中川圭太単語

ナカガワケイタ

中川圭太(なかがわ けいた、1996年4月12日‐)とは、大阪府出身のプロ野球選手内野手)である。オリックス・バファローズに所属。
2016年事実部となったPL学園高校野球部の最末期メンバーで、このことから「最後のPL戦士」とも呼ばれる。

概要

小学校1年の時に野球を始め、中学生の時には隣佐野リトルニアに所属、同年代の日本代表にも選ばれている。

2012年PL学園高校に進学。このころのPL学園大阪桐蔭高校履正社高校といった新校の後を拝し、また部内での暴力事件の頻発によるイメージダウンや、暴力事件多発や時代の変化に伴うPL教団野球部への姿勢変化などにより、かつての強さはすでにく、部員数も減少の一途をたどっていた。
そんなPLに中川入学させるきっかけとなったのが、リトルニア監督松井稼頭央同級生のPLOB、田中和人がかけた「強いPLを復活させてほしい」という一言だったという。

しかし、PL学園2013年2月中川とは関係の暴力事件で半年の対外試合禁止処分になったうえ、監督も事件の責任を取って辞任。この影で2年の大会には出られなかったばかりか処分解除後も監督人事が難航、ついには野球経験のない校長監督となる事態となった。
そのような状況の中で中川将としてチームメイトを牽引するだけでなく実質的な監督として揮も取り、3年の大会では決勝までチームを導いた。

高校3年のドラフトに向けてプロ志願届を提出するも結局この年のドラフトにはかからず、当時東都大学リーグ2部の東洋大学に進学した。同期には上茶谷大河甲斐野央梅津大など。


東洋大学では1年からリーグ戦に出場、リーグでは指名打者としてリーグ3位の打率.340を記録。シーズンMVPを獲得した原里とともに東洋大リーグ優勝と1部昇格に貢献、2年からの3季連続優勝にも大きな役割を果たした。その後も指名打者から二塁手への転向や4年の不調などもあったが、最終的にリーグ歴代通算でも屈109安打を記録したほか、打率.289、9本塁打57打点を記録した。また3年時にはユニバーシアードに出場、大会首位打者(.500)と打点王(13)の二冠を達成。日本の全勝優勝に大きく貢献した。

これらの実績をもとに中川プロ志願届を提出。迎えた2018年ドラフト会議では4年時の不調により評価を落としてしまったせいか、同期投手が次々上位名されるなか、中川TBSドラフト特番の密着取材を受けていたため、番組に出演し名を待ち続けたが、出演中にオリックスが7位で名し、その様子を見届けた。

オリックス時代

2019年(1年)はキャンプ並びにシーズン開幕こそ二軍で迎えるも、二軍で打ちまくり、軒並み不振に喘ぐ野手のテコ入れとして4月20日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で一軍デビュー4月24日福岡ソフトバンクホークス戦では武田翔太からプロ安打を、5月10日楽天戦ではプロ本塁打を記録した。5月以降は右翼手一塁手レギュラーとして定着、セ・パ交流戦ではに「5番・一塁手」として出場し打率.386と活躍し、史上初の新人交流戦首位打者となった。

関連動画

募集中

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%9C%AD%E5%A4%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中川圭太

1 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 20:12:43 ID: EjauDlHzqm
交流戦首位打者おめ

急上昇ワード

2019/10/17(木)09時更新