二条天皇単語

ニジョウテンノウ

二条天皇

(にじょうてんのう 1143年7月31日1165年9月5日)とは、第78代天皇である。諱は「守仁(もりひと)」。

愚か者と言われた後白河天皇と異なり、優れた人物であると賞賛された。

在位:1158年9月5日1165年8月3日

概要

1143年に後白河天皇の第一子として生まれたが、生が二条天皇を出産直後に急死した為、祖にあたる鳥羽法皇と美福門院に育てられた。

崇徳上皇長男重仁親王が美福門院の養子になっていた為、9歳で仁和寺に入って僧侶になる修行を始めた。しかし、近衛天皇が重病を患った際に、関白藤原忠通鳥羽法皇仁和寺にいる孫を次の天皇に擁立するように上奏した事で、皇位継承の補者として脚を浴びるようになった。なおこの際の藤原忠通の案は却下された。

近衛天皇がお隠れになられると、重仁親王らとともに後継天皇補の一人とされるが、年少である事と実が存命である事などを理由に、立太子されていなかった実後白河天皇が二条天皇即位までの埋めとして即位した。実の即位とともに立太子され、元すると美福門院の皇女を妃に迎えた。

1158年に、養の美福門院が信西に強く要した事で後白河天皇から譲位をうけて即位した。後白河上皇とは子の間柄ながらその関係は冷淡であった為、二条天皇後白河上皇が対立したが、1159年に平治の乱おこ閉される。閉先から自慢の美貌を活かして脱出すると、平清盛の元に避難した。

平治の乱が終わると、後白河上皇によって側近の葉室惟方や大炊御門経宗、藤原信、藤原長が失脚させられ、強大な権をもった後見人の美福門院が亡くなる等、二条天皇のが一気に削がれた為、体面上は後白河上皇との二頭体制にみえて、裏ではと子の対立が根深くなっていった。

後白河上皇に勝つために二条天皇が選んだのは、時子の夫・平清盛だった。

平清盛を中納言にすることでその軍事の後ろを手に入れた二条天皇は、後白河上皇の側近であった平時忠平教盛藤原成親らを解官し、関白近衛基実に接近して摂関をも取り込み、後白河上皇政治を一気に削いで政の実権を握った。平時忠については自らを呪詛したとして流刑に処した。

保元の乱で倒れた信西の政治方針をうけついだ二条天皇は、僧兵や下級神職の統制や荘園の整理を行う等、着実に政務をこなして「末の世の賢王」と賞賛されたが、後白河上皇との関係はさらに冷え切っていき、後白河上皇蓮華王院を造営して行幸を望んだ際もこれを拒んだ。

1165年2月に病に倒れると、実子の順仁親王を立太子させて譲位すると、同年7月にお隠れになられた。 

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

77 78代 79
後白河天皇(ごしらかわてんのう)
1155~1158
二条天皇(にじょうてんのう)
1158~1165
六条天皇(ろくじょうてんのう)
1165~1168

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E6%9D%A1%E5%A4%A9%E7%9A%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二条天皇

1 ななしのよっしん
2014/04/18(金) 23:50:05 ID: UugDuZAicr
男の娘
二条天皇平安時代の人物)

ファッ!?
2 ななしのよっしん
2015/07/24(金) 02:45:49 ID: PHqOupsqTV
>閉先から自慢の美貌を活かして脱出すると、平清盛の元に避難した。
この辺の逸話か何かなんだろうなぁ。
3 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 11:26:47 ID: wik9PEly6+
 当時の複雑な政治情勢の中、自らの味方を固める手腕や、政敵を退ける手腕に優れていたと思う。平清盛二条天皇の親政を望んでいたと言うし、この天皇が長生きしていれば、平氏の運命も変わったのだろうか?・・