乙武洋匡単語

オトタケヒロタダ

乙武洋匡とは、「動く不謹慎」の異名を取るスポーツライターエッセイスト、教師である。

来歴

「先性四肢切断」という、生まれつき両手両足が存在しない重度の障を持って生まれ、普段は電動式車椅子に乗って生活している。よく勘違いされるが、腕や脚が全くないわけではない(ごくごく短い、本人く「手羽先みたいな」腕と脚がちゃんとあり、自分で歩いたりタイピングしたりすることもできる)

早稲田大学在籍中にまちづくりサークルでの活動がテレビに取り上げられたのをきっかけに、1998年にその半生を描いた自伝「五体不満足」を出版。日本出版史上歴代3位という前の大ベストセラーを記録し、一躍有名になった。

大学卒業後はスポーツライターとして取材活動を行なうとともに、新宿区の非常勤職員を務めたり、教員免許を取得して小学校教師を務めたりと、様々な分野で精的に活動している。
2001年結婚現在父親でもある。

その思想

「障は自分の特長の一つ」「不便ではあるが、不幸ではない」という考えを持っており、必要以上に障者に気を遣ったり、障マイナスと捉えたりせず、健常者と障者が全く同じように接することができる「心のバリアフリー」を説く。
その名を一気に有名にした「五体不満足からして、「ダルマ状態のちゃんが車椅子の上でニコニコと満面の笑みを浮かべている」という、障ネタにありがちな「可哀想だけど必死に頑社会的弱者」のイメージからはかけ離れた表であった。

しかし、読者にその意が伝わることは少なく、世間からは障者の可哀想なお兄さんという視線を受け続けた。
五体不満足という本はそもそも前述のような意図で執筆されたものであり、多くの読者悲観的な受け取り方をの当たりにして、本人は少々辛い思いをしたと本音を吐露したことも。
あげくスポーツライター時代も同業者の一部からは、「障者だからたいしたものが書けなくてもちやほやされる」 という冷たいで見られたり、そういう酷な態度を取られたこともある………。 世間というのは一見優しいように見えて残酷である。

「障は特長(特徴ではなく特長)」という考え方から、自身のブログツイッターでは、周囲がになるレベルブラックな障ネタジョークを次々と飛ばす。
容姿と知名度から、2chでは後述する「Z武」をはじめ、不謹慎極まりないネタ中傷が創設当初から多く書き込まれていたが、それらの中傷も「慢心しそうになる自分に対する」と許容し、ネタの類に対しては「DAIGOさんとコラボするがお気に入り」と自ら積極的に介入する始末。(気になる人は「乙武洋匡 DAIGO」でぐぐってみよう! 多分笑っていいのか本気で悩むぞ!)

絶望してもおかしくない重度の障を抱えながら、それを100%ポジティブにとらえて笑い飛ばす姿勢と生き方は、多くの人々から「の強者」「武さんにだけは勝てる気がしない」と尊敬を集めている。

Z武

ヽ(´ー`)ノ
(___)
|   |~~
◎ ̄ ̄◎ ころころ

2ちゃんねる明期から存在した、武さんをモチーフにしたAAキャラ
あくまでも「武さんとは関係ないオリジナルキャラ」という体であり、読み方は「ズィーブ」である。
「なのさ~」という語尾が特徴。

大抵の場合は電車に引かれたり、やたら嫌らしいセリフを吐いたりと、まだまだアングラ感があった当時の2chらしい碌でもない扱いを受けるキャラだった。
現在は本人認となってしまった上に、本物の方がかに不謹慎であるためか、あまり見かけないAAである。

銀座イタリアンレストラン事件

2013年5月銀座イタリアンレストラン「TRATTORIA GANZO」にて、入店拒否される事案があった。武氏は予約した時、レストラン側に車いすユーザーであることを事前に連絡しなかった。ところが、レストランのある2階にはエレベーターが止らないため「(車いすであることは)事前に言っておくのが常識」と言われ、入店拒否されてしまった。これに関して武氏はTwitter投稿をし、イタリアンレストラン炎上してしまった。

2017年6月武氏は木島英登さんに関する記事で、銀行イタリアンレストラン事件について謝罪した。

今日は、銀座で夕食のはずだった。「TRATTORIA GANZO」というイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。

togetterまとめexitより)

それを「クレーマー」だの「プロ者」だと批判するのは、木さんに「おまえは理不尽な門前払いに泣き寝入りをすべきだった」と言っているに等しい。特に善する必要性を感じていない健常者にとってはあまり理解してもらえない感覚かもしれないが、障者にとってはまだまだ理不尽だと感じられるこの社会環境を変えていくには、あえて波を立てていく場面が必要にもなってくる。

最後になりましたが、銀座イタリアン事件については、申し訳ありませんでした。

(HuffPostJapanバニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている。exitより)

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%99%E6%AD%A6%E6%B4%8B%E5%8C%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

乙武洋匡

1618 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 01:46:19 ID: 18HxTcb2AC
>>1613
この手のタイプは自身を才溢れる善人だと思い込んでる極度のナルシスト
だから周囲もイエスマンか同類のナルシズムの塊的な炎上芸人たち
と女を手に入れた傲慢ナルシストが次に欲しがるのは地位、名、名誉

他人を見下す支配的な偽善者で障や児童を利用し成り上がった病的な女好きのゲス

みたいなイメージで観られることに本人が耐えられないと思う
そういうキャラに転向する可性はなさげ、岡田斗司夫みたいな元々胡散臭いのならいけたかもな
それに>>1617も書いてるが
この手の人たちが話す内容に真実は1%もない、人は記憶を竄する~とかってレベルではなく
1619 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 19:10:04 ID: GGSWwrb1Hu
個人の問題である不倫を暴くマスメディアが悪いって理論本当に意味不明なんだよな
確かにもくだらない不倫騒動ばっか報道するのはやめて欲しいけどこいつの問題の本質はそこじゃねーだろ
何人も愛人囲って虐めて罵ってしかもその内の最低1人は確実に愛人囲ってるような状況に納得してないしだから週刊誌タレこんでバレたんだろうが
単なる不倫問題じゃなくて立DVとか暴力行為の疑いすら暴くなって要は無法地帯をお望みなんかテメーはって話なんですわ
無法地帯ならこいつはひとも生きてられないだろうが
1620 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 00:03:48 ID: ZnAMRE+FtW
五体不満足な性欲大満足
1621 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 10:52:04 ID: cIoDRbOZhI
細谷伸之騒動関係で玉に上がってきてて
1622 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 10:56:54 ID: Mv3I1gHZak
まあ関係だろうとこいつはだから永遠にいろんな関係事案でも
かれるべき
1623 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 14:59:52 ID: GGSWwrb1Hu
とうとう幼い頃から社会下駄はかされ続けたせいでこうなったとか抜かし始めたぞ
マジで障がい者の敵だろこいつ
障がい者には構わず配慮せず弱肉強食で生き延びさせれば良いのかよ
あと構内を電動車椅子で爆走してるのも頻繁に報告されてるしマジクソ迷惑なだな
1624 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 20:09:23 ID: kfZdMuGZ3Y
昔はちょくちょく面いこと言うコメンテーターだと思ってたけど、レストラン不倫々でタダの自己中野郎に評価が変わったわ。360度も。
1625 ななしのよっしん
2019/06/03(月) 23:13:24 ID: awjBVDByzc
炎上芸人に成り下がったライターもどき
もう二度と国語の教科書はこいつの作品採用すんな

不倫経験者の武氏、原田二の不倫謝罪会見コメント
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5410048exit_niconews
1626 ななしのよっしん
2019/07/04(木) 20:45:17 ID: 8cMLuPHZk5
>>1623
者だけど、こいつのことが好きな障者はいない。
がって煽るやつはもっと嫌いだ。
言っておくが、明日の食い扶持に困る障者のほうが多数なんだよ。

おとなし穏に暮らしている障者の障になる傲慢な障者は、静かに人間社会から退場していただきたい。
1627 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 01:19:51 ID: 0e4QobINEC
結局こいつは何がしたい?何を成し遂げたの?茂木健一郎も同じだが、スキャンダルかれて鼻つまみになってからはあからさまに社会に牙を剥き始めたな。あれだけもたれかかってた世論に裏切られたら手の平返して敵になるわけね。

五体不満足にあったけど、カーステレオ武本人によるナレーションCDを聞いたことがある。まだ清潔な若者のイメージの頃だけど、子供心に「自分でナレーションするとか出しゃばりじゃね?」って思ったが、障者で善人だから敢えてそうしたんだと思うようにしてた。しかし今思えばやはり単なるエエカッコだった。

小学館の学年別学習雑誌で本人名義のドラえもんを題材にした書き物があったが、何となく読まずにスルーしたな。そして現在はこの有様。

教育の名で児童にシモの介助をさせるわ、スポーツライターを一時期名乗りながらいつの間にかブン投げてるわ、挙句に今は老害ポジにおさまるわ。障者とか抜きにこいつは何の役に立ったのだろう?メディアにとって体のいい道化だろう?

急上昇ワード