乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です単語

ルクシオンノマスターラブラブカンサツレポート
1.6万文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』とは、は三嶋(通称わい先生)による小説、通称「モブせか」「モブに厳しい」「モブ」。出版は「転生したらスライムだった件」「転生したら剣でした」等を出版しているGCノベルズイラスト孟達(もんだ)が担当。

コミカライズ漫画)版も潮里潤作画で「コミックウォーカー」「ニコニコ静画」にて1連載中

書籍版を購入しGCノベルズWEBアンケートを答えると特典として読むことが出来る本編IFルートマリエルート」についても解説する

また、2022年4月にはTVアニメとして放送されることが決まった。

わい先生初のアニメ化に加えて、ナイツ&マジック以来のなろう出身作品ロボットアニメ2作となる。

ストーリー(本編)

イケメン死すべし!」

魔法の“乙女ゲー”の世界に転生した元日本の社会人だったリオンは、その女尊男卑世界絶望する。この世界では、男なぞは女性を養うだけの畜のようなものであった。

例外なのは、ゲーム攻略であった王太子率いるイケメン軍団ぐらいである。

そんな理不尽な遇において、リオンはある一つの武器を持っていた。そう前世で生意気な理矢理攻略させられていたこのゲームの知識である。

リオンはその知識を使い、やりたい放題の女どもとイケメンに、図らずも反旗を翻すのだった。

ストーリー(マリエルート)

世の中というのはゲームのようにはいかない。

現実世界セーブもなければ、ロードもない。

やり直しが機会ないのが人生だ。

だが、もし――やり直せるとしたら?

重要な選択肢を選び直せるとしたら、いったいどんな人生が待っていたのだろうか?

もしも、学園入学前のセーブデータがあるとして、リオンが違うを選んでいたら物語はどう進んだのだろうか?

これはそんな物語である。

概要

三嶋(以降わい先生)が、小説投稿ウェブサイト小説家になろう」に投稿連載していたWEB連載でありコミカライズ版も含め作者の知名度を大きく上げた作品、今作は長編「セブンス」等を含め書籍4作である。

主人公であるリオンフォウバルトファルが生前の理やりやらされていた乙女ゲーム異世界に転生し、相棒でありヒロインであるルクシオを借りて世界破滅の危機(一応自身の将来のため)を乗り越えていく作品となっており、「異世界転生」「乙女ゲーム世界」「悪役令嬢」「ロボットSF戦記」などこれでもかと欲セット盛り沢山の内容となっている

リオンとは別にキャラクターの1人であるマリエ・フォウラーファンは作品内では女性主人公的な役割となっており、マリ視点の内容も多くなっている、本編の流れもあるが基本的にリオンマリエは一緒に扱われることも多く、外部出演でも競演することが多い

乙女ゲーという世界タイトルのため勘違いされがちだがどちらかと言えば男向け作品であり、わい先生の作品の中では較的オーソドックスで王道展開?でところどころギャグも散りばめられている作のため初見でも優しめの内容となっている、所謂「ヒドイン」もそこまでいない・・・そこまでは

また所謂「ざまぁ系」ではあるのだがどっちかというとリオンが色々な意味で「ざまぁされる」内容であると言った方が正しいかもしれない・・・

ちなみに今作のテーマは「因果応報」であり、これは作中でリオンが説明している場面もあるがそれを照らし合わせても非常に皮が入ったテーマになっている。WEB版読了すれば尚更である。

詳しくは下記で記載しているが、本作は乙女ゲールート選択のようにWEB版・書籍版(漫画版含む)・マリエルート現在3つの別展開が存在する為、内容的には3つのルートが楽しめる仕組みとなっている。

そしてついに声優が担当するドラマCDが発売されることとなり、7月30日発売の書籍版6巻の特装版にて同時発売される。

2022年4月にはわい先生初のアニメ化としてTVアニメが放送開始予定となった。

WEB版

2017/10/01から連載され、2019/10/15にてweb本編は終了した

今作の無印とも言える内容であり全7章の176話、1~3章が「王編」4~5章が「共和編」6~7(最終章)が「帝国編」、基本的には書籍版もWEB版に沿った内容となっている。

WEB版では物語全てのは明かされず(リオンルクシオンの物語としては綺麗に終わる)、書籍版+マリエルートの伏線になっている設定や伏線も多い為、WEB版を気に入ったのなら是非書籍版とマリエルートを一読することをおすすめする。

また、作者の各作品の外伝や短編置き場である「三嶋メモ帳」にてWEB版の短編が度々開されている。

連載時は各話あとがきに小コント小ネタが掲載されており(完結した為現在は消滅、このあとがきによるコントはわい先生連載作品の定番だったりする)、( ルクシオンや( ○)クレアーレの他、共和編以降はブロッコリー化け物(゚∀゚)苗木ちゃん(後に若木に進化)がに宣伝として活躍していた(まともに宣伝もしないクセして自分語りばかりする除草剤かけたくなる雑だが

WEB完結時、コミカライズ絵師である潮里潤氏による完結お祝いイラスト開された、WEB版を読了すると非常に感慨深いイラストであると言える

書籍版

2021年11月30日に書籍版最新刊である9巻が発売、9巻よりWEB版での6章である帝国編がスタートとなる。

GCノベルズより発行されている書籍版でありWEB版にべてあらゆる所に修正や追加が施され、WEB版を読んだ読者にも楽しめる内容となっており、WEB版とべて標にしていた7章制限がない為WEB連載時は尺が少なかった共和編以降は大幅にボリュームアップしている。

書籍版は「設定の変更や追加」「アンジェリビアの出番大幅増加」「ディアドリー先輩やルイーゼなどの新キャラの追加」「共和編以降WEB版とは異なるシナリオに移行」など、WEB版とは大幅に構成が変更されている。

特に書籍4巻以降の共和編からはそもそもシナリオキャラ設定までWEBと全く違う内容になっているのでWEB版を読了した人も先が読めない展開となった。

書籍6巻と8巻はWEBにはない全なオリジナル内容となっており、前記の通りWEBと大幅に展開が異なっている共和ラストの7巻もWEB版とべほぼ別物の内容である。

コミカライズ版はこの書籍版を軸にした内容となっている、基本的にこの項では書籍版を基準に解説する。

小ネタとして書籍版裏表乙女ゲータイトル画面をモチーフにしたようなマリエと5馬鹿シルエットイラストで全巻統一されており、カバー裏シルエットになっているリオンマリエで全巻共通している

そしてこの書籍版を購入すると封入されているWEBアンケートが記載されている帯(電子書籍版だとページの最後の付にリンク先があり)のリンク先に飛び、本作3巻以降の各巻のアンケートを答えるIFルートである「マリエルート」を特典として読むことが出来る。詳しくは下記にて。

マリエルート

書籍9巻で7話が掲載

書籍3巻以降、書籍帯のアドレスから飛べるGCノベルズアンケートページ電子書籍版ではページラスト付にリンク先が記載)にてアンケートに答えると特典として観覧することが出来る本編IFルートで、現在も書籍版が発売される度に1話ずつ連載している

ちなみに1話は3万字・2話は4万字・3話は4万オーバーとボリューム的には一般ラノベの半巻分もあるボリュームで特典の域を全にえている、というか書籍版を購入すると新作が2本読めるようなものである

ちなみに最新刊が発売されていてもアンケートペ―ジ上部の作品選択メニュ―からモブせかを選択すれば書籍1巻からそれぞれアンケ―ト画面に行くことが出来るので観覧出来なくなる心配はない、特典をもらったらブクマしておくと良いだろう。

本編マリエが5馬鹿たちと交流するのをリオンが未然に防いでしまったらどうなるのか?という、本編の序盤で分岐した内容で進むIFルート(その為、各キャラ人間関係は本編よりも本来のゲームの形に近くなってはいるが、あくまで本編とは異なる形で秘密裏に物語に介入するリオン達が描かれており、結局はこのルートゲーム通りには進んでいない)であり、メインヒロインマリエとなる。

設定は本編と同じだが、本編では明かされなかった聖女初代バルファルについてなどが明かされる展開となっておりマリエルートと言うよりも聖女ルートと言うべき内容で、リオンと交流を深めなかったリビアアンジェの扱いや本編では出番の少なかったとあるキャラにもスポットが当たったり、展開も本編とは違い「リオンが知らないところで行きがどんどん怪しくなっていく」という緊感がある。

このマリエルートは本編で「最初に~すれば解決してたんじゃね?」ということを実際にやったらどうなっていたのか?「リオン物語に深く関わろうとしなければ本当に正しい展開になっていたのか?」という一種のメタ要素も含んでおり、WEB版を最終話まで読了した読者にとってはかなり衝撃的な展開で進んでいるため、書籍版を購入するのであれば是非セットで読んでおきたい内容である。

ちなみにマリエルートのみならず、マイクロマガジンGCノベルズ等)出版の作品はこのウェブアンケートを回答すれば特典SSが読める仕様があるため、モブせかに限らずGCノベルズ作品を購入していた場合、ウェブアンケートページチェックしてみよう

コミカライズ(漫画)版

潮里潤氏によるコミカライズ版であり書籍小説版を基本としているが一部設定が簡略化されている、コミックウォーカーニコニコ静画にて間連載中、単行本は2022年1月現在、既刊7巻。

書籍版で挿絵がないキャライラストが付き、潮里氏がわい先生作品好きである為かところどころWEB版のネタを使っていたりとファンサービス溢れる内容となっている。

単行本にはわい先生書き下ろしのSSが記載されている他、カバーを外すとネタイラストが毎回載っている。 また作者ツイッターアカウントにて書き下ろしイラストなどが掲載されているので、フォローしておくと良い。

キャラ可愛いリオンの表現・挿絵を再現していたりなど原作読者からも評価は高く度々重版されている為か、コミカライズ版ので本作は大幅に知名度が上昇したといえる。

世界観

登場人物

の出演はテレビアニメ版/ドラマCD版のキャストとなっている。

リオンフォウバルトファル
- 大塚剛央 / 小林裕介
本作の主人公であり勇者、この作品は彼とルクシオンの物語本編の内容である。
元は日本社会人であったが生前にからの頼みで徹夜乙女ゲームプレイしたで階段を踏み外してしまって命を落とし、リオンフォウバルファルトとして5歳の時に前世の記憶思い出し転生する。学園入学まで命がけの冒険をすることとなり、その成果で前世乙女ゲーでの最強課金アイテムこと「ルクシオン」を手に入れ共に運命を共同することとなる。
所謂相手を煽ることが得意なざまぁ系の主人公であるが実際には「一人で抱え込もうとし自己犠牲精を持つ困った人を見捨てられないお人好し」であり特に家族に関しては病的なまでに尽くす一面を持っている、というかただのシスコン
好みの女性巨乳
ゲームでの主人公であったオリヴィア悪役令嬢であったアンジェリカと関わりを持つようになりゲーム展開とは大きく異なる状況に追い込まれていく。
マリエとは当初は険悪な仲であったが3巻以降はわだかまりが解けて日々漫才を繰り広げており、困ったらすぐにお小遣いをあげるなど周りが見たら仲の良い夫婦である。
書籍版の共和編以降、WEBよりも設定が追加されており複雑な転生経路を辿って来た可性が浮上中。
マリエルートではとある好奇心からの行動マリエとすぐに接点を持った為、本編とは全く違う立ち回りをしている。
書籍版でのアンケート人気投票では全キャラ1位を保っている。
ルクシオ
- 白井悠介
( リオン相棒であり魔王であり今作のメインヒロイン異論は認めない
球体にい一つが付いた姿のロボットクレアーレとは違い男性リオンが前世で購入した課金アイテムの端末で本体は巨大な宇宙戦艦。多機な高性移民軍艦の機も持っている。
当初は自分を回収に来たリオン戦闘になるが、彼が日本語を理解した事で彼に興味を持ち、リオンから新人類でありながら旧人類の遺伝子を確認できたので彼の所有物となる。
極めて高性情報収集や資調達などあらゆる面でリオンを的確にサポートする。一方で皮を言ったり辛辣なツッコミを入れるツッコミ役でもある。
リオンの右肩がルクシオンのポジションであり、相棒としても、ある意味」としても有能である為、所謂もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなをほぼ地で行っている。
その正体はかつて滅んだ「旧人類」の遺物であり、その旧人類を滅ぼした「新人類」とその末裔である現在の人類の殲滅をいまだに諦めておらず、隙がある度にリオンを説得している。 ルクシオンの優先順位はマスターリオンの安全である為、勝率の低い敵に関しては宇宙戦艦による地球からの逃亡も勧めたが、リオン自身が命を賭ける場合はその命には逆らえない。
最初は新人類殲滅を許可してくれないリオンに疑問を抱いていたルクシオンだが、次第に関わらなくて良い面倒ごとばかりに首を突っ込み他人ばかり優先するリオンに信頼と心を開くようになる。
旧人類の製作物の為か日本的な嗜好も見られ、エアバイクに「カジキマグロ」と名づけようとするなど独特な一面も持っている。
マリエルートでは狂気的な一面も見られ、3話のラスト読者衝撃を与えた。
アロガンツ
ルクシオンが製作したリオン専用の悪役らしいコミック版では前世から課金アイテムとして登場、 ルクシオンがリオンにピッタリな言葉を選んでアロガンツ(傲慢)と名付けた。
扱い的にはロストアイテムであり大かつ重装備で鈍重そうに見えるがパワーでも機動性でも他のとは較にならない性を有し防御にも優れる、メイン武器バトルアックス
背中にはバックパックを装備しており、これを外すと機動性がアップする。
後にルクシオンが改造したエアバイク「シュヴェールト」と合体させ機動性がさらにアップした。
オリヴィアは「なんだか可愛いですよ」と言っていたが、アンジェに美的感覚がおかしいとツッコミを受けている。元々は本来主人公であるリビアが入手予定のだったからであるからか?
マリエ・フォウラーファン
- 種崎敦美
本作の女主人公、わい先生作品でいうところのヒドイン担当である。
本来リビアがいたはずのポジションにいる子爵令嬢
幼さを感じさせる容姿と小悪魔的な雰囲気を持っており、リオンは前世の思い出している。
贅沢な暮らしが的で攻略全員と交際する逆ハーレムルートを突っ走っており、リビアアンジェリカを追い落とすが、そのことがリオンの介入を招き対立する。
その正体は序盤から散々描写されているのでバレバレであるが転生者であり、リオンの前世の
関係を持った男性を高確率で駄男や残念なイケメンにし、その負担は自身に返ってくるなどとにかく男運が悪い。
学園入学前は食べられる野草や野生の狩り、そのや毛皮でマタギような生活を送る等、その見たとは裏に腕っぷしは強くサバイバルに長けている(カイルと2人だけで王都のダンジョンから聖女アイテムを回収しており、冒険者としてのも高い)
また、ラーファンでは召し使い同然の扱いを受けていた経験と、5馬鹿の世話のおかげでも高く、前世ではの店で働いていた事もあり(No.1にもなった事ある)、男女色恋沙汰の機微にも聡く、治癒魔法聖女も相まってスペックは高め。
治癒魔法が得意で聖女もあるが、オリヴィア自身の持つは所有していない。
ルクシオンの見立てでは、3サイズ70・64・75ガリガリである
ちなみに書籍3巻店舗特典である「マリエとリオンの採点結果」での両者の好感度はリオンは81点、マリエは84点であった・・・ん~なんかおかしいな?
マリエルートでは彼女ヒロインとなり、本編とは大幅に異なったルートリオンと共に進むこととなる。
序盤のWEB連載当時は「不快です!天罰を与えてください><」「○せ!」「さっさと処刑しろ!」などと心ない読者からボロクソ言われていたのだが、話が進むにつれて同情されることが多くなり、共和編に入ってからはそのあまりのおかんぶり(アクア)が好評を博し逆に人気キャラとなっていった。
分かり易く言うと「キングボンビーを5人引き連れて桃鉄プレイしている状態」である。
書籍版でも4巻の時点でアンケート人気投票では女性キャラアンジェリビアを抜かして1位になっている。
オリヴィア
- 市ノ瀬加那 / 花守ゆみり
本作のヒロインの1人。称はリビアゲーム1作主人公で瞳の色は民の特待生として学園に入学した。リオン好みの巨乳健康的な肢体の持ちアンジェとは相性120ラブラブカップル
美人だけど地味」と評されるが、傲慢さが立つ他の女子とは違った純可憐な人物であり、自己評価がやや低いが芯の強さも持っている。
治癒魔法が得意でかなりのレベルでその正体は治癒魔法を使える「聖女」の血を引く者。さらに彼女自身にもある特別ながあり、それが1作ゲームクリアに不可欠。
マリエの介入で本来歩むはずだった運命から外れて孤立してしまうが、それを見かねたリオンお茶会に誘わて以降、一緒に行動するようになる。やがて彼に想いを寄せ、ゲームとは異なる形でのシンデレラストーリーを歩み始める。
怒った時には「めっ!ですよ!」が決め台詞、意外と辛口だったり(特に5馬鹿に対して)嫉妬深かったりする。
WEB版ではヒロインではあるのだが他のキャラの個性が強すぎたせい(マリエと5馬鹿)で読者からのは薄かったが、書籍版では2巻以降大幅に出番が増量されている。
マリエルートでは本編と違いマリエの妨リオンによって阻止された為ゲーム本来通り5馬鹿と交流をしているのだが、BADENDのような進み方をしており精的に病んでしまっている。
アンジェリカラファレッドグレイ
- ファイルーズあい / 久保ユリカ
本作のヒロインの1人。称はアンジェゲーム1作悪役令嬢で瞳の色はレッドグレイ公爵令嬢で、ユリウスの婚約者。スタイル抜群でリビア以上の巨乳の持ち
性格は少々キツく、であるが曲がった事を嫌う一途な人物。やや視野が狭い所が災いして、周囲から誤解を受けることもあるが、なだけであって決して悪人などではい。
1作ユリスルートまたは逆ハーレムルートでは、後先考えないの性格が災いし、公爵に見限られ物語舞台から々に立ち去る事になる役割。
マリエ、そしてリオンの介入によって対立する理由がくなったリビアと出会う事になり、紆余曲折を経て、皮にも敵対どころか二の友と言うべき関係となる、相性120だからね・・・
ゲームでのリビアとは違い、明確な欲望を持って暗躍しているマリエがユリウスに近づく事を快く思っておらず、リオンを代理人としての決闘まで引き起こしたが結局ユリウスには振られてしまい婚約を解消。 決闘騒ぎの後はリオンリビアと一緒にいることが多くなる。
リビアを可がるようになる一方でリオン公爵に取り込もうとするが、徐々にリオンを守る方向に考えをめた。 政治家に不向きなではあるが、リアリスト思考でもあるのでリオンとの相性はいい。
彼女リビアと同じく書籍版2巻以降は大幅に出番が増加している(喫茶店に参加したりエアバイクの順序が入れ替わったりとWEBとの変更点が多い)
書籍3巻の店舗特典である「マリエの考察」によると、本来のゲーム通りの展開になったとしてもリオンと結ばれる流れになるだろうと言われている、つまり本来の断罪イベント後に学園を去って行った先はバルファルだったということになる運命の女かな?)
マリエルートでは今のところリオンとの積極的な行動はなく顔見知り程度の関係である、ただしユリウスたちの暴挙により非常に苦しい思いをしている。
ノエル・ベルトレ
本作のヒロインの1人。ゲーム2作主人公レスナスの生き残り。
共和編からのヒロインでありweb版と書籍版でキャラクター設定が大きく異なる
WEB版では共和編開始時点では登場せず、中盤以降ヤンデレ攻略に束縛されてる状態で登場し救出されるのだが、終盤までは束縛されていたトラウマからひどく怯えた状態となる。
書籍版では最初から本来の元気な性格で登場していて、ジャンと共に留学生の世話係に任命された事でい段階でリオンと出会い交流していく内に彼に恋愛感情を抱くようになる
ある理由からルイーゼに何かと絡まれており、ロイクにしつこく言い寄られリアからは冷たくされるなど色々と苦労している。
WEB版では共和編からの登場ヒロインということもあり出番もそこまで多くなくリビアアンジェ立っていなかった為か、書籍版では設定から環境までを一新してほぼ新キャラのような扱いになっておりかなりまともにヒロインをやっている
クレアーレ
( ○)との戦争時にルクシオンによって作られたゲームには登場しない女性人工知能
エルフの里の遺跡の研究所管理AIが元になっており、リビアアンジェを守る為に作り変えられ彼女達の傍に配置された。
リビアによって「アーレ」という称がつけられた。
管理AIな性格も球体になったせいか丸くなった。 旧人類側の兵器なので新人類殲滅を優先するが、穏便なのでマスターを気長に説得している。
後にリオンから「達に手を出した新人類は好きに処分しろ」と許可を得て動物実験を行っている。
基本はお気楽で明るいがマッドサイエンティストな一面もあったり、「処す?処す?」などと言って向かう新人類を殲滅しようとする怖さも持っている。
作中を通して同じ人口知である彼女の存在が結果的にルクシオンの感情に多大なを与えたのは間違いないと思われる。
マリエルートではそもそもリオンたちがエルフ浮島を訪れていないためクレアーレとして存在していない(あとがきでそのことにご立であった)
ユリウス・ラファ・ホルファート
- 逢坂良太
1作攻略の一人。ホルファート王の王太子。5馬鹿の1人で、本作の成長
リビアく「アンジェを捨てたので嫌いです!」
自身の立場に嫌気が差しており、それを理解してくれた(と誑かされた事で)マリエに中になる。結果、彼女を警するアンジェと対立。マリエとアンジェ決闘マリエの5番手の代理人として参戦するがリオンに惨敗し、説教までされるという醜態をしてしまう。
結果的に嫡され、アンジェとの婚約も解消となるが、その後もマリエと一緒にいるので決闘の誓いを反故にしており、ミレーヌからは激怒されている。
幼い頃に下町で食べた焼きが大好物であり、共和編以降は焼きに本気で取り組むようになる。
リオンとの出会いで彼の心情も変化していき、するマリエとリオンの為に奮闘するようになる。
ジルク・フィア・マーモリヤ
-
1作攻略の一人。ユリウスの兄弟5馬鹿の1人で
一番のやらかしで通称「詐欺師」、リビアく「腹黒じゃないですか!」
ユリウスへの忠心は非常に篤い。優しげな雰囲気だが意が読めず、ゲームでの攻略難度が高かった。
マリエとアンジェ決闘に4番手の代理人としてで参加し、3連勝したリオンを危険と判断し、装備を変更したり、非な手を使って殺しようとするが失敗。 結果的に実家から勘当されてしまい、クラリスとの婚約も解消となる。
用のライフルや戦を装備し、射撃の才以外は均的なだが、どこでも活躍できる万タイプで中・長距離に強い。エアバイクも乗りこなせる。
しかし、詐欺師に極端に騙されやすく、お茶詐欺に遭ってまずいお茶を買って来たり、色々な食器類の詐欺マリエが号泣するほどの借を作る悪癖は最後まで治らなかった
銭的な問題はほぼこいつと言って良い程の駄男だが、それ以外は本来のスペック上優秀なのは変わらず、何度もリオン危機を救っている。
ブラッド・フォウフィールド
- 酒井広大
1作攻略の一人。フィールドの跡取り。5馬鹿の1人でリビアく「ナルシスト!」
魔法の才に優れるが、武芸は苦手。ナルシストでありやたらと前に出たがるが打たれ弱い。
マリエとアンジェ決闘に1番手の代理人として参加。リオンと対戦するが、切り札の魔法で強化した4本のスピアを使おうとするが攻撃する前に殺され、醜態をした。
その後は元婚約者のオフリー令嬢が関わっていた空賊イベントで自分の実を認識し苦手な武芸の鍛錬に勤しむ。
自分が他4人とべ劣っていることを自覚しており、日々武術の鍛錬を積んでいる努力値な一面も持っている。
元婚約者がオフリーだったこともあり、結果的にリオンのおかげで柵から開放された。
グレッグフォウ・セバー
- 藤井達也
1作攻略の一人。セバーの跡取り。馬鹿の1人でオレンジリビアく「脳筋!」
冒険者であり、実戦経験も豊富だが、ゲームでは装備や具にこだわりがない弱点があった。
マリエとアンジェ決闘に2番手の代理人としてで参加し、当初は善戦したが、の性差で惨敗(もっとも装備を整えてもどのアロガンツには勝てなかった)。
その後は空賊イベントで自分の実を認識し、大きく成長する。得物は
決闘以降リオンのことをライバルと認識しており、煽りながらもをやり通すリオンのことを尊敬している。
書籍ではクリスとの被り防止にからブーメランパンツに変更(わい先生ダンベル見てた模様)
クリス・フィア・アークライト
- 左座
( )1作攻略の一人。を持つ剣豪馬鹿の1人で水色リビアく「構ってちゃん!」
接近戦に強く剣術に優れているが、ゲームではしか使わないので遠距離攻撃手段がなかった。
感情表現が苦手。
マリエとアンジェ決闘に3番手の代理人としてで参加する。油断はしていなかったものの、一方的な遠距離攻撃を受けて惨敗。
その後は修学旅行交戦イベントで自分の実を認識し、精的成長を遂げる。
リオンとの決闘の反省を得て戦闘剣術にこだわらず手段を選ばず遠距離攻撃の鍛錬も積むようになる。
恐らく5馬鹿の中でもっとも戦闘での成長を遂げたキャラである。
カイル
1作攻略の隠しキャラ。1作主人公が買う事ができるハーフエルフの専属使用人。
甲斐性があった頃のユリウスとジルクのマリエが専属使用人として購入。 攻略の6人の男子の中では一番常識がある。を欲しがっているが魔を持つ新人類ではないので動かせない。メリアに冷たいエルフ浮島の住民を嫌っている。
決闘騒ぎや偽聖女騒ぎなどでマリエと共に5人の世話をする内に人のマリエとの信頼関係ができた。
マリエルートでは本来の通りリビア行動を共にしている。
カーラ・フォン・ウェイ
1作ゲームでは2年空賊イベントで登場。元はオフリー令嬢の取り巻きであり、彼女の命リビアを騙してリオンに接触。
しかし、ゲーム知識からカーラが空賊と共犯と知っていたリオン空賊は討伐され、挙げ句に会話誘導によって実家ウェイの前で悪事を自させられてしまい、悪事の拠を掴まれたオフリーとその一は一掃される事になった。
幸いウェイは免れるも、カーラは捨てられて学園の見せしめにされる。そこを(リオンを嵌めた功績で)マリエに救われ、マリエの友人、もとい取り巻きになり、偽聖女騒ぎなどでマリエと共に5人の世話をする内にマリエとの信頼関係ができた。
本来のゲーム展開を考えるとマリエの世話係になった彼女は幸福になったといえる。
師匠
-
お茶会のマナーを教える教師リオンく「紳士」でお茶の腕も段違い。
リオンにとって頭が上がらない稀有な人物、相手の名前に「ミスタ」や「ミス」を付けて呼ぶ
ミレーヌとは個人的な繋がりがあり、ローランドにはと呼ばれているいることからも素性が気になるがその正体は最終章にて明かされる。
今作屈善人でありリオンを精的に支えた人物で、彼がいなければリオンは最後まで戦えなかったのは間違いない。
書籍4巻ゲーマーズ特典「リビア休日」では意味深な発言と登場をするが、恐らくマリエルートでの複線になっていると思われる。
クラリス・フィア・アトリー
リオンたちの一つ上の先輩ジルクの婚約者だったが一方的に婚約を破棄されたことでグレてしまう。取り巻きを使ってジルクやその関係者に執拗な嫌がらせを行うが、リオンの計らいでジルクから謝罪を受けけじめをつけた。
こうしてアンジェと同じくリオンに救われた事を切っ掛けにクラリスもまた好意を抱き、後に彼のお茶会に参加するようになる。 クラリスバーナードはリオン結婚させたがっていたが、身分の高いアンジェがいたので諦めた。
アトリーからはが立ち直れたお礼としてエアバイクリオンに贈呈している。
同士の交もあり、実際のところアンジェとは普通に顔染みの中である。
書籍版では彼女の問題行動の一部が別の人物に置き換えられており、悪印がほぼくなっている。
マリエルートでは本編よりも悲惨な状況になってしまい危うく処刑されかけるところであったが、すんでのところでリオンに救出された。
WEB版連載時から密かに彼女人気は高かったようで、あとがきでわい先生自身も驚いたという。
ディアドリー・フォウローズブレイド
リオンたちの二つ上の先輩髪型が特徴的な伯爵令嬢で取り巻きが多い。 ファンオース侵略軍に襲撃された際、リオンに面と向かって罵倒されたことでアブない性癖覚めてしまう。
これ以降リオンを狙っているようでお茶会に顔を出している。
WEB版でも彼女は登場するが名無し先輩扱いとなっており、実際に正式名称が判明したのは書籍版2巻からである、書籍版では以降も登場し学園を卒業して王宮で働いており用ついでにリオンのもとを訪れている。
マリエルートではドロシアが登場する。
ミレーヌ・ラファ・ホルファート
ホルファート王国王妃。ユリウスやエリカ
30代の人妻母親だが、それを感じさせない程に若々しく、大人の魅と可らしさを同居させた女性で、スタイルも全く崩れていない。
からいで来た身であるが、有能なので強い権を持つ。
ゲーム1作では悪役令嬢の味方で主人公と敵対するが、最後は認める役割。
リオンからは執心を抱かれるほどに惚れられており、自身もまんざらではない様子を見せているが、彼の婚約者であるリビアアンジェからはそれを(嫉妬論、リオン政治に利用される可性がある為)快く思われていない。
リオンからの手紙で浮き浮きする可らしい一面もあるが、仕事モードの時は強面のデキる女として優秀な一面を持つ。
婚約解消のことを含め息子であるユリウスに失望しており、ユリウスにマジギレすることも多い。
ローランドラファ・ホルファート
ホルファート王国王ユリウスの。通称クズ王」
ファンオース戦でのある一件からリオンを嫌っているが、彼の実は認めておりリオンを出世させて国家運営仕事を押し付ける嫌がらせを行い続けた。
王の座を叔父に押し付けられ、本人も罰ゲームみたいな椅子が欲しいらの気が知れないと考えており王位を嫌っている。
ミレーヌ王妃との仲は政略結婚である為、結婚を「人生墓場」と言い切るほどに冷めており、あくまでも有能な人材としてミレーヌに政を任せている。
王妃貴族たちが忙しく働いている時に愛人達と遊ぶ事情とが多く、(リオンによって)危機的状況にならないと自ら働かない為、王関係者を怒らせていた。
元のゲームでは「仮面キャラクター」としてリビアを手助けするお助けキャラだったようで性もかなり高かったらしい、その様子は帝国編やマリエルートなどでも確認出来る
本編を通してリオン最大のライバルと言って良い存在、2人によるとてもくだらない出世チキンレースは非常にわい先生らしい持ち味を出しているといえる、大人になったリオンのようなキャラ
嫌がらせの為に出世させるという類を見ない権による苛めを行うというクズっぷりを披露するが、そのあまりにも特異なキャラ付けが好評だったのか海外4chなど)ではモブせかキャラの中でも人気キャラクターとなっている。
ルイーゼ・セララウル
書籍版での新規キャラクターであり2作悪役令嬢ラウル令嬢WEB版では2に悪役令嬢は存在しなかった。
ノエルとはしょっちゅう喧嘩をしている険悪な関係だが、何故かであるレリアには手を出していない。
意地が悪い様に見えるがそれには複雑な事情が絡んでおり彼女もまたアンジェと同じく悪役令嬢とは名ばかりの善人である。
かつて亡くしたにそっくりなリオンに何かと肩入れするがその理由を周囲には秘密にし続けた。
書籍版では彼女が存在している為か父親であるアルベルクWEB版よりさらに常識的になっており、WEBとは違ってルイーゼのになったセルジュは「養子」設定に変わっている。
他のキャラべてもとても大きいな胸をしている・・・恐らく全キャラトップである
苗木(若木)ちゃん
-(゚∀゚) ( д)( )
ゲーム2作攻略男子だったナルシス先生レスナス洞窟を案内させてリオン達が六大貴族と交渉する為に用意した人質ならぬ物質(ものじち)、今ではわい先生作品におけるあとがきに住み着く化け物
書籍版のノエルによると頭の中で聞こえるは「幼女のような」らしい
WEBではモブせかのあとがきに存在していた他、別作品「俺は星間国家の悪徳領主!」のあとがきにも登場して迷惑を掛けている、大体感想欄では罵倒されてるのが定番である。悪徳領自体が他作品の宣伝的で書かれているため本編後書きとは打って変わってモブせかの宣伝に必死である。
ブライアン「変な植物が居ついてしまって辛いです・・・」

コミカライズ版ニコニコ静画公式

テレビアニメ

2022年4月より放送開始。

現在アニメ公式サイトPVではルクシオンを含め本作がロボット要素を含む作品であるということを隠しており、乙女ゲ―世界生モノとしての紹介しかされていない。

スタッフ

既刊単行本各種

書籍版(GCノベルズ)

コミカライズ版(ドラゴンコミックスエイジ)

( ●)マスタ―、こちら関連動画です

( ゜∀゜)宣伝なら任せて!他作品も良いわよ!

(´;ω;`)辛くない関連項目です…

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%99%E5%A5%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AF%E3%83%A2%E3%83%96%E3%81%AB%E5%8E%B3%E3%81%97%E3%81%84%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E3%81%99
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

69 ななしのよっしん
2021/11/27(土) 11:04:04 ID: 3VhyNh/zzn
曇らせオリヴィア
70 ななしのよっしん
2021/11/28(日) 02:30:21 ID: y+vuhfHLS/
演技エリヤ
わざと同情を引くような事をして主人公エリカを譲らせる天才
71 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 07:12:58 ID: kv92OFIlGl
マリエルート、ルクシオンが健気すぎる
72 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 17:19:22 ID: 1atPAVOBv0
とうとう書籍も3章か
リオンキャライケメンやなほんと
73 ななしのよっしん
2021/12/02(木) 23:47:35 ID: y+vuhfHLS/
書籍3章は期待のエリヤ様は一切登場しませんでした。何か深い理由があるのでしょうか?WEB版であれだけ立ってたので何かしら役があると思ったのですが。
74 ななしのよっしん
2021/12/06(月) 22:29:45 ID: bH3b0cW/cJ
アニメ化オメ!
編まではなるだろうなと予想してたけど、ルクシオンとの掛け合い、口の決闘アロガンツの魅せ方はしっかりやって欲しい。
とくにアロガンツスパロボも期待出来るし、黒騎士関係の戦いが楽しい。
懸念あるとしたら、両ヒロイン百合?と未読者マリエと5馬鹿行動か、一軍隊のがあるリオンスローライフ願望の突っ込みぐらい。
スパロボあったら、ガンダム組に突っ込まれるスローライフ願望だし、ドラグナーチームだけしか理解してくれなさそうだろ。
75 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 16:52:08 ID: dYYINn1Mr6
範囲的にもコミカライズ最新話部分の2巻終了まででだろうね
需要あるなら分割2クールなり2期で3巻部分やればいい
76 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 12:16:07 ID: Wme+ix6r8I
正直らいえるさんの方がアニメ化すると思ってた
というかあっちを先に読んだせいで
ルクシオンのイメージモニカと被る
77 ななしのよっしん
2021/12/09(木) 01:56:59 ID: FnK951BECV
新刊発売してアニメ化おめでたいけどはあいつが荒ぶってもう嫌だなぁ
78 ななしのよっしん
2022/01/14(金) 21:45:41 ID: U3OxQxlVIU
アニメ化おめ
しかし、アニメ化諸刃の剣なり
漫画から勢としては当初一枚絵を見た時の『やべっ!』感半端なかったがPV見たら少しは和らいだ(少しだけど)
正直言うと不安先行だね、最悪は魔王様リトライレベルまで行かなきゃいいかなって感じ・・・