亀山努単語

カメヤマツトム

亀山努1969年7月2日~)とは、阪神タイガースに所属していた元プロ野球選手である。

現役時代はヘッドスライディングや快なダイビングキャッチといった積極的なプレー球場を沸かせ、新庄剛志と共に「コンビ」として人気者となった。

引退後は解説業の他にタレントとしても活動しており、そこでは「亀山つとむ」の名義を使っている。

概要

OB
亀山努
基本情報
出身地 鹿児島県奄美大島
大阪府大阪市港区生まれ)
生年 1969年7月2日
身長
体重
176cm
77kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 外野手
プロ入り 1987年
引退 1997年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

幼少期から双子と共に野球を始め、中学時代は兄弟バッテリー(努が捕手投手)を組み、高校時にはエース、努が3番・三塁手で活躍する。

当初はプロ入りする気持ちはく、阪神スカウトが来たときはあえて練習サボったこともあったが、最終的にはドラフト外で阪神タイガースに入団することになる。

入団後には、掛布雅之から「ドラフト外なら三拍子は気にするな、一拍子あったらいい。その一拍子を磨け」というアドバイスを受けて、肩と足を生かすために三塁手から外野手に転向。
2年89年には一軍昇格を果たすが、実不足を痛感。翌90年にはウエスタンで打率.33291年も打率.324で二年連続でウエスタリーグ首位打者くも、本人は一軍での経験から「ファームのタイトルなんて、何の値打ちもない」と考えていた。

転機となるのは92年、開幕2戦4月5日ヤクルト戦にて代走から守備固めに入り、試合が延長に入ったことから打席が回ってくるとタイムリー内野安打を放ち、その後4月8日巨人戦では真弓明信に代わってライトのスタメンに抜され、これまた斎藤雅樹から亀山の代名詞となるヘッドスライディングによる内野安打を放って一軍に残留。

4月25日には岡田彰布代打に起用(結果はショートゴロ)され、5月6日巨人戦では桑田真澄からバットを折りながらも右越えの二塁打サヨナラ打を放つ。
そして5月26日トーマス・オマリーが欠場したことで新庄剛志が初スタメンに抜され、初めて「コンビ」がい、新庄はこの試合で特大弾を放っている。

7月18日オールスターにはファン投票で初選出され、後半戦も「フィーバー」でチームを勢いに乗せ、チーム9月19日に7連勝を記録する等好調を維持していたが、終盤になると選手も優勝を意識したことで硬くなってしまい、亀山自身も調子を落としてしまう。

そして10月10日、優勝争いを繰り広げていたヤクルトスワローズとの直接対決に敗れ、阪神2位に終わった。
亀山はこの年131試合で打率.287、4本塁打28打点、15盗塁という成績を残した。

93年も活躍が期待されたが、シーズン途中で頭からのダイビングキャッチを試みた際に右肩を脱臼してチームを離脱。
94年は事に一軍に復帰し、105試合で打率.284、9本塁打28打点、5盗塁と復活したが、95年には外野守備の際にグレン・デービスと接触し折という重傷を負ってシーズンを棒に振る。
これを機に出場機会が減し、97年に28歳の若さで現役を引退した。

現役引退後

引退後は野球解説者及びタレントとしての活動を行うようになり、芸名を「亀山つとむ」としている。

また、大阪少年野球チーム「枚方リトル」の導も務め、就任初戦こそ0-17で大敗するも熱心に導を続け、99年には荒木大輔の「調布リトル」以来日本チームとしては23年ぶりに世界一いている。

なお現役引退後は体重が増し、現役時代のスラリとした体からは想像できないほどの肥満体となってしまったことをしばしばネタにされている。

通算成績

通算:8年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 377 1248 1100 142 291 14 72 27 26 3 115 4 243 24 .265 .336

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%80%E5%B1%B1%E5%8A%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

亀山努

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 亀山努についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード