中谷潤人単語

3件
ナカタニジュント
1.6千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

中谷潤人とは、1998年1月2日生まれのプロボクサーである。三重県東員町出身。三重県初のボクシング世界チャンピオン。M.Tボクシングジム所属。

概要

のススメで空手をやっていたが小6の時にテレビボクシング興味を持ち転向。

中学卒業後、進学せずアメリカボクシング留学。日本に帰ってからも頻繁にアメリカへ出向き現地の選手やトレーナーと交流を重ねている。RING誌の取材を受けたりと英語は得意だとみられる。

身長リーチともに170cmサウスポーライフルのように正確かつ射程の長いストレート武器とする。

異名は「の拳士」。

インスタに上げる写真のほとんどがボクシング関連の生ボクシングオタク

趣味釣り卓球バスケ

よく使う言葉は「感謝」。

かつて神奈川県相模原市トンテキ専門店をオープンさせたがコロナ禍閉店をやむなくされた。

プロボクシング戦績は27戦27勝20KO0敗。

戦績

2015年4月26日岐阜商工会議所で糸賀純一ミニマム級4回戦を行い1RKOデビュー戦をで飾る。

2016年12月23日、東日本フライ級新人王として臨んだ西日本代表矢吹戦を3-0の判定勝ちで収め全日本新人王となり、同時に日本ランク入り。

2017年8月23日後楽園ホールユーリ久井政梧と日本フライ級ユース選手権決勝で突し6RTKOで初代日本フライ級ユース王者となった。

2019年2月2日望月直樹日本フライ級王座決定戦を行い9RTKO勝ちで日本王座獲得。

2019年7月23日日本フライ級王座返上。

2020年11月6日後楽園ホールでジーメル・マグラモと対戦。父親パッキャオとも拳を交えたこともあるボクシング一家育ちで「ピストル」の異名を持ちダウン経験のないマグラモ相手に1Rから攻勢をかけると8Rに左アッパーで10カウントを聴かせWBO世界フライ級を獲得。これにより令和初の世界チャンピオンとなった。またM.Tボクシングジム所属選手としても初。

2021年9月10日アメリカアリゾナ州でWBOフライ級一位アンヘルアコスタと対戦。相手のが折れ、出血が止まらなくなったため4R途中でドクターストップにより初防衛に成功した。

2022年4月9日さいたまスーパーアリーナでWBOフライ級タイトルマッチを行い同級二位の山内太と対戦。解説くりぃむしちゅー上田から千手観音と形容されるほど多度からパンチを撃ち込みほぼ何もさせないまま8Rにレフリーストップにより二度の防衛に成功。試合後は減量苦からスーパーフライ級への転向を示唆した。

2022年10月27日スーパーフライ級転向のためWBO世界フライ級王座を返上。これと同時にWBO世界スーパーフライ級1位ランクイン

2022年11月1日さいたまスーパーアリーナで行われたWBO世界スーパーフライ級3位・IBF同級4位のフランシスコ・ロドリゲスジュニアスーパーフライ級10回戦で対戦し、3-0の判定勝ち。

2023年5月20日MGMグランド・ガーデン・アリーナにてアンドリューモロニーとWBO世界スーパーフライ級王座をかけて戦い、最終回の12Rに左フック叩き込み快にKO勝ち。危なげなく二階級制覇に成功した。後にこのKОは複数メディアで年間最優秀KOに選出された。

2023年9月18日有明アリーナにて、階級最強の呼び高いファンフランシスコ・エストラーダ相手に善戦したアルヒ・コルテスとWBO世界スーパーフライ級タイトル戦を行い、5Rに2回、9Rに1回ボディでダウンを奪い大差判定勝ち。中谷の左ボディとコルテスタフさが際立つ試合だった。

2024年2月24日両国国技館で行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで王者アレハンドロ・サンティアゴと戦い、6Rにダウンを二つ奪いTKО勝ちし、やすやすと3階級制覇達成。

関連動画

関連リンク

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中谷潤人

1 ななしのよっしん
2024/01/07(日) 19:38:23 ID: bGbxxdtrqb
千手観音のたとえは上手いな
緩急と度を変えた多パンチと接近戦でも右に左に器用に回り込むフットワークがある
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2024/02/25(日) 00:10:47 ID: TTRUWj6gj+
三階級制覇おめでとうございます

いやーマジで強い、サンティアゴも言うて勢いなら他王者と遜色い選手だったんだけど終始寄せ付けなかった。体格的にまだ階級上げるごとにパワーアップする一方の段階なのも末恐ろしい
井上尚弥がぶっっちぎりの一強をひた走ってると思いきや後方集団からこんなんが飛び出してくるのだからすごい時代だ
👍
高評価
0
👎
低評価
0