中内功単語

ナカウチイサオ

中内功とは、スーパーマーケットダイエー」を創業した実業である。

概要

1922年8月2日大阪府生まれ。2005年没。
薬局を営む庭に生まれ、兵庫県神戸商業高等学校卒業後、まもなく軍隊に召集され、
フィリピン終戦を迎える。
苦しい戦争体験は、その後のダイエーの創業や拡大に大きな影を与えた。

復員後、神戸薬局を開店し製事業にも参入するが、その後九州スーパーマーケット
開店に関わった際に「主婦の店」の名称を取得し、
1957年医薬品や日用品・食品を販売するダイエー1号店「主婦の店・ダイエー薬局」を
大阪市区の千前に開店する。

翌年には神戸三宮2号店を開店し、その後も店舗数を増やすが、
価格はメーカーではなく小売店が決めるという価格破壊ともいえる流通革命を起こして、
有名な松下電器産業(現・パナソニック)との値引きを巡るダイエー松下戦争も勃発した。
多くの消費者は安いほうがいいに決まっているので、
ダイエーはその後も成長を続け、1980年には小売業界初の売上高1兆円を突破する。

大企業との争いも辞さない中内は身内に対しても厳しく、彼が店舗を巡回すると売場には緊が走り、
怒りを買ってモヤシを投げつけられた担当者もいるそうである。
良い商品を安く消費者に提供するという信念の元、
拡大を続けたダイエーグループはその後プロ野球球団「福岡ダイエーホークス」を持つまでに至ったが、
戦争での飢餓体験を持つ中内には人間不信の一面があり、経営を身内に委ね、
意に沿わない幹部たちを次々と放出した。

1989年には長男の中内潤を副社長に据えるが経営は次第に傾き、
2004年には産業再生機構の支援を受けることになる。
2015年イオン子会社となり、戦後の高度成長期と共に発展し、
最盛期には売上高3兆円、従業員6万人以上を誇った中内帝国ともいうべきダイエー
姿を消そうとしている。

的なカミナ親父でもあった中内功は強い意志でダイエーグループを成長させたが、
時代の流れは彼にとって望む結果をもたらす事はなかった。
2001年にはダイエーを退任し、2005年9月19日83歳で脳梗塞の為この世を去る。
退任後すべてのダイエー関連資産を整理したが、
彼が私財を投じて設立した流通科学大学では、今も学生たちがなりたい自分を発見すべく学んでいる。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%AD%E5%86%85%E5%8A%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中内功

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 中内功についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!