)と争いが起きた。御館の乱である。上杉景虎実家北条はもちろん、武田勝頼の妻は上杉景虎であったため、両とも。その他諸が軒並みに付いて軍を出してくるという四面楚歌に陥る。

このころ勝は「春日山城自決する覚悟はできている」とまで書いている。

しかし謙信の側近たちの多くが勝に付いていたこともあり、当初劣勢だった事態を猛然と挽回。また北条への不信を抱いていた勝頼と和することにより事態を打開。上杉となった。

勝が内乱に勝利上杉となったものの、更なる苦難が待ち受けていた。上杉が内乱に明け暮れているうちに越中まで侵攻してきていた織田信長北陸方面軍である。北陸方面軍団長柴田勝家、その与前田利家佐々成政ら、そうそうたる顔ぶれであった。武田勝頼山の戦いで討ち死にすると、越後は信濃からは武蔵関東口からは滝川一益に圧迫されて更に戦況は苦しくなる。

越中上杉側最後の砦であったが悲惨な落を遂げるころには、勝も滅亡を覚悟したのか

…就中勝好時代出生、携箭、六拾余州以越後一相支、遂一戦可滅亡事、死後之思出、
勝幅ニ者甚不相応歟、若又出万死、一生者、日域無双之可為英雄歟、死生之面
歓悦下之誉、人々其羨可為巨多歟、兼者常州之儀、頼来承伝…

                (佐竹古文書 上杉景勝書状 1582年5月朔日 抜) 

(ざっくり現代誤訳)勝は良き時代に生まれました。全六十余州(の支配者=信長)に対し、越後一で相対するのです。滅亡しても歴史に名を残せる、それは勝にとって不相応な程の扱い。もし生き残ることが出来れば、日ノ本無双英雄と呼ばれるはず。死んでも生きても私は下の誉れとされ、人々から大いに羨まれる。源頼朝以来の武士の名誉と思われませんか…。

と、佐竹への手紙に書きっている。

かしこの悲壮な覚悟は果たされることはなかった。のその前日、本能寺の変が起こり織田信長は討たれていたのである。

天下の趨勢の元で

信長の死後、その後継争いから羽柴秀吉柴田勝家と対立すると、勝は勝との確執から秀吉との同盟を選んだ。この時諸よりもい秀吉の手を取った事から、秀吉下を握ると豊臣政権の重鎮の一人として重きをなし、後年豊臣五大老のひとりと呼ばれることになる。

しかし大老の中でも最も強大なを握っていた徳川家康の抑えとするべく、越後から会津へと替えを命じられることとなった。この替えにより全第二位の領地を持つ大大名となったのだが、祖の地であり心血賭けて守ってきた越後を離れさせられることは上杉にとって複雑な思いがあったようである。

秀吉の死後、下をした家康にとって、江戸の背後に位置する会津の大大名は邪魔以外の何物でもなかったらしく謀反の疑いありと征伐軍を起こされた。関ヶ原の戦い引き金となった上杉征伐である。

一説には勝の側近・直江兼続と、秀吉の幕臣たる石田三成の共謀による家康挟撃策であったとか、兼続が直江状によって家康を怒らせたためだとかいう話もあるが、直江状とは別に勝自身も家康への回答として十一箇条の書付を送っており、またこの征伐に際して臣たちに
儀は何を言ってもこちらが悪いとばかりに一方的で、かくなる上は全を相手に戦うものであり、この滅亡に納得できない者は出ていけ」と言い放っているあたり、勝自身の意思であったようである。

勝は上杉で征伐軍十万に対抗するために士卒はおろか領民さえもかき集めて数万にも及ぶ軍勢を布家康を待ち構えていた。

が、またしても勝に滅亡が訪れることはなかった。石田三成起によって家康江戸へと引き返したのである。


直江最上領侵攻に送り出し、越後では元臣たちに一を命じ、後顧の憂いを絶って関東へと軍を進めるつもりであったようである。が、三成と家康の戦いがまさかのたったの一日で決着してしまい、手の届かぬところで敗戦が確定してしまった。
上杉米沢30万石へと大幅減封されたものの、直接戦って敗北した訳でもなかったために、家康に対峙したという武名を保った。

三度も滅亡を覚悟しながら(うち二回は信長家康相手)本人の与り知らない要因で助かった上杉景勝には不思議な悪運があったようだ。

なお、大坂冬の陣にも参戦しており、最大の戦である鴫野・今福の戦いにおいて自軍に倍する豊臣方を退ける活躍を見せ、尚武の上杉の武名を高めている。この時の上杉軍の余りの峻厳さから数に逸話が残ったようである。

評価について

勝自身はそれなりに大きな日本史の出来事に関わっている人物である。転戦を繰り返しており、実績は決して悪いものではない。

しかし先代「上杉謙信」と心「の人直江兼続」の々しい知名度になんとなく影がんでいる感じは否めない。前田慶次も一応勝の臣である。

特に直江兼続は史実では勝の心であり、一番の側近でもあった。勝からの信頼が非常に厚く、執政体制と呼ばれるほど近しい関係の従であり、二人三脚戦国の動乱を乗り切ってきたような仲である。おかげで勝の事跡を全て兼続が吸収してしまったり、果ては謙信の後継者は兼続であるというような扱いすらされたりもしている。(*実際は直江兼続勝以外に仕えたことは生涯一度としてないのだが)
史実的には上杉中の信望が勝から失われるようなことはく、勝は死ぬまで上杉として精的に活動している。

寡黙で表情が読めないという個性も内面で何を考えているか分からないという想像の余地が大きいため、作品によっては優柔不断だったり不器用なだけだったり心優しかったり酷薄だったりブレがしい。
一応、寡黙でどんな事態にも顔色を変えない非常に胆で冷静な人物であった、と言われている。
直江兼続に対する厚い信頼や、長年子供に恵まれなかったにもかかわらず正室・菊武田信玄)以外になかなか女性に手を付けなかった事から、アッー!疑惑も掛けられたりしている。勝・菊夫婦謙信の(義理の)息子と信玄のカップルということで人気もあるのだが。

威圧感がある雰囲気に反して体格は小柄であったらしい。また収集であり利きもあったらしく、所蔵の本の中から特に気に入った名を「御手選三十五」として選んでおり、この中には宝・重要文化財が多数含まれている。

創作物に関して

基本的に謙信と兼続の「関係者」扱いである。軍の後継者であることから評価は意外に高めに付けられることも。

戦国大戦

「軍から受け継ぎし、示す!」

Ver1.1からRで登場している。なお上杉景勝の名でクレジットされているが十台後半ほどの年頃の容姿であり、若い時代の姿であるようである。たぶんそのうち大名になったあとの勝もSRとかで出るのではなかろうか。

2コストの騎隊武7・統率5、制圧持ちとまずまず。右腕の兼続も制圧を持っている。
計略の「義侠心の覚め」は、味方の上杉の最も高い武に応じて自分の武を上げる計略。相手依存だがになる「棒」や短時間だが高武になる「金剛」を持つ鬼小島弥太郎、最終的にになる「漆黒の暴威」を持つ柿崎景家論軍である「毘の化身」の上杉謙信とも相性が良い。これらの計略ならば武だけでなく移動速度も上がり殲滅が向上する。

更に言えば、であるの「一心同体」がかかった高武の味方を対にしても高い効果を見込むことができる。よってとも相性は良い。そのせいか、会話つき戦国大戦で彼が登場する場合は確率で重度のシスコンに陥ってることが多い。しきりにに一心同体をせがむ近親相姦とかアウトだろJK

勝をシスコンキャラで確定させた元動画

全ての元凶の元凶

もまた、乱世のとならん!」

Ver2.0になったら大名になった勝がSRで登場した。大名の割には特技が魅しかなかったりとやや寂しい。
計略は「義のもとに」。上杉の味方の武と統率を上げる大名采配。 武は味方のそれぞれの統率が高い程上がり、統率は武が高い程上がる。三国志大戦で言うと「英知の大号」みたいなもの。あれとは違って知に当たるものも上がるが。
同時期に片腕の直江兼続上杉の味方の統率を上げる形「のために」を持ってきており、この2名によるシナジーも見込まれる。また統率を上げることで効果が上がる義計略を更に重ねることもできる。

信長の野望シリーズ

の後継者であるという補正か較的軍事は高く、実のおかげか政治もそこそこ高い。謙信から受け継いだ懸り持ちでもあるので戦闘ではなかなか使える。何故か直江兼続懸りをもっていたりして、一時は兼続が勝の上位互換状態になったりしたこともあったが、大体は軍事面では勝・政治面では兼続が長じているというような評価に落ち着いたようだ。

軍事 内政
群雄伝(S2) 戦闘 85 政治 89 95 野望 76
武将風雲録(S3) 戦闘 83 政治 70 85 野望 75 教養 68
覇王 采配 85 戦闘 83 智謀 48 政治 72 野望 37
戦才 166(A) 智才 110(C) 政才 162(A) 91 野望 75
将星 戦闘 85 智謀 70 政治 83
烈風 采配 85 戦闘 74 智謀 66 政治 82
世記 采配 78 智謀 62 政治 77 野望 66
統率 79 知略 61 政治 75
下創世 統率 79 知略 63 政治 75 教養 63
革新 統率 93 武勇 87 知略 71 政治 84
統率 90 武勇 87 知略 71 政治 84

 戦国無双シリーズ

4よりPCとして参戦。
身長190cm 声優竹内良太(片倉小十郎と一緒) 武器は双という三枚のどでかい、なぜかん中のだけ回転する。
アクションはチャージ攻撃タイプ。動きは遅いが威は高い。敵としてでてきたらえらく防御が固い。

史実通り「強面・無口頂面」という見たの持ち。それゆえ味方からも「何を考えているのかわからない」と評されている。綾御前息子上杉謙信の養子であるため、日々軍息子として研鑽を積んでいるが、ある日北条から北条三郎(上杉景虎)が来たことにより事態が変わってくる。虎からは何かとライバル視されるが、勝自身は虎の支えになりたいと思っている。見たと違い繊細で優しい心の持ちなのである。
しかしながら謙信が死に、後継者争いの御館の乱が発生する。これにより、自分自身の手で虎を殺めることになる。その後は上杉としてがんばっていく。

上にも書いた通り、寡黙ゆえに考えていることを伝えられない。なのでイカ愛の戦士直江兼続が通訳を務めている。兼続のことを信頼しているが、自身が話そうとする前に兼続に割り込まれて代弁される形になることが多い。まぁあの兼続だから仕方ないとしか言えないけど…。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E6%99%AF%E5%8B%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

上杉景勝

116 ななしのよっしん
2018/05/28(月) 22:14:47 ID: 6UFasTcI6q
これも逸話なんだか、
新保盛喜が降伏した時の条件に自分の長男に新発田を名乗らせるってのがあって、だとすればそれも反古にされてる訳で(米沢新保督は次男が継いでる)
117 ななしのよっしん
2018/05/28(月) 23:29:55 ID: g907xonE2R
あんまりよく知らないけどその新保盛喜は複数の人物の記録が混ざってる可性があるんじゃなかった?
死亡前に降伏した人と死亡後に降伏した人で
118 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 19:58:57 ID: 6UFasTcI6q
>>117の話が気になって新発田図書館で郷土資料漁ってきたら盛喜のことは解んなかったけどさ重には小田切に養子に行ったがいるみたいなんだけど
これ本当なら勝が名と交渉したのただの間抜けじゃないか?
119 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 15:07:39 ID: nYYf24AuXt
>>118
そりゃ名は伊達織田と連携して新発田の反乱を支援してたからな
勝から協要請が来たときは笑いが止まらなかっただろう

ただしその名も勝の調略工作中の切り崩しをされるわ臣たちの反乱が起きるわ盛が暗殺されるわ伊達に滅ぼされるわだから、実際はの化かし合いのべに上杉が勝ったって話だけど
120 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 15:16:33 ID: oM9fZopzZE
片手でを振りかぶり片手で握手するなんてよくあることだろう
121 ななしのよっしん
2018/06/06(水) 17:32:08 ID: nYYf24AuXt
名がバックアップしてた対上杉の反乱は新発田だけでなく本間もだな
最終的に両者とも潰されたから上杉中は消耗した一方で長尾為景時代から離反と臣従を繰り返してきた人どもの臣化に成功している
そういう意味じゃ本庄繁長は結果論だがうまく立ち回ったな
恐らく最上の南下に手を焼いて独立どころじゃなくなったって理由が大きいんだろうけど
122 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 22:32:15 ID: 6ei3cde3LK
、それこそ毘沙門天加護でも受けているんじゃないかってくらい滅亡の危機が訪れても何かしらの理由でその危機から逃れているんだなあ
123 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 03:39:27 ID: J5C9bJuwZ6
関ヶ原当時の史記みてると、直江は確かに雑魚将軍なんだが、この人のあまりのタマムシ色っぷりも悪いと思ってしまう

勝自身がやりたくないと思っていても、実際直江に名前を貸しているいる時点で言い訳は効かないし、英傑って感じがないのよね
すべての東日本の秩序を破壊しながら守ってきた義が見たら泣きそうなぐらい日和見だよ
124 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 08:06:43 ID: g907xonE2R
勝が窮地に陥ったのは本人の責任とはいいがたい部分が大きいけどな
少なくとも御の乱と新発田の乱については謙信の死によって謙信時代の制度がだめになった部分が大きいし、関ヶ原についても上杉征伐でかけられた謀反の嫌疑はだろうし
125 ななしのよっしん
2019/06/20(木) 17:37:08 ID: NBTqCrTzvi
しかし御の乱およびそのあとの
新発田の乱で武田毛利とは
べ物にならないほどしっちゃか
めっちゃかだったのによくこの程度の
被害で済んだもんだ

織田北陸方面軍の柴田勝家ヘイト
加賀能登の一向一に向いてたというのも
あるのか?

急上昇ワード