不殺主人公単語

フサツシュジンコウ
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

不殺(: フサツ、コロサズ)とはフィクション作品における一つの生き様である。不殺主人公とは、不殺である主人公のことである。

概要

まず最初に言っておかなければいけないのは、現実世界では正当防衛などの例外的な場合を除き殺人犯罪なので、不殺なのは当たり前であるということである。従って不殺は特記すべき生き様とはなりえない。

不殺とは、人が殺されてもおかしくないような世界観のフィクション作品において、人を殺さずに切り抜けている生き様のことであるといえる。

なお、ここでいう「殺された」には、魔法などで蘇生できてしまう状態は含まれない。そういった世界観では殺人は暴行の延長くらいの意味でしかい。

作品外における背景

一般的に、殺人という犯罪は他の犯罪よりも一段重く受け止められている(この点に異論のある方は自身がサイコパスでないかについて検討したほうがよいかもしれない)。

これはフィクション作品中の出来事であったとしても例外ではなく、主人公ヒロインなどに正当化しきれない殺人過去ができてしまうと、それらへの感情移入が難しくなる(この点に異論のある方も以下省略)。こういった事情が表立ってられることはないが、作品の面人気や売上くと考えると作者として視できない要素になるといえる。

逆にこういうことをタブー視しない作のことをハードボイルドと呼んだりする場合もある(ただし、ハードボイルドという用には他の用法もある)。

子供向け作品など

暴力的描写がNGである子供向け作品でも事情はほぼ同じである。

作中での理屈

登場人物が不殺になる理由としては、当人が意識している場合では

  • 悪人でも殺せばそいつと同じになる。
  • 法で裁くべきで、殺すのは管轄外
  • 単に殺したくない。
  • お前など(手を汚してまで)殺す価値もない。
  • 殺すなど生ぬるい。生きて苦しむことで償え。
  • とある事件を機に、不殺の誓いを立てた。
  • 強くなってもう一回挑んでくるがいい。

といったものがあるが、実際は人それぞれである。

一方で、「作品外の背景」で述べたような事情による場合、作品中で不殺の理由が明示されないことも多い。そういったケースでは作品中の当人は不殺を意識していない(当然だが殺人はいけないことだという意識は持っている)が、神の見えざる手により結果的に不殺となる。

不殺主人公

要するに敵を殺さない(なるべく殺さない、意識していないが結果的にそうなっている、を含むことも)主人公のこと。過去に殺したことがあっても、現在不殺義である場合も含まれる。

よくあるパターン

主人公と命を懸けた戦いまでした相手が、生きているのにもう一度主人公に立ち向かってこないのは不自然なため、また、悪人がのうのうと生きていては勧善懲悪的な見地からも読者にモヤモヤしたものが残るため、以下のような展開になりやすい。

不殺主人公は嫌われるか

不殺主人公は嫌われる傾向があると言われているが、嫌われない不殺主人公もいる。一概には言えないが、ご都合主義的な不殺は批判されやすいように思える。

作品内の事情

悪人を生かしてしまうことで被害者を増やしてしまう、信念が時々ブレると言ったパターンは確かに嫌われることがあるようだ。逆に、不殺にきちんとした理由がある、殺さないが敵が悪さを出来ないように処置する、過去に殺しすぎて悪人でも殺すことに抵抗があるなどそれなりの理由があれば嫌われないようだ。

作品外の事情

現実世界舞台としていれば人が殺される場面はそれほどないので不殺の実現は容易なはずだが、人が殺されてもおかしくないような世界観に設定してしまった場合、登場人物に殺人歴を残さないようにストーリーを展開することの方が難しくなってくる。

結果として上記「よくあるパターン」の一部が該当するような、不自然ストーリー展開になってしまったり、「直接手を下さなければ結果的に死に至らしめても構わないのか」、「死にさえしなければ何をしてもいいのか」と疑問をいだかせる内容になりやすい。

こういった性質が立ってくると批判の対になりやすいと考えられる。

一方で、子供向け作品では、視聴者側も殺人シーンにしたくない(あるいは子供に見せたくない)という思惑があるため批判の対になりにくいと考えられる。

殺人童貞

全く人を殺さない登場人物をしばしば「殺人童貞」と表現することがある。初出は「グラップラー刃牙」。ただし、軍隊や治安が大変悪い警察を描いた作品では昔からよく使われる表現である(戦争処女殺人処女など)。不殺主人公と似ているが、過去を含めて一切の殺人を行っていない点に違いがある。もっとも、信念として不殺を貫いているとは限らないため、殺人童貞であるからと言って不殺主人公と呼べるかは議論を呼ぶことがある(刃牙も格闘の結果としての殺人は否定していない)。

不殺主人公達

追加していない人が後から分類したので、誤りがあれば修正して下さい。

低年齢向け

当人が明示的に不殺を掲げているもの

その他・未分類

厳密には不殺ではない例

参考: 対極の例

不殺とは逆に、殺さずに済むような場合でもむしろ積極的に殺していくスタイルの作品もある。アンチヒーローダークヒーローハードボイルドなどの概念と部分的に重なるものの、ぴったりした反対がないので、ここに掲載する。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%8D%E6%AE%BA%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

不殺主人公

1898 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 17:13:53 ID: YRzxzXjuJc
怪獣なのに殺すのをためらうのもウルトラマンもいたが、コスモスの場合、本来は大人しいけどなんらかの理由で暴化してるような怪獣大人しくさせて殺さないけど、暴でどうしようもないだけは駆除するスタンスだったな。
1899 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 19:18:46 ID: ufv+StSH9L
>>1888
鬼滅がめちゃくちゃ流行った時点でそれなないでしょ
善意みたいなのに逆張りしてマウント取りたい冷笑的な人にとってはそれが受けるんだろうけどね
1900 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 20:16:32 ID: Uc1n2QYwlI
その善意や信念がどれぐらい明確に納得のいく心情や行動として描かれているかもまた作中の行動の評価に繋がるからね
それこそ「ごんぎつね」のごんだって善意贖罪したつもりが、あの割りと止むなしの結末だった
1901 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 10:08:44 ID: WnIkCAFnk/
炭治郎の何処が不殺なんだよ
マジ不殺はどんな悪でも殺さないよ
ちょっとやらかしただけで特定して人生潰そうとするネット民には見習えばいいよ
1902 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 10:13:03 ID: fl3ZMr7+/a
不殺にも
・作中では絶対に殺さない(過去には殺した経験あり)
・最初から最後まで殺さない
・できる限り殺そうとはしないが多人数の戦いで殺すことはある
までひっくるめて不殺って言われてる感じ
1903 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 11:43:41 ID: dji/GeMiGt
不殺主人公は食生活的な意味でもヴィーガンでなければならないと思う。
を食べると不殺理念矛盾してしまう。
1904 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 13:46:24 ID: ufv+StSH9L
>>1901
>>1888のおやさしい主人公とか善意主人公を避けてる的なことに対して言った
そりゃコンテンツとかによっては作があるから優しい主人公が避けられる場合もあるけど、一般論としてはそういう主人公のが王道でしょ
1905 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 13:57:49 ID: tSZA65er/S
もうヴィーガンとかなんやらとか論点ずれまくって単なる屁理屈になってねぇか?
1906 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 14:04:29 ID: tSZA65er/S
それこそ「過去は人殺しまくってたけど色々と心する出来事があって今は不殺を心がけてる」とかもあるんだし、基本殺しを避けてるなら不殺いいんじゃないかな
1907 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 14:09:15 ID: RyEcmr1a+w
>>1906
るろ剣剣心みたいに過去編で心をぶっ壊そうぜ!(ついでに現代編のヒロイン遺体も偽装して、もう一度心を念入りにぶっ壊そう)