久保栞単語

クボシオリ

久保栞(くぼ しおり)とは、ライトノベルマリア様がみてる』及びそれを原作とするアニメの登場人物である。

担当声優中川亜紀子

概要

小笠原祥子支倉令と同学年だった、元リリアン女学園の高校生本編開始時点)。第3巻「いばら」のエピソードびら」に登場。原作では一切挿絵がく、アニメ版で初めてその姿が明らかになった。黒髪ロング前髪ぱっつんの古美少女で、後に原作の挿絵を手掛けるひびき玲音の手によって、アニメ版を基にした原作公式イラストが描かれた(この絵は第26巻「イラストコレクション」に載せられている)。漫画版では髪の色素がやや薄く、顔立ちもアニメ版の藤堂志摩子の中間的な容姿になっている。

幼い頃に両親を事故で失い、長崎にいる叔父の元へ身を寄せた後、叔父の知り合いであった学園長・植村沙織の計らいでリリアン女学園に入る。敬虔なクリスチャンで、かねてからシスター(修女)になる決意を固めていた。しかし、佐藤聖との運命的な出会いによって、とのへの信仰の挟みとなって苦悩する。しかし、最終的に別れた方がのためにもなると考え、クリスマスイブの晩に密かに転校して、断腸の思いリリアンを去って行った。にとっても、にとっても辛い結末となってしまったが、この悲が孤独だったの運命を大きく変えていくこととなる。

クラスメイトだった鵜沢美冬によると、クラスの中で「立つ存在」「存在感が希薄な人」と両極端な印を受けたらしい。また、当時の姉妹スール)制度に縛られることを嫌っていたため、(プティスール)にしようとは考えていなかった。ともあれ、にとってにも代えられない特別な存在で、今でも最少女である。

ファンからの扱い

わずか1話のみの登場ながら、「びら」のストーリー自体、マリみての中でもとりわけシリアス百合度も高く、久保栞というキャラクターも、エピソード共々高い人気を誇る。特にシスターになることをに知られて、高したキスされた時に叫んだ「マリア様が見ているから・・・!」は、この作品を徴する台詞でもあり、堂のマリア像のの前というシチュエーションで起きたこともあって、そのインパクトも強い。キャスト達によるオーディオコメンタリーでも、この場面では黄色い歓があがり、役の豊口めぐみ藤堂志摩子役の能登麻美子に思わず「志摩子、ごめん!」と謝る一幕もあった。土砂降りの中で温室で二人のを絡ませたり、先述のシーンでぎくしゃくした後に再会してすぐ口づけする場面など、二人の場面は背徳感漂う官的な場面が多い。そして、駆け落ちを約束して笑顔で別れるシーンが、がそしてアニメ視聴者が見たの最後の姿というのも、直後に訪れる別れの悲しさをより際立たせている。

ファンも多いため、を描いたイラストSSも当然ながら数多い。中には、「もしになっていたら・・・」や、「と別れた後、その(プティスール)になった志摩子とどこかで出会っていたら・・・」などのif展開による二次創作も多数見られる。また、本編では実現しなかった、志摩子や蟹名静セットで描かれる夢の構図であるイラストも時折見受けられる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E6%A0%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

久保栞

1 ななしのよっしん
2016/09/17(土) 20:19:53 ID: Tvq2B9/CxZ
マジ絶世の美女だよ。
もう少し原作で出しても良かった気がする。
クソドリルの瞳子より100万倍まし
2 ななしのよっしん
2016/09/17(土) 20:27:14 ID: zVuG5PwbSw
なんでまた今さらになって各地で暴れてんのかねオタクは。