中山雅史単語

71件
ナカヤママサシ
1.0万文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

中山雅史(なかやま まさし Masashi Nakayama, 1967年9月23日 ‐ )とは、日本サッカー選手サッカー導者である。称はゴン中山中山隊長など。
J3リーグアスルクラロ沼津監督。元サッカー日本代表

ポジションはFW。178cm72kg。利き足は右足。

概要

静岡県志太岡部町(現藤枝市)出身。明期からJリーグを盛り上げ、日本代表としても数々の記録を残す「炎のストライカー」。

筑波大学卒業後、1990年ヤマハ発動機サッカー部(後のジュビロ磐田)に入部。フィールドを縦横尽に駆け回る姿勢と、どんなボールにも諦めず喰らいつく闘争心で多くのファンを生み、テクニシャンである三浦知良とは対照的な日本人ストライカーとしてJリーグを大きく盛り上げた。

ジュビロ磐田黄金時代エースストライカーであり、クラブ徴的存在。JリーグJ1最優秀選手賞1度受賞、得点王2回、ベストイレブン4度受賞した経験を持ち、Jリーグシーズン最多得点J1での最年長記録というかしい記録立している。

日本代表としては、オフトJAPANの頃はスーパーサブとして活躍。1993年の「ドーハの悲劇」の中心選手の一人でもあり、交代後ベンチで倒れ込みながらうなだれシーン日本サッカー徴的な場面として何度も映し出されている。1997年ではイランとのアジア第三代表決定戦で先制ゴールを決め、「ジョホールバルの歓喜」の立役者となっている。日本が初出場となった1998 FIFAワールドカップでは日本ワールドカップゴールを決めている。

プレー以外にも明るく元気な言動やメディア対応の良さも注され、オフシーズンにはテレビ番組などのメディア出演も活発に行い、サッカーファン以外からもされた。

そのプレースタイルキャラクターから彼を尊敬するプレイヤーも多い。現日本代表岡崎慎司も憧れの選手は中山雅史だと言している。

妻は女優生田智子。父親は元岡部町町議会議員の中山儀助。

経歴

学生時代の中山

高校時代からエースストライカーとして頭を現し、高校2年次の1984年は全高校サッカー選手静岡県予選を勝ち進み、当時台頭していた東海大学第一高等学校と決勝戦で対戦。絶対的劣勢が予想される中、カウンターから中山ゴールで先制すると3-1で勝利し、第63回全高校サッカー選手権大会の切符を手にした。本大会では準決勝まで駒を進めたが、長崎県原商業高等学校との対戦でPKの末に敗れた。

卒業後、筑波大学へ進学。この頃はセンターバックとしてプレーしており、同期である井原正巳コンビを組んでいた。後に先輩である長谷川健太からの助言もあってセンターフォワードに戻っている。

Jリーガーとしての中山

1990年ジュビロ磐田の前身であるヤマハ発動機サッカー部に入団。当時はプロではなくアマチュアだったためサラリーマン生活も経験している。Jリーグ参入が決まっていた清水エスパルスから獲得オファーを受けるも、固辞。1993年の旧JFLクラブJリーグ昇格に導き、1年遅れてJリーガーとなる。

ジュビロ磐田Jリーグに参加した後もそのを遺憾なく発揮する。Jリーグ1年1994年こそ怪もあってを発揮できなかったが、1995年は元イタリア代表のサルヴァトーレ・スキラッチとJリーグ最強と言われた2トップを組み、18ゴールを挙げている。

1997年になると、チームメイトとなった現役ブラジル代表ドゥンガの助言もあってオフ・ザ・ボールの動きが大幅に向上し、ストライカーとして一皮剥ける。結果、クラブリーグ初制覇に貢献し、チャンピオンシップMVPを獲得。初のJリーグベストイレブンに選出されている。

1998年には公式戦4試合連続ハットトリックギネス記録(当時)を打ち立てる[1]など大爆発し、出場27試合で36得点を取り得点王やリーグMVPなどのタイトルを総なめにしている。本来ならキャリアピークを過ぎる30歳にしてなお成長し、キャリアピークを迎えている。2000年にも得点王を獲得、Jリーグで2度の得点王を取った選手は他に前田遼一大久保嘉人しかいない。この年は前年に負った右眼窩底骨折に苦しみながらも劇的に復活したシーズンでもあった。このときに「炎のストライカー」という言葉が生まれている。

2002年シーズンは、W杯からのリーグ再開後にはゴールを量産し、得点王となったチームメイト高原直泰に次ぎ、日本人としては2位となる16ゴールを上げ、磐田の両ステージ制覇によるリーグ優勝に貢献、ベストイレブンにも選出された。

2003年になると、10年前の恥結合炎が再発し、戦線離脱。半年のリハビリの末、終盤戦に復帰。この頃を爆発的な得点を潜めるようになるが、それでも前線からボールを追い回すアグレッシブファイトは健在で、2007年5月3日清水エスパルス戦の前半22分にPKを決め、J1リーグ史上初となる14年連続ゴールを達成。

2008年5月25日にはナビスコカップでの清水エスパルス戦で、後半43分にコーナーキックをヘディングで決め、40歳7か13日の最年長ゴール記録を保持していたジーコを抜き、ナビスコカップ最年長ゴール記録を塗り替える。そして、このゴール中山公式戦で決めた最後のゴールとなった。

J1で通算157得点を挙げており大久保嘉人佐藤寿人に次ぐ歴代3位の記録を持つ。

日本代表選手としての中山

筑波大学時代にはユース代表(U-20日本代表)に選出されており、1988年AFCアジアカップ予選には大学選抜のB代表として出場している。

1990年に初めてA代表に選出され、ダイナティカップ北朝鮮戦でフル代表デビューを果たしている。その後、しばらくの間代表からは遠ざかっていたが、1992年ハンス・オフト日本代表監督に招集される形で復帰。この年の第2回ダイナティカップでは決勝の韓国戦で途中出場から代表初ゴールとなる決勝ゴールを決め、日本優勝に貢献。さらに同年10月広島で開催されたAFCアジアカップ1992でも準決勝の中国戦で決勝ゴールを決め、日本の初のアジア制覇に貢献。オフト監督中山キャラクターも考えて、途中出場から流れを変える役割を与え、その期待に見事に応えて活躍を見せたことから日本で「スーパーサブ」という言葉を定着させる。

1993年10月カタール・ドーハで開催された1994 FIFAワールドカップアジア最終予選にも参加。第2戦のイラン戦で0-2で敗れている場面で投入されると、一矢を報いる執念のゴールを決める。第3戦の北朝鮮戦では出場停止となった高木也に代わってスタメンに抜され、ゴールを決める。一度沈みかけていた日本が勢いを取り戻す起爆剤となっていたことから高木の復帰後も三浦知良相棒としてスタメンで起用され、最終戦イラク戦ではラモス瑠偉スルーパスから勝ち越しゴールを決める。しかし、日本ロスタイムに同点ゴールを許して悲願のワールドカップ出場を前で逃し、「ドーハの悲劇」時の交代後ベンチでうなだれる姿は多くのを呼んだ。
一方、この最終予選での活躍から一躍時の人となり、民的スターとして扱われる(なぜか父親までが有名人となってしまう)。

その後は怪もあり代表から遠ざかっていたが、1998 FIFAワールドカップアジア最終予選の最終節カザフスタン戦で代表に2年ぶりに復帰しゴールを決めている。ちなみにこの数週間前のホーム韓国戦ではテレビピッチリポーターとして日本代表応援していた。「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる、イランとの第3代表決定戦では先制ゴールを決め、日本の初めてのワールドカップ出場に貢献した。ワールドカップ後は岡田武史監督から二と共にFWのファーストチョイスとされる。

1998年6月フランスで開催された1998 FIFAワールドカップでは全3試合にスタメンとして出場。第2戦のクロアチア戦では中田英寿からのスルーパスに抜け出し絶好機を迎えるが、シュートGKに阻まれる。第3戦のジャマイカ戦では2点ビハインドの場面から日本の歴史的なワールドカップゴールを決めている。その直後の相手選手との接触で脚を骨折しながらも試合終了までプレーし続けたことで、その闘志が称賛されている。

AFCアジアカップ2000予選のブルネイ戦では試合開始から3分15ハットトリックを達成し、際試合における最短ハットトリックギネス記録を打ち立てる。

2002 FIFAワールドカップでは若手が多く選ばれる中「精的な支柱」として代表に復帰。ロシア戦において途中出場し、日本ワールドカップ勝利に貢献している。ちなみにこの大会では中村俊輔の落選もあって背番号10を背負うことになり、中田英寿からは「ゴンちゃん、10番似合わないね」と弄られている。

ジーコ監督就任以降も代表に選出され4試合でプレー2003年キリンカップアルゼンチン戦で先発出場。この試合が代表最後の試合となった。

引退そして現役復帰

2009年になり出場機会が減ったこともあり、現役を続けるため出場機会をめてコンサドーレ札幌に移籍。しかし2012年、膝の調子が思わしくないこともあり第一線から退く事を発表。会見では”引退”という言葉を一切使わず、調子が戻ればカムバックと宣言するなど、どこまでも走り続けるストライカーにふさわしい内容であった。

引退後はスポーツ番組にとどまらずニュースからバラエティなど様々なテレビ番組ゲスト出演する。

東日本大震災の際には支援プロジェクト「みんなの遊び場プロジェクト」に参加。JPFAチャリティーマッチ2013でも選手として急きょ出場し、ゴールを決める。

2013年にはサカつく2013CMに出演。ゲーム内でも選手として登場し、専用イベントも用意されている。この年のJリーグアウォーズにて功労選手賞を受賞した。

2015年9月JFLアスルクラロ沼津に入団し現役復帰することが発表された。

2017年シーズンからアスルクラロ沼津J3に昇格したため、5年ぶりにJリーグ舞台に返り咲いた。2019年から選手兼チームU-18チームコーチとなった。この間にJリーグ監督となるために必要なS級ライセンスを取得。

2021年沼津を退団し古巣であるジュビロ磐田コーチとして復帰することが発表された。この時も「引退」は口にせず、あくまでも選手としての活動の休止であることを強調した。

2022年チームが最下位と低迷し1年であえなくJ2へ降格。同時にコーチとしての契約満了が発表された。

と思いきや、その5時間後にアスルクラロ沼津監督就任が発表された(せめて写真を別のにしようや)

監督としての中山

2023年シーズンより古巣であるJ3リーグアスルクラロ沼津監督に就任し、監督としてのキャリアスタートさせる。ハードワーク底させ、ポゼッションにこだわったスタイルに着手すると、シーズン中盤あたりからが先行するようになり、J2昇格争いに加わるまでに躍進。終盤戦まで昇格の可性を残していたが、最後の5試合で1勝4敗と失速したことで最終的に13位にまで転落。それでも得点数が前年よりも倍近くに増え、手ごたえを掴めた中山体制1年となった。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1990ー91 ヤマハ JSL1部 13 4
1991ー92 ヤマハ JSL1部 18 15
1992 ヤマハ JFL 16 13
1993 ジュビロ磐田 JFL 18 18
1994 ジュビロ磐田 Jリーグ 12 3
1995 ジュビロ磐田 Jリーグ 45 18
1996 ジュビロ磐田 Jリーグ 27 9
1997 ジュビロ磐田 Jリーグ 27 18
1998 ジュビロ磐田 Jリーグ 27 36
1999 ジュビロ磐田 J1リーグ 23 6
2000 ジュビロ磐田 J1リーグ 29 20
2001 ジュビロ磐田 J1リーグ 30 16
2002 ジュビロ磐田 J1リーグ 29 16
2003 ジュビロ磐田 J1リーグ 12 3
2004 ジュビロ磐田 J1リーグ 19 3
2005 ジュビロ磐田 J1リーグ 29 6
2006 ジュビロ磐田 J1リーグ 13 1
2007 ジュビロ磐田 J1リーグ 15 1
2008 ジュビロ磐田 J1リーグ 16 1
2009 ジュビロ磐田 J1リーグ 1 0
2010 コンサドーレ札幌 J2リーグ 12 0
2011 コンサドーレ札幌 J2リーグ 0 0
2012 コンサドーレ札幌 J2リーグ 1 0
2015 アスルクラロ沼津 JFL 0 0
2016 アスルクラロ沼津 JFL 0 0
2017 アスルクラロ沼津 J3リーグ 0 0
2018 アスルクラロ沼津 J3リーグ 0 0
2019 アスルクラロ沼津 J3リーグ 0 0
2020 アスルクラロ沼津 J3リーグ 0 0

個人タイトル

プレースタイル

センターフォワードとして高木也のように恵まれた体格を持つわけではなく、三浦知良のようなうまさもあるほうではなく、スピードも特段にあるわけではない。それでも、どんなパスにも反応し、ボールにがむしゃらに喰らいつくことでゴールを量産してきた泥臭いストライカーである。

本人も「絶えずゴールに向かって走り続けられるかどうかのフィジカルと精の勝負をしていた」とる通り、スマートではなくても常に全ゴールを追いめることで日本の歴史に残るストライカーとなった。まさに全身全霊で体ごとゴールに飛び込むプレーファンからされ、岡崎慎司ら後の日本を代表するストライカーに大きなを与えている。

30歳を過ぎてから当時ジュビロ磐田に在籍していたドゥンガコーチだった山本昌邦の助言もあってオフ・ザ・ボールの動きにこだわるようになり、ワンタッチゴーラーとして開眼。DFとの駆け引きやゴール前でのポジショニングも向上した結果、黄金期ジュビロでの爆発的な得点が生まれている。

おもな名言集

  • 自分では一試合一試合、ワンプレーワンプレーを精一杯やっていくだけです。
  • 代表は精的に得られるものが大きい。
  • 暗くやっても楽しくないですし、同じ時間を練習するんだったら、気持ちを高めてやるほうが自分を成長させてくれる。
  • Jリーグオレが行く前にファンをがっかりさせるなよ
  • ケガからのリハビリはつらいけれど、「も見てないけど、こういうのがになるんだ」と自分を盛り上げながらやっていくしかない。実際、ケガからの復帰を重ねたことが強さにもなっている。
  • 神様お願い」という前に、やれることはやり尽くしてピッチに立ちます。 
  • 日本の選手は代表から小学生まで技術は高い。でも勝ちきれないことがある。そこに「気持ちがのらない」と接戦では勝てません。とくに球際にその強さがめられます。
  • まも昔もただうまくなりたいだけなんですよ。自分のイメージしている「こうなりたい」という姿に近づきたいんです。
  • 戦う気持ちを全面に出して練習・試合に臨みたい。 この名言いいね! 4 は下手なプレイヤー幸せでした。下手なことが悔しい。試合後に「なんであのプレーができなかったのかなぁ」と反省点が出て、イラついて眠れません。でも、その気持ちが成長の活になる。
  • にとってW杯は、もうDカップEカップなんて 問題じゃない大きさです。Wカップですからね。
  • 与えられたチャンス得点できない度に自分の未熟さを思い知らされた。同時に、次への活にもなっていった。こういうには見えない気持ちの部分が一番重要。
  • ケガかストレスになっているのは、サッカーをやれているからなんですよ。だから、「ああ、ここかもっとよくなってくればいいのに」「もうちょっとここで足が伸ばせればいいのに」「股関節に柔軟性が出てくれば」とイライラすることもできる。それも現役だからこそ。そう思うと、ほら、すごく幸せなことでしょう(笑)
  • 年齢を意識したくない。40という数字に寄りかかるような自分がいるのは悔しい。40歳。それは40年生きてきた表れではあるけれど、一般常識にはめ込みたくないなという気持ちはある。 
  • 今までプレーしてきて嬉しかったこと。 それはW杯フランス大会予選のピッチに立てたこと、そして、本大会につながったこと。 悔しかったこと、そこで自分が何も表現できなかったこと。
  • らは野球選手より年俸は安いけど、好きなサッカーができて、らがサッカーをやっている姿を見て共感してくれる人がいるから幸せだなと思う。
  • は諦めの悪いプレーが特徴。最後までボールを追いかけるし、諦めが悪いからゴール前で相手がヘディングしそうな所にも飛び込んでいく。
  • 負けず嫌いな性格は子供の頃から。年齢に屈するのも嫌ですし、とくに若手には負けたくない。
  • 「課題は?」と聞かれた時の答えはずっと変わらない。「すべて」ですよ。ひとつひとつのプレーをちょっとずつでもレベルアップできたらと思い続けている。動きの質をはじめ、技術的な部分もね。
  • 8500万の中山ファンキミたちを悲しませない。 ボクプレーにクギづけさ。 
  • 骨折しても走れるんだっていう事と、が感じたのは骨折ってまで走ってはいけないという事ですね(笑)。 良い子はマネしないように(笑)
  • スタメンでも途中出場でも使ってくれたら、それだけでいい。 自分が何をすべきで、何ができるかは常に考えてるつもりですか
  • 今回は(秋田と)同じ部屋になるのではないかという恐怖心がありました。 Jリーグでもタイトマークを食らっているので、同じ部屋でのタイトマークを避けられて良かったです(笑)。 
  • 何試合も連続でハットトリックを決めたこともあります。それでも、試合後は反省しましたね。満足できなかった。あと1点とれたかも、と自分に足りないプレーを考えてしまう。とにかく試合で回ってくるチャンスを逃したくない。
  • 最近思うのは、「あきらめるために頑る」ということ。この「あきらめる」は「明らかに極める」って意味で使っています。自分が極めたいと思うものがあるから、工夫するし、高い意欲を持ち続けられる。これからもサッカーを極めるために、全で取り組んでいきたい。
  • 現実問題として年々フィジカル的なが落ちているのは、数値として出てくる。じゃあ、そこでなにもせずに衰えを受け入れるのか。鍛えて、維持し、なるべく緩やかな曲線にしていくのか。当然、常に向上できればいいと思ってトレーニングに励んでますよ。欲振りだからね。それに、が最後までやってると若手も手を抜けないでしょう(笑)
  • できるだけ多くの人にサッカーの面さを伝えたいけれど、解説でその魅を伝えられているのか、不安はあります。中継後はスタッフに「あの場面の解説どうでした?」と聞きに行きます。そこで「表現をこうしたほうがいいかも」等と言ってもらった次から取り入れたり。
  • オフトお前を信じる。 お前を信じろ~!
  • いまの若い選手はうまいし、強いですよ。なんでコイツらは若くて、こんなにいろいろできるんだよって。こっちはこの歳になってもまったく会得できてないのに……と。うらやましくてしょうがない。吸収しなくてはいけないことが多すぎますよ。
  • W杯勝利という歴史間にその場にいることができてとても幸せです。
  • みたいなベテランが一生懸命やっていれは若手はサボれないし、それだけでもう利用価直があるわけです。お金をもらっているわけですからチームにどれだけ還元できるかですよ
  • 当たり前のことが当たり前のようにできる選手が名選手。 この名言いいね! 4 プロだったら頑るのは当たり前。大事なのは、どう頑るか
  • 勝ちたいんじゃなくて、負けるわけにはいかない。 この名言いいね! 2 ユースが注されてるけど、もU-35代表なんで応援してください。
  • 競り合いでボールを奪うには、気持ちの強さが左右する。なんか下手くそだったから、気持ちの部分がなければ全く勝負にならない。それは敵チームに対してだけではなく、自分自身にもです。
  • アルゼンチンの選手にタンゴを教えてやろうかなと。
  • は試合も練習も、先頭に立って走りました。最年長の選手が先頭に立てば、「年下のおまえらがやれないわけないだろ」というプレッシャーになるんです。そういう役割を担うことも、チームに必要とされる部分なんだと思ってやってきましたね 
  • 日本代表への思いは40代になったいまもあります。「いきますよっ」と言うのは簡単ですけどね(笑)バカじゃないですから厳しいのはわかってますよ。でも、可性はゼロではないと思いますから、まずはジュビロ磐田での練習、試合の評価を高めていくこと。自分自身が納得のいく試合ができたら、結果にも出てくる。その積み重ねがを開いていく。そこはベテランも若手も同じ。
  • プロは決められた状況でやり尽くす。たとえ、年齢でフィジカル面が落ちても、それを感じさせたら負け
  • 第一線を退いてから約2年半がたちますが、いまだにトレーニング中心の生活を送っています。をかくことが今の仕事にもいいウォーミングアップになっています。別にプレーするわけじゃなくて、テレビ番組への出演や試合解説仕事なんですけどね。事前に体を動かしておくと、気持ちが落ち着き、集中も高まります。心身ともにベストな状態で本番に臨めるんですよ。まだアスリート感覚が残っているのかもしれません。
  • 出る機会があったら、思いっきり暴れたいと思います! この名言いいね! 1 年配の方、主婦小学生など番組ごとに視聴者層を考えて、言葉を選んで伝える必要性を感じます。例えば「バイタル」という言葉はファンには説明不要のサッカー。番組や伝える状況によってはわかりやすい言葉として、守備と中盤の間、攻撃にも守備にも非常に重要なエリア、と細かくいう必要もあるので使い分けていくように心掛けているつもりです。
  • 30歳でダメだったら34歳でやってやるし、それでもダメだったら38歳でやりますからね。
  • チームが勝ったことが一番。 100ゴールは通過点。 まだまだ高いレベルしている。 本当は昨年達成しなけりゃいけなかった。 昨年6点しか取れなかったというのがねえ・・・。
  • サッカーを続ける以上、マゾじゃなければいけない。続けていれば、ケガはつきものだし、も痛みのない身体がどういうものか忘れてしまった。
  • チーム下痢のときと 便秘のときだけ使われる。
  • どうして「ゴン」という称になったかって? それは大学時代、ポッチャリしてて『オレたちひょうきん族』というテレビ番組が流行っていて、その中でビートたけしさんが演じていた「瓦権造」にそっくりだったからです。諸説ありますが、これは本当の話ですよ。
  • ゴールに向かって蹴るだけですね。 狙った々じゃないです。
  • スランプはない。あれは一流の選手がなるもの。得点できないのは、ただ未熟なだけ。スランプと言えば逃げることになる。だから、まず自分のがないと認める。
  • 行かないところへ行く、走れないところまで走る。 それをやめたらの価値なんてないんです。 だからそれを続けていくのが使命なんです。
  • いちばん自分を伸ばしてくれるものはゲーム(試合)の緊
  • 自分は、人と違うプレーをする。 そうしないと自分の居場所はない。
  • 中山ゾーンゴールラインの2m手前。 チームメートがGKを外してくれて、中山ゾーンまで持ってきてくれれば、は確実に決めます!
  • 自分に甘くするのも自分で、一番厳しくできるのも自分。
  • 失敗でもいい、大きな挑戦。 経験として、の中で蓄えられればいい。
  • まも「のびしろ」がたくさんある。欲りたいね。一歩でも理想像に近づきたい。
  • 何でたくさんゴールを決められかって?それはが「炎のストライカー」だからさ。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *2016年クロアチアリーグ東部リーグ所属のステファン・ルチヤニッチ選手が5試合連続ハットトリック記録
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

テイルズオブアライズ (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: 五月雨
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中山雅史

20 ななしのよっしん
2013/06/23(日) 00:02:04 ID: d4OTXZPjM5
>>19
お前松岡修造という男を理解しようという気がないからだ。
あの熱い言葉を背景のない薄っぺらいネタだとしか認識していないからだ。
だから修造を修三と間違えるのだ。これはとても失礼なことだ。
そんな薄っぺらいに、中山雅史松岡修造のような熱いを持つ男をってほしくはないな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
21 ななしのよっしん
2014/04/13(日) 22:34:40 ID: mahoQrq5HX
ジャマイカ戦のゴールが今でも印に残ってる。
あれは確実に日本サッカーに大きな足跡を残した。
日本人でも舞台ゴールを決められるんだぞってことを示した
大きな大きなゴールだったと思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
22 ななしのよっしん
2014/06/08(日) 09:00:52 ID: YPZTzJfvRM
プリキュアみたけどゴンさんナイス演技!!
しかも物語的にもナイスタイミングでの登場

流石らがゴンさんだぜ!!!
👍
高評価
0
👎
低評価
0
23 ななしのよっしん
2014/06/08(日) 20:40:05 ID: 4sZvtN3NDC
ハングリーハートゲスト回も上手かったしなゴンさん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2015/05/22(金) 09:10:31 ID: aujC3szPZ5
当初は親父さんのキャラが強で「ゴンべて息子は面くない」と言われてたのを覚えてる。ちょうどジュビロが昇格したのに怪してたから批判されてたし。まさかあそこから歴代トップゴール数を決めるとは思わんかった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2015/09/14(月) 20:53:39 ID: YId9Hd61/9
実質的な引退会見では引退という言葉を使わなかったけどまさか本当に現役復帰するとはなぁ…
自分はJ3サポだけど下部リーグの盛り上げに一役買ってくれると嬉しい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
26 ななしのよっしん
2016/01/21(木) 18:44:58 ID: 9Z5tisnPLg
中山かっこいいんだよね
他の選手ももちろん全で表現しているけれど、
プレーガッツポーズも、全身で喜びを感じているようで大好き
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 ななしのよっしん
2016/05/08(日) 18:24:34 ID: nwSraH2Nzu
ついにゴン記録佐藤寿人大久保嘉人に抜かれた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
28 ななしのよっしん
2016/11/16(水) 20:41:07 ID: J7VMOn7+VS
とうとうJ復帰か、50歳のJリーガーになるとは
👍
高評価
0
👎
低評価
0
29 ななしのよっしん
2016/12/08(木) 20:13:04 ID: B4DxDIC7kC
テレビ仕事多いけど武田氏みたいに売ってる感じはしないよね
本田インタビューに呼べるくらい人望もあるし
👍
高評価
0
👎
低評価
0