不定時法単語

フテイジホウ

不定時法とは、近世以前にで利用されていた時刻の表し方である。

概要

不定時法では午前と午後がそれぞれ六等分(各々約2時間で一刻)して表される。現代の定時法と較するとおおよそ以下のようになる。

午前(真夜中~正午)

不定時法 定時
九ツ 午前0時頃~午前2時頃
八ツ 午前2時頃~午前4時
七ツ 午前4時頃~午前6時頃
明六ツ 午前6時頃~午前8時
五ツ 午前8時頃~午前10時
四ツ 午前10時頃~午前12時

(あかつき)、明(あけ)、(あさ)で区分され、九から四までの数字で六等分されている。

午後(正午~真夜中)

不定時法 定時
九ツ 正午頃~午後2時頃
八ツ 午後2時頃~午後4時
七ツ 午後4時頃~午後6時
暮六ツ 午後6時頃~午後8時
五ツ 午後8時頃~午後10時
四ツ 午後10時頃~午後12時

(ひる)、暮(くれ)、(よる)で区分され、同様九から四までの数字で六等分されている。

季節による時差

季節によっての長さは変化するため、不定時法では時刻も連動して変化する。

例えば、日の出がく日の入りが遅い夏至の明六ツは午前5時頃、暮六ツは午後7時頃になるが、冬至では逆に日の出が遅く日の入りがいため、明六ツは午前7時頃、暮六ツは午後5時頃になる。

つまり、夏至に近づくほど日中帯は長く、間帯は短くなる。反対に冬至に近づくほど日中帯は短くなり、間帯は長くなる。

従って、不定時法で時刻を考える際には一刻を2時間とするのはあくまで安であり、実際には変動があることに注意しなければならない。

十二の刻

十二支を用いた呼び方は以下のとおり。

九ツ
八ツ
七ツ
明六ツ
五ツ
四ツ
九ツ
八ツ
七ツ
暮六ツ
五ツ
四ツ

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%8D%E5%AE%9A%E6%99%82%E6%B3%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

不定時法

1 ななしのよっしん
2013/05/18(土) 18:24:16 ID: +G1DGNqNnD
要するに日の出と日没を基準にをそれぞれ6等分するんだよな
になればの1刻は長くなるがの1刻は短くなる。になれば逆
同じ年日でも南の方がは長いし北ならが長い
2 ななしのよっしん
2014/04/19(土) 15:49:19 ID: U5LbthdVzv
なんか時刻が1時間ずれてる気が
この表の通りだと三つ時が深夜3時にならんか
十二支で区切った2時間を30分毎に4頭分したのが刻なんだから

急上昇ワード