二刀流単語

ニトウリュウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

二刀流とは両手にを構える剣術のことである。

生して異なる2種類のものを同時に使いこなす意味でも使われる。

概要

一般的な剣術では日本剣術のように両手で一本のを構えるか、西洋剣術のように利き手に片手剣を持ちもう一方になどを装備するのに対し、両手に一本ずつを構えて戦う技法の事。
現代では剣道の試合で、成年者は両手に竹刀を持つ二刀流での出場が公式に認められている。

アニメ漫画などでは両手に太刀大剣を構えるスタイルがしばしば見られるが、日本剣道では片手に太刀(本差)、もう片方にはの短い小太刀脇差)を。またヨーロッパ剣術ではレイピアマンゴーシュ(短)をそれぞれ構えるなど、一般的には長短2種類の武器を構える例が大半である。また流によっては短を逆手持ちにする事もあったり、東南アジアではトンファーや釵を装備したり双剣のように両方とも短を装備する事もある。

他にも、フィクション作品の場合は腕が3本以上あったり、様々な部位でを同時に操る描写もままに見られるため、一緒に持つ武器の数から「X流」という名前でられる場合が多い。『ONE PIECE』のゾロ(三流)が有名であるか。

二刀流の最大のメリットは両手に武器を構えることにより手数が増えることや、攻撃・防御のバリエーションが増えることにある。先述の通り大小2種のを組み合わせて使用するのも、2種類の間合いを取ることで攻撃のチャンスを増やす事が出来るからと言われている(長で相手のを払いつつ突撃し短で相手のを刺すなど)。

しかし実際に二刀流を扱うにはメリットよりもデメリットのほうが多い。
例えば

  • 両方のに集中するあまり、どちらも中途半端になってしまう。
  • どちらの得物も利き手と同じように操作しなければならない場合がある。
  • 両手で扱うことが体のや両手専用のもある(前者は日本刀や片手半後者ツヴァイハインダ―など。)
  • で防御も行う場合、十分ないと両手持ちのの攻撃を受けきれない [1]
  • 二刀流を扱う人が少ないので、教えを受けにくい

などである。

だが、剣道などでは逆に「二刀流と戦った経験がない」選手が大半なので試合を有利に運べる可性もある。
但し剣道の場合には基本的に小太刀での打突は「有効」と認められない(正確にはルール上は小太刀でも有効なのだが、「心・技・体」がしっかりった打突を決める事が小太刀では難しいので、事実不可能)。

しかし、こういった欠点を補ってもなお魅的なのは、やはり「格好いい」ロマン溢れる剣術故であろう。

二丁拳銃

また二刀流と同様のケースとして、2つの銃器を両手で同時に扱うことを「二丁拳銃」と呼称する。

こちらは西部劇やスパイ映画など、が登場する作品で見られる機会があると思われる。ちなみにこちらも間的に高い火力を得ることが出来るというメリットに対し、片手で保持すると照準がぶれる、を保持した状態でリロード出来ないなど、現実性が乏しい。

プロ野球における二刀流

プロ野球において二刀流とは投手と野手を兼任している選手の事をす。

当然ながら双方を同時にこなすことは体の消耗がしく、成績もどっちつかずなものになる可性が大きいため現在ではほとんどおにかかることはないが、プロ野球明期においては選手が不足していたために野手と投手を兼任し、中には両方で結果を残した選手も確かに存在する。

また厳密には二刀流とは言い難いが、打撃の良い投手代打として登場したり(例:桑田真澄金田正一)、投手立った結果を残せず、野手に転向して大成する(例:愛甲猛嶋重宣石井琢朗など)選手も存在する。

近年では北海道日本ハムファイターズに入団した大谷翔平が二刀流に挑戦したことで話題を呼んでいる。 

 主な二刀流経験選手

関連動画

関連商品

関連項目

一般項目

著名な二刀流(X刀流)の使い手

 

脚注

  1. *日本以外の地域では片手専用と両手専用のが同時期に存在したことはあまりなく、あったとしても滅多に遭遇しなかった。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E5%88%80%E6%B5%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二刀流

182 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 03:56:46 ID: 8zIMoV3hSI
>>180
なるほど、誤解があった。ありがとう

>>181
防御機を重視するならなおさら二の方が堅だけどね
十字受けはもちろんのこと、相手が動き方も動くなら片手持ちの小太刀で諸手の太刀を受けることも難しくは
戦時はが中心であろうことはその通りだと思うけど

腕の疲れについてはなんとも言えないが、武蔵法であればそもそも腕で振るような操法ではないから何時間も絶え間なく戦うとかでなければ心配をする必要はないんじゃないかな

が傷む々についてはそもそも生き死にかかってる状況でそんなん気にするのかって感じではあるが、差料の問題というのはけっこういいとこ突いてると思う
「そもそも普段から二本差しの人間ってどれだけいるのよ」って話で、当時でもは決して安い買い物ではなかったろうし何より剣術たる用途が時の護身にあった以上、1本のを使った剣術が発達するのも理からぬ話ではあると思う
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
183 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 12:39:15 ID: ac0FSetUYf
まあ二刀流日本剣術では少数であるのは確かなので、どうしてもまずはネガティブな方向で論じてしまうのは仕方がない。
技術の勝敗は優勝劣敗で考えられてしまうものだからね。
とはいっても、「弱いから」「使いにくいから」というのは推論ではあっても結論にはなりえない。
そんなすぐ解るような話なら、そもそも二技法がメインの流が存在すること自体の意味が解らない。
世間にあふれる二刀流議論が、「二刀流は使えない」という結論の「ための議論」になってしまっているから資料や現実から乖離しているというのはある。
ベータVHSに勝てなかった例もあるし、ブラジリアン柔術も世間に出るまではマイナーな技術だった。
世間的な周知がある、広く伝わっているということと実用性、有効性は必ずしも=ではないということは肝に銘じておいた方がよいと思う。
184 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 13:30:49 ID: ac0FSetUYf
>>181
の方が戦場で使われていたという話は、どうにも状況というのを視しているきらいがある。
屋内戦、の中での戦い、が使いにくい状況はいくらでも考えられる。
というか戦場で使われないのならば、何本もにさしてもっていく理由がない。

あと、戦場以外で戦わないように考えるのは前提としてやはり問題があって、田豊五郎などは義の太刀といえども戦場では利が少ないというようなことを書いているし、柳生石舟斎も兵法(剣術)は戦場で使うものではないと書いてる。
関東神道流系には戦場での使用の話があるから、伝承されている地方差は関係があると思われるが、基本、剣術というのは日常の延長での護身か、試合、決闘で用いるものだったと思う。
そしてそういうのは日常風俗衣装…身の回りのものを使って戦う技術が優先されると思われる。江戸時代が強くてもを持ち歩かないから剣術をやった、くらいに考えればわかりやすい。

そして多分、剣術ができた頃は武士は二本差ししていない。そこらは当時のことを書いた絵
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
185 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 14:01:35 ID: 96CSogvpKw
実際武器を持ってみたら分かるけど
二刀流なんてメリットないよ

軽いプラスチックの棒とか握って二刀流してたら
強いんじゃね?と錯覚するかもだけど
186 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 04:06:14 ID: 8zIMoV3hSI
諸流に二があり、新陰流にいたっては二対策までわざわざ伝書に書き残してるんだけどなぁ
柳生にいたってはに取り入れてるし(尾では円明流が伝承されていた)
187 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 15:33:26 ID: fFvd8otPtO
武蔵二刀流って、二刀流できる腕と技術があれば一流が上達するから練習してみ的な物じゃなかったっけ?
空手とかと同じで実践で使うものではなく、体の使い方、器用さ、筋肉トレーニング的な物だと思う
戦闘中に片手を負傷しても、もう片方で戦えるわけだし
188 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 09:32:26 ID: 8zIMoV3hSI
>>187
「二を振ってりゃその内慣れてくるから大丈夫だよ」みたいなことは五輪書で書いてるね。
あと戦場ではは両手で握るのではなく片手で扱うものだから、二の鍛錬してれば戦場でも役立つよ!という話もしてる。

ただし勘違いはして欲しくないのだけど、武蔵は腕ではなく技術でを振るように説いてるし、なにより拍子(タイミング)を重視している。
そして少なくとも五輪書において武蔵が書き記しているのは二技術のみ。
による試合の記録も残ってるので、やはり武蔵流は二体の流と考えるんがベターじゃないかなって思う。
189 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 11:19:18 ID: ac0FSetUYf
の円明流は一時期かなり栄えてたらしいからね。
柳生流は連也斎が有名ではあるが、この頃、かなりの子が円明流に転向してるという話もある。
これは強い弱いとは関係なく、連也斎が殊更に厳しかったからって説もあるけど…。

二刀流メリットとかデメリットとか、日本二刀流が少ないのをどうしてもそういう方向で論じたがる人がでてくるけども、世界規模で考えれば両手持ち剣術の方が少数だからなあ。
日本というミクロでは多数、世界というマクロでは少数という現実を前にすれば、少なくとも世界の大多数の人間にわかりやすいような普遍的なメリットがあって両手持ち剣術日本で選択されたのではないというのが解る。
日本刀という武器が特殊であるという考え方もあろうが、シャシュカのような日本刀とかなり似た形状と重心、長さの片手持ちサーベルもある。
日本でも片手打ちと言われるがあるし、自体が多用で多なんだよなあ。
思うに、たまたま、両手持ちの頃の剣術が流行った頃に近世が終わっただけで、もしも剣術が流行った時期が何年か前後にズレてい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
190 ななしのよっしん
2019/08/24(土) 00:24:43 ID: JLbYQXqpZE
中国五胡十六国時代じゃ右手に戟、左手を持つ
とんでも二刀流使いで異民族絶対殺すマンとか言う
マジキチ野郎がいる。
191 ななしのよっしん
2019/09/06(金) 03:45:34 ID: ac0FSetUYf
古代中国の話は何処まで信じていいものか…
本邦でも薙刀太刀二刀流の武者なんてのがたまに絵巻にでてたか。
流には薙刀と小太刀二刀流なんてのがあるから、そちらは幾分か事実かもしれないけど。