世界を売った男単語

セカイヲウッタオトコ

世界を売った男(The Man Who Sold the World)とは、1970年デヴィッド・ボウイによる第3作アルバム、およびその表題曲である。

概要

前作「スペース・オディティ」にべ知名度はマイナーで、路線変更の途中であった事もありボウイ自身の評価も低かったと言われるアルバムだが、トニー・ヴィスコンティをはじめとしたメンバーの名演により二の魅を放つ一作となっている。

UK盤のジャケット女性ドレス姿のボウイがソファーに横たわっているというもので、表題曲の世界観を表現した倒錯感とダークさを感じさせる。

2曲の「All the Madman」は精神病院に入院していたボウイのテリーげられている。

カバー

1982年ウルトラヴォックスのボーカル、ミッジ・ユーロによってカバーされる。後に彼を「ミッジ先生」と呼ぶゲーム監督小島秀夫によってそのバージョンがあるゲームに登場することになる。(後述)

1993年ニルヴァーナ音楽番組MTVアンプラグドカバーを発表し、この曲の知名度を高めた。オリジナル版やミッジ版のイギリス英語と違いアメリカ英語のアクセントで歌われているのが特徴。

MGSVにおける世界を売った男

事実なるものは存在しない、あるのは解釈だけだ

━━━フリードリヒニーチェ

2015年ゲームメタルギアソリッドV ザ・ファントム・ペイン」では前述のミッジ・ユーロによる80年代カバー版が引用されている。

物語の序章、1984年に9年間の睡状態から覚めた主人公、BIGBOSSこと後のパニッシュド”ヴェノム”スネークベッドの上でラジオから聴くことになる一曲。
そしてゲームの最終章「世界を売った男の真実(TRUTH:Man Who Sold the World)」では、同時に覚醒した二人の男、”エイハブ”と”イシュメール”の辿った運命に関する真実が明かされ、この曲がストーリーに絶妙にリンクしたものであったと分かる。

他にも、ボウイの「ダイアモンド」の名が主人公たちが作り上げた組織「ダイアモンド・ドッグズ」として登場。さらに小島監督は以前にもデヴィッド・ボウイの楽曲である「Space Oddity」や「Ashes to Ashes」がメタルギアソリッド3の要素に影を与え、これらの曲を同ゲーム題歌にしようとしていた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

世界を売った男に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A3%B2%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%94%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

世界を売った男

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 世界を売った男についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/21(水)12時更新