中判カメラ単語

チュウバンカメラ

中判カメラとは、スチルカメラの一種である。

120フィルムを使用したカメラをこう呼称し、デジタルカメラの分野でも35フルサイズより大きなイメージセンサーを使ったカメラが中判デジタルカメラと呼ばれている。
より大きなフィルムを使用するカメラは大判カメラと分類される。

概要

35ミリ判に使われている135フィルムより面積の大きな120フィルムを使っており、高画質で引き伸ばしにも強いので広告写真などプロ世界に多用されているカメラである。またプロではなくとも趣味用する者も多い(実際にハッセブラッドのVシステムプロよりもアマチュア市場の方が大きかった)。
日本では120フィルムがブローニーフィルムと呼ばれている。これはコダックカメラブランドであるブローニーに由来する。最初に日本で知られたブローニーが120フィルムを使用するタイプだった為に、日本では120フィルムがブローニーフィルムと呼ばれる様になった。因みにブローニーには他のフィルムを使用するモデルも多数あり、ブローニーが必ずしもブローニーフィルムを使うのではない。

フィルムが大きい為に一般層に普及した35ミリ判のカメラよりボディは大きく重くなってしまうが、それでも大判カメラよりはずっと持ち運びし易く手持ち撮影も可である。大判カメラに使われるフィルムシートフィルムなのに対して120フィルム135フィルムと同じくロールフィルムなのも使い易さの一端であろう。
カメラの構造は多種多様でレンジファインダーもあれば一眼レフもあり、レンズ一体もあればレンズ交換式もあった。更にはレンズのみならずファインダーフィルムバックの交換式もあり、例えばフィルムバックの交換で複数のフォーマットで撮影が可となる。
35ミリ判と同様に時代と共に性や機が向上しており、時代の末期には一部ではあるが自動露出や、果てはオートフォーカスまで搭載した機種もあった。それらは深い知識や高い技術がくとも、35ミリカメラの感覚で簡単に使える。

一部の機種では120フィルムの二倍の長さを持つ220フィルムにも対応しており、220フィルムを使うと撮影可枚数も長さに応じて二倍となる。

120フィルムのフォーマット

同じフィルムを使用しながらも使用する面積に違いにより以下のフォーマットに分かれる。大きなサイズなるほどフィルム一本で撮影出来る枚数は減る。
何れも実際の画面サイズフォーマット名よりも少し小さくなる。
尚、フォーマット名は口頭では『ろくよんご』、『ろくろく』などと発音される。

6×4.5㎝判

120フィルムでは最も小さなフォーマットでありセミ判とも呼ばれる。中判カメラとしてはボディを小さく出来、一部の機種ではオートフォーカスにも対応した。

6×6㎝判

正方形写真が撮れるスクエフォーマットハッセブラッドのVシステムが採用しているのもあり大変に人気が高い。また二眼レフカメラの大半がこのフォーマットである。

6×7㎝判

6×6判より少し横に長く、キャビネ判と同じ縦横率のフォーマット。6×4.5判から6×7判までが較的に製品数も多く、一般層にも染み深い。

これより上には6×8判、6×9判、6×12判、6×17判などがある。

代表的な機種

以下に一部ではあるが代表的な機種の名前を記す。

ハッセルブラッド Vシステム

フォーマットは6×6判。
ハッセブラッドを代表し、取り分け503Cシリーズ人気は高い。その上品で高級感のある佇まいに多くのが憧れの眼差しを向けた。
デジタルへの移行に伴い中判カメラは中古安価に手に入るが、Vシステムはその人気から高値である。

ローライフレックス

フォーマットは6×6判。
ローライより生み出された二眼レフカメラの代表格にして最高峰。日本の二眼レフ市場にも多大な影を与えた名機である。レンズ仕様の違いで多くのバリエーションがある。
非常に高価ではあるがローライフレックス2.8FX、4.0FW、4.0FTは今でも新品の購入が可である。

ペンタックス645シリーズ

フォーマットは6×4.5判。
645、645N、645Nの三種が発売され、初代のみがマニュアルフォーカスで二代からはオートフォーカスを備えている。

ペンタックス67シリーズ

フォーマットは6×7判。
35ミリ判の一眼レフをそのまま大きくした様な外見で通称バケペン
初代はペンタックス6×7の名で発売されその後ペンタックス67名されている。また後継機にしてシリーズ最後のペンタックス67がある。

マミヤRB67、RZ67シリーズ

フォーマットは6×7判。
縦位置と横位置を変更出来るレボルビング機構、接写撮影に強いなど豊富な機を有し、プロ世界で定番機種であった。フィールドカメラの雄がペンタックス67ならば、それと並び立つスタジオカメラの雄である。
RB機械式でRZは電子式である。

マミヤ7シリーズ

フォーマットは6×7判。
レンズ交換式のレンジファインダーカメラで、その完成度は非常に高い。後継機のマミヤ7ではファインダーの視認性が著しく向上しており、その差が中古市場での相場にも表れている。

その前に発売されていたニューマミヤ6シリーズは6×6フォーマットで、レンズに沈胴機構を採用しており携帯性に優れる。

フジGW690シリーズ

フォーマットは6×9判。
35ミリ判と同じ縦横の6×9判を採用しておりその画面サイズから観光地での集合写真に重宝された。

フジGX680シリーズ

フォーマットは6×8判。
写真館でよく使われていた。

フジGA645シリーズ

フォーマットは6×4.5判。
レンズ固定式でオートフォーカスを搭載した言うなれば中判バカチョンカメラである。外観は高級感があるとは言い難いが最も手軽に扱える中判カメラであった。
どの機種が単焦点だがGA645Ziプロフェッショナルは倍率は低いながらズームレンズを搭載している。

現行製品

富士フイルム

GF670プロフェッショナル

GF670Wプロフェッショナル

レンズ固定式のレンジファインダーカメラで、GF670Wの方が広レンズを搭載している。6×6判と6×7判のフォーマット切り替えが出来るのも特徴。またGF670の方はレンズを折り畳めるカメラ

シーガル

4A-105

中国メーカーで、新品で安価に買える二眼レフである。

ホルガリミテッド社

ホルガ120シリーズ

ホルガはトイカメラ王様として知られる。

ロモグラフィー

ルビテル166プラス

ベルエアX6-12

ダイアナプラス

何れもトイカメラ
ルビテルは二眼レフ。
ベルエア6×6判、6×9判、6×12判と多くのフォーマットに切り替えられるのが特徴。当初はプラスチックレンズのみであったが、後にはガラスレンズも追加された。
ダイアナプラスダイアナカメラの復刻版である。

中判デジタルカメラ

35フルサイズよりも大きなイメージセンサーを搭載したデジタルカメラが中判デジタルカメラである。小カメラと同様に中判カメラも流はデジタルに移行しつつある。

カメラボディに(カメラフィルムバックに相当する)デジタルバックを装着して使用する他、ボディとバックが一体の製品も存在する。分離デジタルバックの交換によりカメラボディはそのままでより高性、高機デジタルカメラにする事が出来る。
イメージセンサーサイズには44×33や36×48などがありセンサー面積は何れも120フィルムに追い着いていないが、フェーズワンハッセブラッドのハイエンド製品に採用されているセンサーサイズは6×4.5判に薄している。

フェーズワン

マミヤデジタルイメージングと提携し共同開発でカメラボディとデジタルバックから成る中判システムを製造、販売している。くからデジタルバックを扱っておりこの分野では老舗である。
フェーズワンブランドで展開すると同時に同等品のカメラボディをマミヤブランドデジタルバックリーフブランドでも販売している。

ハッセルブラッド

富士フイルムと共同開発でレンズ交換式のHシステムを販売している(H1は富士フイルムのGX645AFプロフェッショナルと同等品)。
当初はデジタルバックは手掛けておらず、H1やH2には他社のデジタルバックが対応していた。後にボディとバックがお互いに専用となる路線へ一本化し、他社製デジタルバックは取り付けられなくなった。

他方でVシステム用のデジタルバックも販売している。

リコーイメージング

ペンタックスブランドにて645シリーズデジタルカメラを販売している。645の名を冠しているものの前述の様にセンサーサイズは6×4.5判よりも小さい。ただ従来と共通のレンズマウントを採用しており、て発売されたレンズを使う事が出来る。
デジタル用にもペースは緩慢ながら新しいレンズが発売されている。しかし645Zの後に発売されたレンズイメージサークル645Zのセンサー最適化されており、カメラペンタックス645シリーズでは使えない。

645Dの発売時は販売価格が100万円を切った80万円と言う価格で、中判デジタルカメラとしては非常に安価であると話題になった。APS-Cやフルサイズデジカメ較すると高価に思えるが、フェーズワンハッセブラッドの製品が数万円と言えば如何に破格であるかが分かるであろう。
後継機の645Zが発売された折には、メーカー400台を論んでいたが予約注文のみで1500台となり供給が追い着かず、『100万円もするカメラ大人気』とウェブニュースなどで取り上げられた(ボディ本体は100万円を切っているので、100万円のカメラと言うのはレンズを含めての表現と思われる)。

ローライ

大判カメラで有名なジナーと共同開発で、Hy6シリーズを販売している(最初のモデルはジナーブランドでも売られていた)。

ライカ

Rシリーズの後継に位置する一眼レフライカSシリーズを販売している。
45×30と言う独自のセンサーサイズを採用しており、縦横ライカ判で同じである。中判カメラでありながらニコンキヤノン35フルサイズフラッグシップカメラよりもボディは小柄である。

余談ではあるが最初の製品はライカS2であるが、これは以前にライカS1と言う製品が存在した為である。S1はライカ初のデジタルカメラであり、一般的なデジカメとは異なるスキャンタイプであった。非常に高価で日本では数台しか売れなかったと言う。

関連商品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%AD%E5%88%A4%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中判カメラ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 中判カメラについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!