二階堂行光単語

ニカイドウユキミツ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

二階堂行光(にかいどう・ゆきみつ)とは、二階堂が誇る集団である。同名の人物が4名該当する。初代から通字である「行」が断続的にから滅亡まで続いている。

なお、4人を時代別に区分するとこうなる。

  1. 平安時代末期鎌倉時代初期
  2. 鎌倉時代
  3. 南北朝時代
  4. 戦国時代

1.(平安時代末期~鎌倉時代初期 1164-1219)

二階堂2代当二階堂行政の子。二階堂行村の。子に二階堂行盛がいる。

鎌倉幕府の初代政所執事を務める。政所執事とは、政所の上級役人であり、政務に参与し、会計を担当した。源氏三代に仕え、鎌倉幕府明期を下から支えた。

政所執事2代目こそ甥・伊賀光宗が担当したが、1224年に賀氏の変で流罪となり、子・行盛が3代政所執事になると、以降二階堂がこれを世襲制という形で独占することとなった。

2.(鎌倉時代 生没年不詳)

二階堂行広の子。子に二階堂忠広がいる。事跡などは全く伝わっておらず、・行広は11代当二階堂貞衡のにあたる。9世孫は六郷氏名乗り信長の野望で御染みの六郷政乗を輩出している。

3.(南北朝時代 生没年不詳)

二階堂行親の子。子に二階堂行永がいる。1の7世孫にあたる。彼も事跡が不明であり、詳細は分からない。ただ、鎌倉幕府滅亡前後の生まれであると推測される。

4.(戦国時代 ?-1477)

二階堂13代当二階堂為氏の嫡男。子に二階堂行詮がいる。3の5世孫にあたる。

須賀の地に土着してからの2代目にあたる。は恐らく敵であった二階堂治部大輔・三千代であろう。だとすれば1445~1447年生まれとなるが。ちなみに為氏の生年は1432年前後であり、生年がかなりキツキツとなっており、更に嫡男・二階堂行詮(?-1495/1497/1500)とその子・二階堂(?-1504、行の)の存在もあるため、為氏・三千代子供ではないかと思われる。

彼も事跡は明らかになっていないが、1464年にの死で若年の身で督を継いだと思われる。須賀を中心に岩瀬を支配して勢拡大に躍起になっていたのだろうか?周囲には白河直朝白河政朝子、蘆名盛高田村盛顕、二本持重・二本子、長沼氏、石橋氏などと言った強・新が割拠しており、生き残りに必死だったのは容易であると思われる。

余談

信長の野望では、

としており、『戦国大名系譜人名辞典』の系図をそのまま参照すれば14代当となるのだが、実は行詮と行の間には先に登場した二階堂という人物が督を継いでいたため、13代当扱いとなる。

またwikipediaでは二階堂貞衡で当の数が途切れている。鎌倉時代の終焉というのもあるが。・為氏を12代にしておくと信長の野望の代数と何故か整合性がとれてしまうので、とりあえず暫定的に行を13代とする。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E5%A0%82%E8%A1%8C%E5%85%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二階堂行光

1 ななしのよっしん
2016/11/18(金) 23:11:59 ID: KBRJ7y4iMd
余談のところの意味がよく分からないんだけど・・・?
ウィキペディアの代数って「二階堂氏」のページに書いてある物のことを言ってるのかな? でもあの鎌倉二階堂氏から須賀二階堂氏に至る流れってよく分かってないし、鎌倉の11代含めた代数でカウントしてますよーってこと???

戦国大名系譜人名辞典では~、ウィキペディアでは~、って言われても読む側にはどういう状況なのか分からないから伝わらないんじゃないかなと思うんだけどどうだろう?
2 0
2016/12/03(土) 20:46:55 ID: TELoxqonYI
その通りです。
3 ななしのよっしん
2016/12/04(日) 21:34:33 ID: KBRJ7y4iMd
>>1
??? いや、その通りですと言われても…(それとも今後修正するつもりなのか?)

鎌倉二階堂11代二階堂貞衡の生没年は1291~1332らしいけど、それより100年も離れた1432年頃生まれの二階堂為氏を12代扱いにしちゃっていいものなの…?
(そもそも信長の野望の列伝における代数って、何を根拠に書かれた物なんだろう…)

おすすめトレンド