中華鍋単語

チュウカナベ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

中華鍋とは、中国料理に用いられる、底が浅く丸いのことである。

概要

炒める・煮る・焼く・揚げる・蒸すなど、さまざまな調理法に対応できる万
最近では、軽くて手入れも簡単なチタン製やテフロン製のものも多く製造されているが、
やはり中華鍋といえば製にかぎる。
ということで、この記事では他の素材でできたものは視して、製の中華鍋のことだけを説明していくこととする。
チタン製やテフロン製のものが気になる方は、自分で調べていただきたい。

中華鍋は、その形状により何種類かにわけられるが、その代表としてあげられるのが北京と広東であろう。
両者の大きな違いは把手部分。
把手が片側だけにしかないのが北京で、両側についているのが広東である。
北京の把手は長い棒のようなものになっているので、初心者向きで、庭で使うのに適していると言える。
対して、広東の把手はになっており、調理するときは片を濡れふきんを使ってつかんでおかなくてはいけないし、
その持ち手が火に近いのでやけどの恐れもある。こちらの方が上級者向きであろう。

中華鍋は他の多くのと違い、購入してすぐに使えるわけではない。
購入したての中華鍋には錆止めの剤が塗られているので、それを落とすために[焼き]と[ならし]いう作業をおこなう必要がある。

焼きの工程は以下の通りである。
[焼き]
1.中性洗剤をつけたスポンジを洗い、付着している汚れやほこりを落とす。
2.表面の分をふき取ったらガスコンロに置き、全体が焼けるようにゆっくりまわしながら火にかけていく。
 火加減は最初は中火で、煙が出はじめたら強火に変更。
3.の表面がくなったら火を切り、自然冷やしていく。
4.が十分に冷めたら、再び中性洗剤とスポンジで軽く洗い汚れを落とす。

焼きがすんだら、次はならし。これは中華鍋に油をなじませる作業である。
[ならし]
1.お玉一杯分のサラダ油に投入、全体になじませて、中火で加熱。
2.油が十分になじんだら、余分な油を捨て、野菜を投入。軽く炒めていく。
3.野菜を捨て、もう一度を洗う。ここで重要なのが洗剤を使わないこと。
 洗剤を使うと、せっかくなじんだ油がおちてしまうので、たわしなどで表面軽く洗うだけでOK.
4.分をふき取り、仕上げに油を薄く塗りこむ。

こうした手順を踏んで、ようやく中華鍋を調理に使えるようになるのだ。

二回以降も、まずを強火にかけて十分熱し、それから油をいれて全体になじませ、そして調理を開始する、
という使い方をするとよい。そうすることで、材料が焦げ付くのを防ぐことができる。

また、手入れで重要なポイントが、を洗剤で洗わないこと。
余熱が残っているうちに、たわしを使ってで洗うようにする。汚れが落ちにくい場合は、お湯で洗うとよい。
もし、間違って洗剤を使って洗ってしまった場合は、また最初の[焼き]から[ならし]の手順を踏む必要がある。

洗い終わったは、錆防止のために、サラダ油を塗って保管しておくとよい。

このように、他のべると多少取り扱いも面倒な中華鍋だが、
しっかり手入れをして使っていけば、油がなじんでいい感じにりしていくし、
長く使うこともできるので、育てがいのあるアイテムだといえるだろう。

関連動画

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E9%8D%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中華鍋

1 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 18:56:59 ID: Kg+GEUdspF
英語圏ではWok(ウォク)