世羅りさ単語

セラリサ

世羅りさとは、アイスリボン所属のロリコン女子プロレスラーである。三木プロダクション及び演劇集団「水色革命」所属の女優としても活動している。

概要

1991年11月19日生。広島県世羅町出身。身長167cm

声優女優して上するも、映画太陽からプランチャ」への出演を切っ掛けに女子プロレスと出会う。
この映画は、アイスリボン恒例の「プロレスラーとして本当にデビューすることが出演の条件」というものであり、2012年11月20日ハム子を相手にデビュー戦を行った。
以後、女優女子プロレスラーの兼業となるが徐々にプロレスに軸足を移し、2014年からはプロレスメインに活動してしている。

恵まれた体格を生かしたダイナミックファイトスタイルリング上での表現で頭を現し、アイスリボンの若手エースとなる。対戦したアジャ・コングや、試合を見ていた大日本プロレス登坂栄児社長グレート小鹿会長からの評価も高く、小鹿会長からは、「リングに佇む雰囲気がスターのもの」とのも。
成宮希とのタッグチームでも活躍。流行に乗ってタッグ名を「.STAP」(ドットスタップ)とするも、その後、本家が大変なことになり、ちょっと気まずい感じになってしまっているが、王座陥落まで9度の防衛に成功。タッグ王座最多防衛記録を立した。

2013年にはNHK企画マグロ投げに挑戦し日本記録を立するなど、テレビに出演する機会も増えてきている。

現世羅町長をに持ち、世羅町への郷土を口にすることが多い。一時期は町の許可を取って世羅町章をコスチュームにあしらっていたが、町議会から「蹴られるような箇所にある」とクレームが付き、泣く泣く消去した。

退団した志田光の後任として、2015年4月までアイスリボンニコ生配信「週間アイスリボン」を担当していた。

2014年8月スターダム(当時)に所属していたと組んだ事で意気投合。スターダムにも参戦する様になり、タッグ王座に挑戦したりタッグリーグ戦にも出場したりと、活躍の場を拡大している。

そして2016年3月21日、地元広島で念願のICE×王座を獲得、初のシングル王者にいた。

ロリコン

2015年4月18日マッチでの座談会にて、自らを「自他共に認めるロリコン」と発言。後のニコ生ではさらに、つくしの前で「ショタコンでもある」と「ロリショタ」宣言する始末。

また、不定期でお出かけプロレス等でカード編成を担当する事があるが、その立場を悪用して自分の回りを10代選手(つくしなど)で固めるカードを組む事も。

おまわりさんこの人です

ポテトヘッド

ある日、松本都からポテトヘッドに似てるとTwitterでイジられたのがきっかけ。当初は嫌がっていたが、そのうちファンからも支持され始め、「ポテトヘッド軍団を作る」とまでしてしまう程。

更には前述のロリコンと併せ、ニコ生で「ロリコンポテト」というタグまで登録されてしまう程。

蛍光灯デスマッチ問題

そんな中、ある問題が起こった。

2015年3月29日アイスリボン大阪大会で、世羅と成宮は「ヤンキー二丁拳銃木高イサミ宮本裕向)」とハードコアマッチで対戦し敗れた。
このとき成宮は世羅と決別宣言(後日、成宮はREINAに移籍)。これに対し世羅は、「成宮と二丁拳銃で組めばいい」と抗争に発展。
その際、世羅は「平成コンビ稲葉雅人星野勘九郎)」を呼び寄せ、5月4日横浜ラジアントでのハードコア戦を宣言。

この日の大阪大会は大日本プロレスとの行だった為、平成は当然その場にいた。そんな中極チーム結成を承諾。大日本ラジアントの翌日にビッグマッチ横浜文化体育館大会)を控えていたが、レフェリー日韓フェリーを起用する事を条件にラジアントへの星野の参戦を承認する。
※(補足)大日本は、1997年から2003年に併設していた「女子部」の失敗と、2008年に発生した「金村キンタロー強制事件(金村が大日本女性社員にセクハラ行為をした)」の影から、大日本所属選手と女子選手とのミックスマッチは基本的に認めていない。

こうして5月4日ラジアントを迎え対戦し、敗北した世羅だったが、「勝ち逃げは許さない」と抗争継続を要。更に6月24日後楽園での再戦を、同じメンバーによる「デスマッチ」でやる様要したのだ。
これに対し、アイスリボンの選手やファンから、以下のような多くの反対意見が集まった。

更には大日本プロレス所属の星野勘九郎がメンバーにいる事で、以下の理由から大日本ファンからも糾弾された。

この問題はニコプロ討論会の形で取り上げられ、これに対する回答として、マッチでの試合中にを持ち出し、自らの頭で割るという行動に打って出る程、精的に追い詰められる状況になった。

こうして6月3日マッチで、アイスリボン佐藤社長から、以下の宣告が下された。
選手及び観客の安全確保大会進行等の対応を考慮した結果、6月24日後楽園でのデスマッチは認めない
これに対して世羅は6月24日後楽園の参加をボイコットすると宣言し、事態の長期化を示唆した。

ところが事態は、思わぬ人物の登場で急変する。6月5日の会見で、大日本登坂栄児社長が協を申し出たのだ。登坂社長後楽園大会終了後に「大日本バックアップする自行の形で行ってみては」との提案を出す。同時に「許可しないが、その代わりに、世羅オリジナルの形式を考案せよ」と提示され、了承する。

かくしてデスマッチ問題は解決したかに見えたが、今度はに代わるオリジナルアイテムに、「人毛」つまり髪の毛を選択した事で、ほどではないが、再び波紋を呼んだ。当然、人毛集めにも障があり、某1000円店の場合は本部から待ったがかかった程で、結局、1トンを予定していた量は最終的に2~300kgしか集まらなかった(中にはそれでも適量との意見も)。しかも他のアイス選手だけでなく福田洋小林といった他団体の選手も髪の毛提供してなんとか集まった程。加えて「事故生時責任問題」が解決しておらず、反対意見も依然残った。

こうして「責任問題」の点が未解決のまま、最初で最後かもしれない「人毛デスマッチ」は行われ、会場が汚れるなど悪影が出たため、後日後楽園に謝罪するハメになったが、幸いにも、団体の後楽園使用禁止という最悪の事態だけは回避され(同時に、後楽園新木場1stRingと並ぶクレイジーな会場である事が明された間でもある)、懸念されていた事故もなく、大成功に終わった。

その後

その後、平成コンビとは、12月の大日本横浜文化体育館大会に、世羅(御)・星野勘九郎(アニキ)・稲葉雅人(子分「マサ」)・グレート小鹿叔父)という「極ファミリー」で参戦して勝利した。

デスマッチ継続するつもりで、12月28日新木場1stRingでの自行では、「春夏秋冬」をテーマにしたアイアンウーマンデスマッチに挑戦。風船に入れた花粉ヤスリ・(岡林裕二ポセイドンを彷彿とさせる)ビニールプールに入ったイガグリなどの器に苦しみながらも、60完走を果たした。将来的にはデスマッチの挑戦も視野に入れているが、また反対運動が起こる可性も残っている。

得意技

タイトル歴

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%96%E7%BE%85%E3%82%8A%E3%81%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

世羅りさ

1 ななしのよっしん
2016/11/23(水) 00:58:50 ID: Og+Jkdvdk8
デスマッチバースデーデスマッチの中でアブドーラ小林と行われたみたいだね。(アブドーラ小林持ちこみ)
の他に有刺ボード植木嵩行持ちこみ)、コンクリートブロック星野勘九郎持ちこみ)、毬宮本裕向持ちこみ)、バラ木高イサミ持ちこみ)など大日本ユニオンデスマッチアイテムを食らいながらも60事に完走
流血しながらの笑顔がいいね。

急上昇ワード