久保姫単語

クボヒメ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

久保姫(くぼひめ 1521年~1594年)とは、岩城であり、州に類なき美であり、あまりにかわいすぎてさらわれたであり、人さらい伊達晴宗の妻である。号は栽院。通称は御前、笑窪御前など。

不思議な嫁入り、東国一の大手柄

1521年岩城として出生。

1534年頃岩城は名門・結城義綱と結んで伊達相馬田村連合の脅威に対抗しようと、義綱の嫡男・結城晴綱へ久保姫の輿入れを約定していた。ところが時期悪く、伊達に貰い受けたいと相馬顕胤の仲介が入ってしまう。
先約がある旨断りを入れると、伊達稙宗謀によって事態は軍事衝突寸前にまで緊迫してしまった。
結城への輿入れは強行されたが、久保姫の容姿端麗さを見初めた伊達晴宗が自ら軍勢を率いて入り行列に横を入れる驚動地の事件が起きる。

これが伊達晴宗・久保姫夫婦運命の邂逅であった。
蹴散らされる護衛の怒号、生け捕りにされた女の泣き叫ぶく中、伊達の当たりにしたは冷静だった。貞操を守る懐宗と相対しても終ぞ抜かれなかったのである。

その後、に勘当を言い渡し頑なに反伊達を貫いた結果、伊達相馬名・石川二階堂連合に囲まれ逼迫したに対し、宗との婚儀を認めてくれるよう何通も書状を出して岩城を戦火の最中から救った。
※さらには第1子を跡継ぎにさせる確約を取り付け、両の関係も確固たるものにしている。

1537年長男千代丸岩城親隆)誕生。約定通り岩城へ入嗣。

1544年嫡男・太郎伊達輝宗)が誕生。羽を二つに割る天文の乱中に跡継ぎが生まれたことは宗にとってなによりの果報だったに違いない。久保姫、東一の大手柄である。

その後も子宝に恵まれ続け、計6男5女を産み上げた。 略奪婚でありながら相思相愛だったようで、側室はいなかった。
また折した子は一人として居らず、皆成人して戦国の世を生き抜いた。

1577年伊達道祐晴宗示寂。その最期を看取った後はを下ろして栽院と号し、琥珀山宝積寺を立て菩提を弔った。
幼少時に失明してふさぎ込んでいた梵天丸を諸難から守ったという。
同年六男・伊達直宗がに入り、杉目直宗姓して久保姫の守備についた。

1585年之巣の変事により嫡男・伊達輝宗念の死に至る。
荼毘に付された寿徳寺はからと鼻の先であった。

1587年五男・国分盛重の国分で二度に渡り内紛が起き、伊達政宗は盛重に咎有りとしてこれを成敗しようとする。
久保姫は庭坂まで輿を出して取り成そうとするが、政宗の命を受けた伊達成実によって引き止められた。

1588年政宗、成実が久保姫へ会いに行く。
実子のどが伊達の敵に回ってしまったため、肩身の狭い思いをしないようにという配慮だろうか。

1589年二階堂が政宗によって攻め落とされる。捕らわれた長女・阿南姫にて会見。
その後伊達の謀略により従者を殺されたため、阿南姫実家であり長でもある岩城へ逃亡した。
政宗は「伯母上のお心のままに」とこれを黙認したが、久保姫の取り成しがあったのかもしれない。

1590年豊臣秀吉州仕置により石田の地に移る。

1591年再び仕置が行われ、岩出山転封に従って宮城白石に隠遁。

1594年没。享年74。遺言により居住地跡には夫の眠る菩提寺と全く同じ名前の寺が建立された。

二人のは死しても尚、永遠に違うことはなかったのである。

名:栽殿盛妙尼大

子女の系譜

長男岩城親隆いわき ちかたか 1537年~1594年)
幼名・千代丸岩城へ嫡子として入嗣。佐竹義昭を娶ったため岩城中に佐竹の介入を許し、人取りの際には伊達と対立。臣・窪田十郎が鬼庭左月斎を討っている。宗と次宗が対立した際には仲裁し、叔父・実元に書状を送るなど、佐竹に実権を握られる前は伊達との関係を重視していた節もある。子に岩城
世すると豊臣秀吉の意向により孫・岩城(復姓して伊達)は追放される。五・宝寿院の佐竹より岩城が入嗣するが、実佐竹義宣と対立し所領没収。親死後、岩城に奔走し宿願を成し遂げている。

長女・阿南姫(おなみひめ 1541年~1602年)
号は大乗院二階堂盛義正室。子に蘆名盛隆二階堂行親、岩城御前(岩城正室、死別後伊達成実の継室)他。
夫が蘆名盛氏に敗れて子を人質に取られるが盛氏後継・名盛世から一転、当蘆名盛隆となる。
未亡人の四は正室として盛した。これを利用して二階堂は勢を拡大するが、夫・盛義、嫡男・行親、さらには盛と相次いで不幸に見舞われ死去。やがて名を滅ぼした伊達政宗の前に滅亡の危機となった。
大乗院須賀代として頑強に抵抗し、二階堂最後の砦として政宗を苦しめた。落後は甥・岩城を頼り、その死後は五・宝寿院を頼って甥・佐竹義宣の下へ走った。秋田転封の中に須賀にて死去。
と盛の遺児・岩瀬御台を養女とし、最期まで二階堂を画策していたがわなかった。

次男・伊達輝宗(だて てるむね 1544年~1585年)
幼名・太郎。嫡子。言わずと知れた伊達第16代当。祖伊達稙宗相馬顕胤の約定に起因する、相馬の領土侵略宗の臣が組したとして征伐したところ、一時と対立する。最上義守義姫を娶り、兄弟姉妹と結んで伊達領回復に奔走した。甲斐あって相馬との領土争いは終焉を迎えている。督を嫡男・政宗に譲って隠居したが、畠山義継の処遇を巡る事変により念の内に横死。宗の急逝により羽には再び戦火が巻き起こってしまった。
子に伊達政宗伊達伊達小次郎)、伊達秀雄(大悲願寺住職)他。

次女・清院(きょうせいいん 1545年~1591年)
名不詳。伊達実元の正室。伊達成実

三女・益穂(ますほひめ 1546年~1617年)
号は院。小梁盛宗(泥播斎)にぐ。子に小梁宗重他。
前田慶次米沢の住まいとした堂善光寺を中させたという一説がある。

三男・留守(るす まさかげ 1549年~1607年)
幼名・六郎留守顕宗へ入嗣。黒川晴氏を娶る。
大崎合戦にて田重と軍議でしく口論し対立。統制の取れないまま厳寒の戦場で立ち往生していたところ、岳氏の伊達離反もあって大敗を喫し、重大崎義隆後見の最上義光に人質として取られる失態を犯す。
秀吉小田原要請に従わなかったため、所領没収。伊達配下として上座で保護される。
長谷の戦いでは政宗の命により最上義光の援軍に赴いている。政宗の思うところあってか具体的な軍事行動は取っていない。宗子女の中ではしく、伊達に忠を誓っている。のち姓を復して伊達

四男・石川(いしかわ あきみ1550年~1622年)
幼名・小二郎石川光へ入嗣。足利義昭偏諱を賜る。
佐竹名・田村それぞれから圧迫を受け続け、佐竹に半ば臣従する形となり政宗督相続以降に対立する。
秀吉小田原要請に従わなかったため、所領没収。伊達配下として上座で保護される。
その席次を巡って成実が出奔する一因となった。伊達属以降は忠勤に励んでいる。

四女・(ひこひめ 1552年~1588年)
初め名盛ぐが男子く死別。長阿南姫二階堂から人質に取っていた甥が当に据えられ蘆名盛隆となり、その正室となる。盛が痴情のもつれから刺殺されると遺児・王丸を擁して伊達小次郎の入嗣を阻んだ。
しかし王丸までもが折してしまい、五・宝寿院の佐竹から子を貰い受け当蘆名義広としてを正室にした。
ところが心労が祟って自らも世。の死後、名氏は摺上原の戦いに敗れて滅亡となった。盛との子に小杉山御台(円通院、蘆名義広正室)、盛との子に王丸、岩瀬御台(寿院、長大乗院養女のち佐竹義宣側室)他。

五女・宝寿院(ほうじゅいん 1552年~1631年)
名不詳。佐竹義重正室。子に佐竹義宣蘆名義広岩城他。
岩城へ貞入嗣。長二階堂滅亡後に大乗院護。四へ義広入嗣。五・盛重を護。
義宣と貞が対立した際には仲を取り成している。長阿南姫と混同されていることが非常に多い。

五男・国分盛重(こくぶん もりしげ 1553年~1615年)
幼名・九郎。国分盛顕に入嗣。
初めは伊達に協的であったが中の反発を招いて挟みとなった。統制が上手くいかずに・栽院自らが調停に出動する事態となったが、政宗の命を受けた成実により引き止められている。結局国分は政宗直轄の来として組敷かれてしまった。のち出奔して甥・佐竹義宣の下へ走り、秋田転封に従って横手を与えられた。

六男・杉目直宗(すぎのめ なおむね 1554年~1584年)
宗の命により宗亡き後のに任命される。・栽院とともに住んだ。嗣子く断絶。

※不詳年については色を灰色とした。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける久保姫の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 専用イベント有り
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治

※武将としては登場しない。

関連動画

戦国大戦では時代が遡ったVer2.2の伊達で登場。台詞は穏やかだが計略は物騒。
「ごめんね、方もう助からないかも」

この台詞から放たれる計略「吸精の采配」は、そのままでは伊達の味方の武を少し上げる采配。
ただしこの効果を受けた味方が敵と乱戦すると敵の武が下がる。乱戦部隊数が多くなる程敵の武は下がっていく。数の暴力価を発揮する計略と言える。 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%A7%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

久保姫

1 ななしのよっしん
2011/10/07(金) 20:00:59 ID: KhuoEe8iZO
これまた通な人物がアップされたなおいw
すばらしい!

この人とべても、胸毛が凄かったなんて記録が残されている不憫だな
2 ななしのよっしん
2013/06/05(水) 17:23:43 ID: AmbwTgWd1Y
これ一番悲惨なのは婚約相手を奪われた結城晴綱だと思うw
3 ななしのよっしん
2014/02/11(火) 13:09:13 ID: gTJiW9LOpC
伊達に関するエピソード凄いの多いなw
4 ななしのよっしん
2015/01/19(月) 18:50:55 ID: igycwxGM2s
惚れしたから入りを襲って誘拐して
側室持たずに一筋ってある意味すごいなw
5 ななしのよっしん
2015/02/23(月) 16:01:07 ID: P/3R7qf0Oj
佐竹義宣蘆名義広蘆名盛高伊達政宗伊達成実などは皆この人の孫なのね。
秀吉からしたら州情勢は複雑怪奇なりだわな。
6 ななしのよっしん
2015/02/23(月) 16:12:06 ID: P/3R7qf0Oj
訂正
×蘆名盛高
蘆名盛隆

あと、佐竹義宣の側室や蘆名義広の正室も久保姫の孫みたいですね。
血の濃さを保とうとする考えがあったのかも。
7 ななしのよっしん
2015/03/18(水) 03:54:38 ID: AmbwTgWd1Y
結城晴って何かと思ったアイマスキャラかよ
8 ななしのよっしん
2016/02/11(木) 03:04:12 ID: Ya1NzAYJU5
>>4
それだけ噂に違わぬ美人で、人柄も素晴らしい人だったんでしょうな。
9 ななしのよっしん
2016/08/10(水) 19:39:11 ID: AlvQpfMGiu
子供全員折しているのに、留守以外の全員が反伊達ってのが……。肝っ玉母さん(婆ちゃん?)でも、DQNな孫には甘くなっちゃうせいか苦労したんだな。。。

急上昇ワード

2019/10/17(木)20時更新