乾くるみ単語

イヌイクルミ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

乾くるみ(いぬい くるみ)とは日本ミステリー作家である。女性のような名前だが、男性。名前の由来は『匣の中』の登場人物「以縫くるみ」(さらに言えばその名前の元ネタは”ぬいぐるみ”)である。

概要

竹本健治の代表作『匣の中の失楽』を全く同じ設定で色物にしたら」という作品『匣の中』をメフィスト賞に応募するが、落選。次作の『Jの神話』で1998年にめでたく受賞&デビューを果たす(浦賀和宏、積木介と同時デビュー)。
ちなみに『Jの神話』は全寮制女子高を舞台にした本格百合ミステリと見せかけたエログロバイオホラーというかなりのトンデモ作品であり、『コズミック』『六枚のとんかつ』に続きメフィスト賞はイロモノ」という評価を不動のものにする。なおデビュー後に『匣の中』も刊行され、2015年に出た『匣の中の失楽』の文庫新装版に解説を寄せている。

2004年に発表した『イニシエーション・ラブ』と『リピート』が高く評価され代表作となる。その後『イニシエーション・ラブ』は2007年に出た文庫版が大ベストセラーとなり、人気作家になった。デビューからしばらくは寡作だったが、『イニシエーション・ラブ』が売れ出して以降は短編集を中心にコンスタントに新刊が出ていた……が、近年はまた寡作に戻り気味。

言葉にできないがなんとなく後味が悪いものが多く、作品によっては幸福なバッドエンドを体験することができる。また、短編ではやたら凝った暗号ネタを好んで書き、短編集にはたいてい1本は暗号ネタの話が入っている。

タロットカードを1枚ずつあしらった一連のシリーズがある。共通して「太郎」という人物が登場し、カードによって内容が暗示されているが、作品同士に深い関連はない。

市川いちかわ しょうご)名義で評論活動も行っている。

作品リスト

  1. Jの神話1998年講談社ノベルス2002年講談社文庫→2008年、文文庫)
  2. 匣の中1998年講談社ノベルス2006年講談社文庫)
  3. の断章1999年講談社ノベルス2003年講談社文庫→2012年講談社文庫[新装版]) 【タロット
  4. マリオネット症候群2001年徳間デュアル文庫
  5. 真紅郎と五つの2003年カッパノベルス2006年光文社文庫) 【兄弟シリーズ
  6. イニシエーション・ラブ2004年、原書房→2007年、文文庫→2015年、原書房[特別限定版]) 【タロット人】
  7. ピート2004年文藝春秋2007年、文文庫) 【タロット:運命の輪】
  8. クラリネット症候群2008年、徳間文庫) ※『マリオネット症候群』を収録
  9. ラット探偵事務所の事件簿 12008年PHP研究所2009年PHP NOVELS2011年PHP文芸文庫)
  10. 六つの手掛り2009年双葉社2012年双葉文庫) 【兄弟シリーズ
  11. 堂古書店へようこそ2010年、徳間文庫) 【兄弟シリーズ
  12. スリープ2010年角川春樹事務所2012年ハルキ文庫)
  13. セカンドラブ2010年文藝春秋2012年、文文庫) 【タロット女教皇
  14. 嫉妬事件2011年、文文庫) 【タロット嫉妬
  15. ラット探偵事務所の事件簿 22012年PHP文芸文庫)
  16. 高校探偵2013年講談社ノベルス
  17. セブン2014年角川春樹事務所2015年ハルキ文庫)
  18. 物件探偵2017年新潮社
  19. ジグソーパズル482019年双葉社

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%BE%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%81%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

乾くるみ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 乾くるみについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!