中田宏樹単語

ナカタヒロキ

中田宏樹(なかたひろき)とは、将棋棋士である。棋士番号173東京都出身。八段。

称はデビル(後述)。よく中川大輔八段や中田功七段と間違えられやすい。

概要

プロ入りは21歳で、55年組羽生世代の狭間の世代であるため、両強に揉まれ、なかなか昇級できなかった。しかし、プロ入りからずっと安定した勝率を誇り、2010年台前半まで勝率6割以上を保っていたという、そして50えても未だにB2級で好成績を続けているという、細く長い棋士である。

2008年には最高でB2級のまま600勝を達成するという史上初の記録を打ち立てるが、その2年後45歳のとき、初めて悲願のB1級に昇級した。

1991年には王位戦に出場、またオールスター勝ち抜き戦では二度優勝している。居飛車党で矢倉を好むが、後手番だと様々な手をしこなすオールラウンダーとなる。

また、中田ニックネームはかの有名なデビルであるが、本人はむしろゴッドに近いほど人格者であり、また奨励会時代はニヒルと呼ばれていた。なぜこう呼ばれるようになったかというと、奨励会仲間とオイチカブをやったところ類の強さを発揮し、みんなの有りを巻き上げてしまったことで、お前なんかニヒルじゃなく悪魔だ、血も涙もないデビルだ!」と告げられてからである。

以来、麻雀トランプなどいろんなゲームをやってもすぐコツを覚えてしまい、将棋と同じぐらい底知れぬ強さとり強さを発揮していたという、まさに勝負のならぬ勝負のデビルだったのである。尚、その時の遊び仲間に若かりし森内俊之もおり、いの一番に遊び会場となっていた植山悦行宅に駆けつけていたという(何やってんすか…)

なお、野球好きとしても知られ、連盟の野球チームキングス」の監督を務めたこともある。そのとき、たけし軍団とも対戦したことがあるらしい(1勝1敗だとか)。こっちはさほど勝負にはこだわらず、采配も別にデビルではなかったそうだ。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%AD%E7%94%B0%E5%AE%8F%E6%A8%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中田宏樹

1 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 02:02:51 ID: qm4rWiZ1Ag
勝数規程のみによる九段昇段という史上初記録までぜひ頑ってほしい
2 ななしのよっしん
2019/07/10(水) 02:09:16 ID: WX/ICyId61
>>1
先に勝数規定だけで八段となって同じB2にいる阿部隆八段を忘れないであげて…