五島慶太単語

ゴトウケイタ

五島慶太とは、東急事実上の創業者である。1882年4月18日生まれ、1959年8月14日没、享年78(満77歳)。

概要

東京帝国大学卒業後、官僚を歴任。その後、東急東横線の前身となる武蔵電気鉄道の常務に就任した。実質的な経営権を獲得し、数々の競合企業を買収。強引な手口から「強盗慶太」の異名を持つ。しかし、鉄道経営にも優れており、阪急電鉄小林一三と並び「東の五島、西の小林」と賞された。

生涯

詳しくはWikipediaexitを参照。

功績

五島慶太の最大の功績は、小林一三の経営手法を関東に持ち込むことにより、多摩田園都市を作り上げたことである。

鉄道会社が不動産を経営し、未開発の土地を予め安く買い上げ、鉄道を敷設した上で住宅を建設し、鉄道会社が更にかる手法を確立した。

住宅地のみならず、学校遊園地百貨店なども誘致する多的な経営で沿線の利用客の利用促進を図り、引いては経済の促進と、今日の繁栄にもつながった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%94%E5%B3%B6%E6%85%B6%E5%A4%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

五島慶太

1 ななしのよっしん
2017/01/13(金) 19:51:58 ID: KVr+DkuDjA
渋谷前にあった五島プラネタリウムは初代ときメモ三島プラネタリウム元ネタだったよねぇ。