乙嫁語り単語

オトヨメガタリ

乙嫁語りとは、森薫による漫画である。雑誌『ハルタ』(旧『fellows!』)にて連載中。

概要

山を越えてやって来た美しいのアミル20歳。彼女をめとった婿は、若干12歳少年カルルク。8歳の年の差を越えて、二人はを育んでいく・・・。

―1巻表帯より。実は「弱冠」が「若干」と誤植されている

エマ』に続く森薫の作品である。舞台は前2作のイギリスとは異なり、19世紀の中央アジアである。

登場人物の衣装や装飾品、あるいは絨毯などの調度品や木工細工品などが、非常に精緻に書き込まれているのが特徴。

登場人物

ミルハルガル
ハルガルからエイホンいだ女性20歳。が上手で天然女性だが、カルルクのことを一途に愛している。しかしその年齢差から姉弟にしか見えない。柘榴が好き。
カルルク・エイホン
エイホンの末子だが、当時の風習は末子相続なので、次期頭首である。甥っ子の面倒をよく見る、で優しい少年。アミルを妻として愛している。
ヘンリースミス
エイホンの居イギリス人。第四巻の帯にて、彼が本作の主人公であることが判明した。

関連動画

森薫大百科記事も参照。

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%99%E5%AB%81%E8%AA%9E%E3%82%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

乙嫁語り

98 ななしのよっしん
2018/02/17(土) 22:13:13 ID: +uidTHkAEW
ここにきてとんでもねえ男気の持ちが出てきたなw
良いのもとにはイケメンが集まるのか…
99 ななしのよっしん
2018/02/17(土) 22:59:52 ID: BsfG1GCJjS
あのおっちゃんさん亡くしてるんだもんなぁ。
だからこそのあの行動だったんだろうけれど、
それでも良い人すぎる。
おっちゃんに幸あれ。
100 ななしのよっしん
2018/02/18(日) 10:27:18 ID: AmygKvLhrw
おっちゃん人かよ
101 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 03:05:26 ID: nXO2Ut+z4i
最初から読んでみた。アミルぎ先は今のウズベキスタンの辺りに定住した物持ちの一家なんだね。末子相続の習慣は知らなかった。
スミスウズベキスタンからアラルの南、カスのあと山岳地帯をえてイギリスの支配地域のトルコアンカラまでラクダに乗って行くわけだけどちょっと半端じゃない距離だ。
102 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 22:19:00 ID: WnEmOPYh++
なんか感想サイトとかでおっさん天使おっさん天使言われてて
なんでおっさん天使なんだよ・・・と思ったけど新刊読んだらほんとに天使やんけ・・・
103 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 22:55:35 ID: gLFt+0eYzZ
いやおっちゃん本当にいい人だったからな
パリヤさん進まなくて辛かったけどあのおっちゃん大分和らいだ
あの人自体スミスさん以外が妻にしておくとやがて死に至る呪いがかかってるから手放して正解っぽいのもなんか笑える
104 ななしのよっしん
2018/03/05(月) 21:11:43 ID: 1V+IcCH25g
今まで19世紀のいつ頃か具体的に判らなかったけど、最新巻のやり取りからクリミア戦争終結直後~ロシアの本格的な中央アジア侵攻直前だから、1857~1863年のどこかみたいだな。
105 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 15:10:11 ID: RR5ssRovh+
スミスガバガバ人妻がくっつくとか以下にも女作者展開
106 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 01:21:47 ID: JrbLx6gNPo
アリもホーキンズもニコロフスキも良い人たちだ。
エマの時も思ったが、心底からの利己的な悪人が少なくてホッとする。
(キャンベル子爵とかアミルちゃんとかオル=タムスなんかはわりとアレだけど。)
環境も移動も通信手段も中世近代のそれ、何をするにも一々時間がかかるし、決して余裕があるわけじゃないだろうにね。
自分もこういう人間でありたいし、こういう人間関係を作っていきたいもんだ。

>>105 とか、自分の気色悪い価値観を恥ずかしく思ったりしないんだろうか。…しないんだろうな。
107 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 19:28:55 ID: VZjwzhP/ZC
スミスの股下の発情とか遊びすぎだろ。
『北北西に進路を取れ』の列車トンネルに入るシーンに匹敵するレベル下ネタだった。