二刀流単語

ニトウリュウ
2.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

二刀流とは両手にを構える剣術のことである。

生して異なる2種類のものを同時に使いこなす意味でも使われる。

概要

一般的な剣術では日本剣術のように両手で一本のを構えるか、西洋剣術のように利き手に片手剣を持ちもう一方になどを装備するのに対し、両手に一本ずつを構えて戦う技法の事。
現代では剣道の試合で、成年者は両手に竹刀を持つ二刀流での出場が公式に認められている。

アニメ漫画などでは両手に太刀大剣を構えるスタイルがしばしば見られるが、日本剣道では片手に太刀(本差)、もう片方にはの短い小太刀脇差)を。またヨーロッパ剣術ではレイピアマンゴーシュ(短)をそれぞれ構えるなど、一般的には長短2種類の武器を構える例が大半である。また流によっては短を逆手持ちにする事もあったり、東南アジアではトンファーや釵を装備したり双剣のように両方とも短を装備する事もある。

他にも、フィクション作品の場合は腕が3本以上あったり、様々な部位でを同時に操る描写もままに見られるため、一緒に持つ武器の数から「X流」という名前られる場合が多い。『ONE PIECE』のゾロ(三流)が有名であるか。

二刀流の最大のメリットは両手に武器を構えることにより手数が増えることや、攻撃・防御のバリエーションが増えることにある。先述の通り大小2種のを組み合わせて使用するのも、2種類の間合いを取ることで攻撃のチャンスを増やす事が出来るからと言われている(長で相手のを払いつつ突撃し短で相手のを刺すなど)。

しかし実際に二刀流を扱うにはメリットよりもデメリットのほうが多い。
例えば

  • 両方のに集中するあまり、どちらも中途半端になってしまう。
  • どちらの得物も利き手と同じように操作しなければならない場合がある。
  • 両手で扱うことが体のや両手専用のもある(前者は日本刀や片手半後者ツヴァイハインダ―など。)
  • で防御も行う場合、十分ないと両手持ちのの攻撃を受けきれない [1]
  • 二刀流を扱う人が少ないので、教えを受けにくい

などである。

だが、剣道などでは逆に「二刀流と戦った経験がない」選手が大半なので試合を有利に運べる可性もある。
但し剣道の場合には基本的に小太刀での打突は「有効」と認められない(正確にはルール上は小太刀でも有効なのだが、「心・技・体」がしっかりった打突を決める事が小太刀では難しいので、事実不可能)。

しかし、こういった欠点を補ってもなお魅的なのは、やはり「格好いい」ロマン溢れる剣術故であろう。

二丁拳銃

また二刀流と同様のケースとして、2つの銃器を両手で同時に扱うことを「二丁拳銃」と呼称する。

こちらは西部劇やスパイ映画など、が登場する作品で見られる機会があると思われる。ちなみにこちらも間的に高い火力を得ることが出来るというメリットに対し、片手で保持すると照準がぶれる、を保持した状態でリロード出来ないなど、現実性が乏しい。

プロ野球における二刀流

プロ野球において二刀流とは投手と野手を兼任している選手の事をす。

当然ながら双方を同時にこなすことは体の消耗がしく、成績もどっちつかずなものになる可性が大きいため現在ではほとんどおにかかることはないが、プロ野球明期においては選手が不足していたために野手と投手を兼任し、中には両方で結果を残した選手も確かに存在する。

また厳密には二刀流とは言い難いが、打撃の良い投手代打として登場したり(例:桑田真澄金田正一)、投手立った結果を残せず、野手に転向して大成する(例:愛甲猛嶋重宣石井琢朗など)選手も存在する。

近年では北海道日本ハムファイターズに入団した大谷翔平が二刀流に挑戦し、さらに2018年からMLBに転向して、ロサンゼルス・エンゼルスにおいて二刀流をアメリカ全土に知らしめたことで話題を呼んでいる。アメリカ人にとっては、野球伝説的選手、ベーブ・ルースを思い起こさせることもあって さらに話題を沸騰させている。

 主な二刀流経験選手

関連動画

関連商品

関連項目

一般項目

著名な二刀流(X刀流)の使い手

 

脚注

  1. *日本以外の地域では片手専用と両手専用のが同時期に存在したことはあまりなく、あったとしても滅多に遭遇しなかった。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E5%88%80%E6%B5%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二刀流

235 ななしのよっしん
2021/09/21(火) 18:52:48 ID: Whi1XE5Iqh
>>233
現実で考えるなら仮に二刀流の効果をの代用物として小化して評価しても、バックラーを携行する習慣のない時代や地域なら二刀流の技法の方が脇差・山ナイフ十手・その他の棒状具を使える・代用できるという十分な利点があると思う。
と二を現場で適宜切り替えるのにべ、と二の切り替えは物質的にも修得技法的にも容易ではなく、互いにより排他的になる(とも西洋剣術見ると限らない気もするが…)ので、複数の利点があるとどれが要素か区別して流分布から用法を逆算するのは難しいかも。
としての利点だけではないはずと考えてるが、まだ十分には理解できてない。具体的な技法から考察を進めた方がいいのかな。
236 ななしのよっしん
2021/09/21(火) 19:40:24 ID: Whi1XE5Iqh
コンピュータと言えば何年か前に剣道距離データを測定して間合いの変化を数値化しようとする研究があったな。
正直コンピュータやらせるには間合いや防御技術の理論化とかが全然足りてなくて、何が予定調和な結果なのかすら、達人や趣味人の個人的な思索でしかわかっていない。
ゲームとかでも過程無視して"強さ"のような抽的な要素で勝率や負傷程度を決めたり、2D格闘ゲームの"しゃがみ""ジャンプ技"ように全にゲーム化するかしかない。

むしろコンピュータ剣道剣術ができるようになった方が戦術理解が進んで人間がやるにも面くなると思う。正の技だけでも互いの状況から多な変化が生まれるし、いくら璧な理をシミュレーション上で見つけても現実の身体に実装して状況に即して実行する方法は結局当人の鍛練以外にないしな。
ボクシング野球将棋みたいな行的な注があるわけでもないし、ブシドーブレードが流行する事もないだろうから、今後も研究速度が劇的に向上する望みは薄そうだが。
237 ななしのよっしん
2021/10/07(木) 02:22:34 ID: ac0FSetUYf
>>235
んー。どうも上手く話が伝わってない感じがあるが…

二刀流の特徴的な効果について、使用者に聞き書きしたところだと、間制圧的な要素が強い感じ。としての要素も当然あるけども。

という武器は触れるだけで怪する可性があるから、切っ先を向けられるだけでカウンターを警せざるを得ず、受けるなり躱すなりの回避行動をとるのだけど、向けられる切っ先が倍になるだけで作用する範囲がかなり広がる。

ただまあ、これはソフトタッチでも効果があるだろうスポチャン、あるいは真剣勝負みたいな状況では劇的な効果がでるけど、小太刀の打ちが実質効果なしに判定される現代剣道などでは、効果のほどは半減すると思われる。
238 ななしのよっしん
2021/10/07(木) 02:33:27 ID: ac0FSetUYf
現状では二刀流が少数なのは、二本差しの習慣が定着したのが正くらいからだという文化風俗的な要素が強いみたいね。これはここに何度も書いたが、二技法そのものは古くからあるが、常に二本の携帯している環境でなければ、二刀流メインになる流ができるかは難しいと思われる。

伝播範囲が狭いのも、文化発信のセンターである江戸たまたま場がなかったからで大方の説明はつく。
ただ、江戸初期に武蔵系の青木鉄人場があり、恐らく心形流、田宮流の二技法はここから取り入れられたものと考えられる。他にもあったというが、手元に資料がないので全部は書けない。

他にも色々と要因はあるだろうけど、伝播した地域では行くなくとも武蔵流系の二刀流はかなり栄えていること多いし、武蔵二刀流が一代限りだとか、実戦ではどうこうとか、習得が難しかったとかの世間に流布している話は、だいたい剣術史がよくしられてなかった頃に書かれた、小説家創作が多い。
239 ななしのよっしん
2021/10/30(土) 17:11:53 ID: Whi1XE5Iqh
>>237
基本的にそちらが書いてる内容は全面同意してるから遠な書き方になってる、すまんね。

>>232の「片手剣+」と違いがあるのか?に対する回答は例えばそちらの>>237で良いと思う。
>>233の後半で書かれた武蔵流が栄えている事に関して、「一普及地域にも二刀流が居る」傍にはなっても「較して違いがある」事の傍にはならないと考えたので、もう少し踏み込んで書いた方がいいのではと思ったのが>>235
つまり日本では二刀流普及期にの使用が少なく、仮に有っても用法以前の条件でも説明できてしまうので、普及の例だけでは二刀流の用法上の違いがあるのかないのかはっきりしない。
ヨーロッパ二刀流の共存期の直接的な較評価や、現代でそれぞれの使用者から聞ける特徴の較があればより良いはず。
240 ななしのよっしん
2021/11/07(日) 09:14:40 ID: ac0FSetUYf
>>239
二刀流の違いは、小太刀武器として作用するから、相手に接近に対するカウンターとして牽制できる、距離的に相手を近づけさせないという面がある…もっとも、攻撃というだけならばで攻撃する方法もあるから、距離を離せるという方向で考えた方がいいかもね。

ただ、一番大きいのは携帯性だと思う。通常、手戦場かそれに近いところでないと持ち歩かないわけで…
剣術使用の技法があるのかないのかでいえば、古いの絵伝書をチラ見したことがあるが、何処の流か忘れた。現存する流でも特殊な手を使用する流はないでもないけど、そこはそのものが特殊なのであまり参考にならない。

ただ、日本におけると片手って基本的に歩卒の装備なので、上流階級が学んでただろう中世剣術ではあんまり需要はなかったようにも思う。合戦絵巻では手兵士の絵がたまにでてくるけど、あんまり身分高そうにない。

あと技法的なところでいうと、正面からの打ちに対して、十字留めは多くの二技法のある流でかなり共通なので、有効性
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
241 ななしのよっしん
2021/11/07(日) 09:31:23 ID: ac0FSetUYf
技法ではなく、較文化的というか、手がある文化と手がない文化で考えるなんてことも可かもしれない。

剣術は何処のでもとは言わないけど、多くのにあるし。
とはいっても、中国だけでも膨大な剣術があるのに、その上にフィリピンやらタイビルマなども含めて論じられる人間もそうはいないか。

自分にもできない。印でならいくらでもいえるが、東南アジア武術もなかなか豊だから、何かしら反がすぐでてくるかもしれないし…

うだけうのなら、は小さいバックラーなら別として、基本的に戦場具だから、平和な時代の日常的に使用する護身術としての武術に使用するには、あんまり向いてないんだろうと思う。
だから片手剣、片手が多くを占める中国武術ても、というのはあんまり見ない。あそこらの武術は基本的に護身の延長であり、戦場は想定しないから。

恐らく武術には戦場武術、競技武術、護身武術健康武術くらいの分け方が可で、それらはルーツが同じだったり相互にがあったりするから話がややこしくなるけど、戦場でのそれにほぼ固定されていて、護身武術である平和な時代での江戸期の剣術にはほぼ採用されなかった。
ただし効果としては知られていたので、柳生守宗矩などは二刀流を小太刀のようにして使うとか述べて、実際にそのように使用していたんだろうと思う。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
242 ななしのよっしん
2021/11/07(日) 09:39:20 ID: HE/zxHBYV7
>>234

それで役やったのゲッターロボくらいだからなぁ。
ゲッターロボ重な使いの役だ。
243 ななしのよっしん
2021/11/17(水) 14:48:01 ID: p91zgQvIWk
と言うか、片手持ちのデメリットってどのくらいのもんだろうな
両手持ちの二点保持ならてこの原理で、少ない強く正確にかつ素く取り回せるけど、片手ではどうしても腕自体を大きく動かすか、手首に大きなめるかが要るように思える
レイピアorサーベル+マンゴーシュみたいに、含めて剣術を軽量軽負担に特化させるならその限りではないだろうけど
244 ななしのよっしん
2021/11/24(水) 11:49:35 ID: vIaWxJcAP8
>>243
レイピアは突きの威を高めるために片手剣の中では重量級の部類
サーベルバックソードみたいな重騎兵用のはやはり突きのためにフロントヘビーな作りになってる

急上昇ワード改