二刀流単語

ニトウリュウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

二刀流とは両手にを構える剣術のことである。

生して異なる2種類のものを同時に使いこなす意味でも使われる。

概要

一般的な剣術では日本剣術のように両手で一本のを構えるか、西洋剣術のように利き手に片手剣を持ちもう一方になどを装備するのに対し、両手に一本ずつを構えて戦う技法の事。
現代では剣道の試合で、成年者は両手に竹刀を持つ二刀流での出場が公式に認められている。

アニメ漫画などでは両手に太刀大剣を構えるスタイルがしばしば見られるが、日本剣道では片手に太刀(本差)、もう片方にはの短い小太刀脇差)を。またヨーロッパ剣術ではレイピアマンゴーシュ(短)をそれぞれ構えるなど、一般的には長短2種類の武器を構える例が大半である。また流によっては短を逆手持ちにする事もあったり、東南アジアではトンファーや釵を装備したり双剣のように両方とも短を装備する事もある。

他にも、フィクション作品の場合は腕が3本以上あったり、様々な部位でを同時に操る描写もままに見られるため、一緒に持つ武器の数から「X流」という名前られる場合が多い。『ONE PIECE』のゾロ(三流)が有名であるか。

二刀流の最大のメリットは両手に武器を構えることにより手数が増えることや、攻撃・防御のバリエーションが増えることにある。先述の通り大小2種のを組み合わせて使用するのも、2種類の間合いを取ることで攻撃のチャンスを増やす事が出来るからと言われている(長で相手のを払いつつ突撃し短で相手のを刺すなど)。

しかし実際に二刀流を扱うにはメリットよりもデメリットのほうが多い。
例えば

  • 両方のに集中するあまり、どちらも中途半端になってしまう。
  • どちらの得物も利き手と同じように操作しなければならない場合がある。
  • 両手で扱うことが体のや両手専用のもある(前者は日本刀や片手半後者ツヴァイハインダ―など。)
  • で防御も行う場合、十分ないと両手持ちのの攻撃を受けきれない [1]
  • 二刀流を扱う人が少ないので、教えを受けにくい

などである。

だが、剣道などでは逆に「二刀流と戦った経験がない」選手が大半なので試合を有利に運べる可性もある。
但し剣道の場合には基本的に小太刀での打突は「有効」と認められない(正確にはルール上は小太刀でも有効なのだが、「心・技・体」がしっかりった打突を決める事が小太刀では難しいので、事実不可能)。

しかし、こういった欠点を補ってもなお魅的なのは、やはり「格好いい」ロマン溢れる剣術故であろう。

二丁拳銃

また二刀流と同様のケースとして、2つの銃器を両手で同時に扱うことを「二丁拳銃」と呼称する。

こちらは西部劇やスパイ映画など、が登場する作品で見られる機会があると思われる。ちなみにこちらも間的に高い火力を得ることが出来るというメリットに対し、片手で保持すると照準がぶれる、を保持した状態でリロード出来ないなど、現実性が乏しい。

プロ野球における二刀流

プロ野球において二刀流とは投手と野手を兼任している選手の事をす。

当然ながら双方を同時にこなすことは体の消耗がしく、成績もどっちつかずなものになる可性が大きいため現在ではほとんどおにかかることはないが、プロ野球明期においては選手が不足していたために野手と投手を兼任し、中には両方で結果を残した選手も確かに存在する。

また厳密には二刀流とは言い難いが、打撃の良い投手代打として登場したり(例:桑田真澄金田正一)、投手立った結果を残せず、野手に転向して大成する(例:愛甲猛嶋重宣石井琢朗など)選手も存在する。

近年では北海道日本ハムファイターズに入団した大谷翔平が二刀流に挑戦したことで話題を呼んでいる。 

 主な二刀流経験選手

関連動画

関連商品

関連項目

一般項目

著名な二刀流(X刀流)の使い手

 

脚注

  1. *日本以外の地域では片手専用と両手専用のが同時期に存在したことはあまりなく、あったとしても滅多に遭遇しなかった。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E5%88%80%E6%B5%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二刀流

211 ななしのよっしん
2020/12/07(月) 19:02:06 ID: IeAKtRLQUK
自体が戦国時代は全然使われてなくて
海外の戦と同じでだし
戦争での強さとかあんま関係ない
江戸時代平和で暗殺やテロが相手だったから
携行しやすく保安や護衛に向いてるが注された

現代で例えるなら警官のピストル戦車を破壊する対戦車ライフルべて
ピストル戦争で使い物にならんって言うようなもん
212 ななしのよっしん
2020/12/12(土) 19:24:52 ID: Irc+mIKmF7
戦国時代などの合戦で、全然使われなかったという言説がよくネットで言われるけど
実際には情報の偏りが強い史料を統計()して出したトンデモ説の類い
ぶっちゃけどの武器がどの程度の頻度で使われたかにもわからない

幕末テロで活躍した々も上記のトンデモセットで言われるけど
中世風俗日常生活の研究が進んでいなかった頃についた偏見
213 ななしのよっしん
2021/01/08(金) 14:26:38 ID: ac0FSetUYf
戦国時代に使われてなかったというのは、軍忠状にある負傷記録を統計しての割合が少ない、戦場では有用ではなかった…とする鈴木先生あたりの言説が曲解されたものみたいね。
鈴木先生は「戦場役ではなかった」というもので、「有用性」という書き方をしている。
効果が低い武器というであって、使われてなかったというものではない。

そもそも負傷数=使用率とすること自体がおかしな話で、のような効率の悪い武器を武装した相手に対して使用して、怪を確実に負わせることができるかというと疑わしい。負傷者よりかに多くの使用者がいたと考えてよいと思っていい。

ちなみに鈴木先生は、戦場ではを使う場合は片手で使用していたとも書いている。
214 ななしのよっしん
2021/01/08(金) 14:37:00 ID: ac0FSetUYf
中世から近世にかけては日常的に殺し合いが起きてたので、むしろはその頃によく使われていたと考えていいんじゃないかね。
とか薙刀の方が殺傷が高い武器であるには違いないが、さすがにそんなものは戦場以外ではめったに持ち歩くものでもないので。

中世の庶民は一尺八寸から二尺一寸くらいの短めの打刀を所持し、足軽もそういうものを携帯していたが、どうもこのくらいのの方が使いやすいらしい。
幕末の頃にも同様の報告がある。定寸が定まったのは色々と言われているけども慶長年間くらいのようで、その頃には殺し合いも少なくなったので、取り回しのよさよりも見栄えや威を重視した、長いものが携帯されだしたのかもしれない。
武器を実用しない人間が、操作性より威リーチの方が重要と考えてしまうのはありそうな話だしね。
215 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 10:46:01 ID: 1Gy/8HsV8Z
1対1で何でもありの殺し合いなら強いかもしれないが、そもそもそんな状況になること自体が少なかったんだろうな
剣道なら厳密にルールが定められてるし、合戦ならメインウェポン足りえないし、幕末なら少人数の集団戦が多いしで
決闘が多かった宮本武蔵の逸話で二が広まったのはそういうレアケースだったからってのもあるかも
216 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 19:30:00 ID: Irc+mIKmF7
武器の用法は日常具のそれの延長的なところもあるから
や手のように1つの具を片手で使うか
鍬や鉞のように両手で使うかの二種が
太鼓のバチのような一対の具を両手に1つずつ持って使う具は身近じゃなかったがため二刀流の発想・行動になかなか至れなかった

そもそも2本差しの習慣が普及したのは近世ともいわれてるし

り合うような喧が多かった室町時代でも、いきなり発生するもんだから、たまたま2本差してたとしても抜く暇がない
217 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 21:31:16 ID: Irc+mIKmF7
あと二刀流は使える場面は一べ少なく、
術自体が秘密義めいたところがあるので、ある意味の手的な扱いだったから(その流の)当の代替わりやら世代事の方針転換で
歴史に埋もれてマイナー化したんじゃないか

伝統の中身は200年で変化するって話もある
218 ななしのよっしん
2021/01/19(火) 06:37:19 ID: ac0FSetUYf
>>215
乱戦だとむしろ二刀流が効果があったらしいから、ケースバイケースじゃないかな。日本での合戦のそれで二刀流が少ないのは、そもそも二本差しの習慣がかなり後のものだったとか、戦場での活動のためには片手をけておく必要があったからだと思う。
219 ななしのよっしん
2021/01/19(火) 06:41:29 ID: ac0FSetUYf
>>216
>武器の用法は日常具のそれの延長的なところもあるから
>や手のように1つの具を片手で使うか
>鍬や鉞のように両手で使うかの二種が

どんなものかな。それ言い出したら東南アジア中国の二双剣の説明がつかなくなるし。
両手それぞれの手に具を持つのは、剣盾なんかもそうだし、これも洋の東西を問わずある。
日本での二刀流が少ないというのを、普遍性のある事からと論ずるのは難しいと思う。

剣術明期の念流、中条流にはすでに二刀流っぽい形名があるから、発想に至らなかったってことはないと思う。
単純に習慣としてその頃はあんまり二本差ししてなかったとかじゃないかな。
220 ななしのよっしん
2021/01/19(火) 06:50:02 ID: ac0FSetUYf
>>217
二刀流自体は江戸初期は江戸にあった鉄人流などから色んな流に取り入れられたようです。
二刀流る』という戦前に出された二刀流研究本には、色んな流二刀流があるが、多くが鉄人流のがあるというくらいで。
やはり地理的な事情が伝承分布には強く関わると思う。

武蔵の流そのものは直子のいた尾、播磨や肥後…から筑前、越後などに伝わった系統は各地でそれぞれ栄えていたらしい。
談には九州でもっとも栄えているのは武蔵流だってあるくらいだし、各地の二刀流にも言及されているし。

現在二刀流マイナーであるという考え方は、事実としても絶対数として一体が多かったのは確かではあるけども、実態以上にマイナーさが強調されているきらいがある。

急上昇ワード改