久美沙織単語

クミサオリ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

久美沙織(くみ さおり)とは、日本小説家である。

概要

1959年岩手県盛岡市生まれ。デビュー作は雑誌「小説ジュニア」に掲載された『水曜日の夢はとっても綺麗な悪夢だった』(1979年)。
デビューからしばらくはコバルト文庫で活躍。『丘のミッキーシリーズなどで人気を博す。

1989年ゲームMOTHER」のノベライズを手がける。
本人がゲーム好きを言しているだけあり、その後、「ドラゴンクエスト(4~6)」、
精霊ルビス伝説」、「MOTHER2」など、ゲームのノベライズを数多く執筆した。
精霊ルビス伝説原作とほぼ関連性のい作品だが、公式正史認定している)

オリジナル作品では、ミステリーファンタジーSFホラーなど多な作品を手掛ける。
オリジナルの代表作は前述の『丘のミッキー』のほか、『ドラゴンファーム』シリーズなど。

『久美沙織の新人賞の獲り方おしえます』や『コバルト風雲録』など、エッセイなどの著作も多い。

余談

彼女による版権作品のノベライズは、独自設定が多く賛否が分かれている。
例として、MOTHERシリーズの一部を挙げておく(ネタバレのため反転)。

作品リスト(小説)

  1. 宿なしミウ (1981年コバルト文庫
  2. とってもシンドローム1982年コバルト文庫
  3. ガラスのスニーカー 美人案内講座1982年コバルト文庫
  4. プラトニック ラブ チャイルド (1982年コバルト文庫
  5. きみの瞳にギャラクシイ (1983年コバルト文庫
  6. 夢のつづきはかためを閉じて (1983年コバルト文庫
  7. ロマンチックをもう一杯 夢のつづきはかためを閉じて Part2 (1983年コバルト文庫
  8. 抱いてアンフィニ 新・美人案内講座1984年コバルト文庫
  9. 薔薇の冠 の庭 (1984年コバルト文庫
  10. 丘のミッキー1984-1988年コバルト文庫[全10巻]→2001-2002年コバルト文庫[新装版、全10巻])
  11. 3時のおやつ毒薬を (1984年コバルト文庫
  12. をつかまえて (1985年コバルト文庫
  13. 宝石1985年コバルト文庫
  14. デュエット1985年コバルト文庫
  15. これがオシュートメさんだ (1986年コバルト文庫
  16. キングをはりとばせ! (1987年コバルト文庫
  17. ありがちのラブソング1987年コバルト文庫
  18. あけめやみ とじめやみ (1987年ハヤカワ文庫JA
  19. お祭り少年団 (1988年コバルト文庫
  20. Speak easyたち (1988年角川文庫
  21. 裸足ブーツ1988年レディース文庫)
  22. 九十センチの迷惑 (1988年コバルト文庫
  23. の時間の時間 (1988年コバルト文庫
  24. みやは負けない! (1989年コバルト文庫
  25. 燃える1989年コバルト文庫
  26. の中のれもん (1989-1991年コバルト文庫[全9巻])
  27. MOTHER The Original Story1989年、新潮文庫)
  28. ドラゴンクエスト精霊ルビス伝説1990年エニックス[上中下巻]→1992年エニックス文庫[上中下巻])
  29. 石の ソーントーン・サイクル1 (1991年、新潮文庫)
  30. 小説ドラゴンクエストⅣ1991年エニックス[全4巻]→1992年エニックス文庫[全4巻])
    → 小説ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち2000年ドラゴンクエストノベルズ[全4巻])
  31. あなたがとても好きだから (1992年コバルト文庫
  32. けうそつき (1992年集英社
  33. いおり ソーントーン・サイクル2 (1992年、新潮文庫)
  34. 東京少年十字軍1993年コバルト文庫[上下巻])
  35. 小説ドラゴンクエストⅤ1993年エニックス[全3巻]→1994年エニックス文庫[全3巻])
    → 小説ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁2000年ドラゴンクエストノベルズ[全3巻])
  36. グラス・キャッスル (1994年飛天出版)
  37. マリコ (1994年扶桑社文庫)
  38. 記 (1994年講談社ノベルス
  39. 珠たち (1994年ハヤカワ文庫JA
  40. 劇薬マリコ2 (1994年扶桑社文庫)
  41. MOTHER2 ギーグの逆襲1994年、新潮文庫)
  42. にひらく1995年ハヤカワ文庫JA
  43. 双頭の 記2 (1995年講談社ノベルス
  44. ショパンの事情 修マリコ3 (1995年扶桑社文庫)
  45. 王のくちづけ ソーントーン・サイクル3 (1995年、新潮文庫)
  46. 小説天地創造 Light in the darkness1996年エニックス
  47. 頭痛少女の純情 (1996年、徳間文庫)
  48. 小説ドラゴンクエストⅥ 幻の大地1996年エニックス[全3巻]→1997年エニックス文庫[全3巻]→2000年ドラゴンクエストノベルズ[全3巻])
  49. 誘惑者 (1996年ベストセラーズ
  50. あいたい。 The Longest Letter (1996年TOKYO FM出版)
  51. 小説アンジェリーク異聞 剣豪倉菱関心之介 (1996年光栄
    → 小説アンジェリーク異聞 守護江戸ごよみ 剣豪倉菱関心之介 (2003年光栄[題])
  52. 小説を書きたがる人々 (1998年角川書店
  53. ドラゴンファームはいつもにぎやか (1998年プランニングハウス
    → ドラゴンファーム1 飼いの紋章 (2001年ハヤカワ文庫JA[題])
  54. ドラゴンファームのゆかいな仲間1999年プランニングハウス[上下巻])
    → ドラゴンファーム2 騎手の誇り (2001年ハヤカワ文庫JA[題])
  55. 電車1999年アスキー
  56. ドラゴンファームのこどもたち (1999年プランニングハウス[上下巻])
    → ドラゴンファーム3 師の誓い (2001年ハヤカワ文庫JA[題、上下巻])
  57. む (2000年イースト・プレス2002年光文社文庫)
  58. じゃない (2001年光文社文庫)
  59. いつかに行ったね (2001年祥伝社文庫)
  60. ここは魔法少年育成センター2002年EXノベルズ2006年GA文庫
  61. メモリーオブレイン 腐敗の帝王2002年角川ビーンズ文庫)
  62. ヒューマンファクターファクトオブヒューマン 腐敗の帝王2003年角川ビーンズ文庫)
  63. ここは魔法少年育成センター2 どうしろと? (2003年EXノベルズ2007年GA文庫
  64. HELP! (2003年光文社
  65. ここは魔法少年育成センター3 とびます。 (2004年EXノベルズ2007年GA文庫
  66. 偽悪天使2004年カッパノベルス
  67. わたしたちは天使なのよ! 放課後ファンタジスタ2005年EXノベルズ
  68. 小説エマ2005年ファミ通文庫[全2巻])
  69. プリンセスコレクション ふたりの君 2008年講談社
  70. ここは魔法少年育成センター4 …じゃない? (2008年GA文庫[上下巻])
  71. ブルー2010年理論社)
  72. プリンセスストーリーシンデレラ美女と野獣2011年角川つばさ文庫)
  73. 降るグイン・サーガ外伝232012年ハヤカワ文庫JA
  74. 水晶の檻 (2013年朝日新聞出版
  75. プリンセスストーリーズ 白雪姫女王2013年角川つばさ文庫)
  76. プリンセスストーリーズ 眠り姫と13番めの魔女2014年角川つばさ文庫)

関連商品

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%85%E7%BE%8E%E6%B2%99%E7%B9%94

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

久美沙織

53 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 02:18:10 ID: csCVMP4prn
別に映画の差し止めめてる訳でもないし当人の言う通りクレジット事前相談報連相のどっちかでもまともにやってたらね…
DQ自体にはスクエニ堀井氏に著作権があるのは知っての通り
54 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 02:55:11 ID: 1fPcAfM7cQ
小説主人公の名前を連絡なし使用自体は慣例だし問題ではないんだろう
過去にもCDシアター(昔あったDQドラマCD)は小説版の名前準拠だったけど小説作者の名前は
クレジットされてなかったし

問題は44の経緯通りなら映画で名前使うと知って折だし小説売ってもらおうかとアピールしてみたら
人情味のない対応されたってとこだろうか
55 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 02:57:28 ID: WSNjyrNjhg
ハイスコアガール騒動の時みたいに一言かければ問題なかったという人情の話ってわけか
56 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 12:29:49 ID: VVtaf6B7lK
事前に一かけて、作者の最初の要望(宣材提供小説の広報)をしてたらこじれてなかったと思う。
リュカの名前の生みの親に対するリスペクトとしては全然まっとうだし、担当者レベルでは難しくても、プロデューサークラスなら判断を下せるレベルだと思う。

それが拒否されたから義理人情じゃなくて明確な形でのリスペクトクレジットへの表記)をめたわけで。
57 ななしのよっしん
2019/08/06(火) 15:58:40 ID: u5MRFTuYrY
アストーリーのノベライズを別レーベルでやる企画があったとするなら、尚更そこでも使うはずの「リュカ」のオリジンに対する配慮は必要だったと思うよ
58 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 19:04:39 ID: fdlcRe4oSg
蓋を開けてみたら許可どうこうってレベルの話じゃなくて
あのストーリー自作主人公の名前使われるとか死んでも拒否する
なのに勝手に使われてしまった
創作者として最低最悪の気分だろう
59 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 21:41:54 ID: VVtaf6B7lK
>>58
全く的外れで身勝手な妄想だと思う。
久美氏は市村プロデューサーからのリュカを使うに至った経緯説明を受けて、感情的なほこぼれはないことを夫経由で伝えている。
60 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 01:21:22 ID: VFauH/0ylV
還暦迎えたおばさんが「通称くみにゃ」とか自己紹介してるのは痛すぎ
Twitterの話ね
61 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 01:57:37 ID: u5MRFTuYrY
仮に映画の出来に怒ってたとしたら「クレジットに名前入れろ」という要望はしないだろうな
62 ななしのよっしん
2019/08/26(月) 20:15:03 ID: saZ3U/34Ou
ネタバレになるから詳しくは言えないけどさ、
映画のあの内容だと、小説版の作者の名前を一切出さない・小説版の存在に一切触れないって明らかにおかしいんだよ。
CDシアターみたいに「DQ5小説版の展開やアイデア」を流用したとかじゃなくて、
小説DQ5の存在そのもの」が物語に関わってるの。
あれは小説版の作者と提携して、スタッフロールに協で名前も出してこそ成立する内容の映画
なんなら映画の中に作者名や小説の表を出してもいいぐらい。
でも権利関係が面倒でサボろうとしたのか、そういう本来やらなきゃいけないことを理やり避けて描写がすごい不自然なことになってる。
こんなに小説版の存在を前提としたギミック物語の中に作っておいて、
なぜ小説版の作者に一切連絡無しで強行しようとしたのかは本当にだわ。
あの映画の数少ない良かったところを肯定しようとすればするほど訴訟の件が足を引っって、
小説版の作者にあんなことしてるんじゃその良かったところも台しだろ」となる仕組みになってる。