五胡十六国単語

ゴコジュウロクコク

五胡十六国とは、中国の時代区分である。三時代を終わらせた西匈奴と羯の連合軍によって滅亡された後、匈奴族、羯族、鮮卑族、族、族の五胡(5の非族)による16の王+αによって中国が支配された時代である。

匈奴 (304-329) 劉淵の建。最初の名は有能だがアクの強い皇帝が続いた後に後に滅ぼされる。
(407-431) の長安侵略に乗じて勢を伸ばすが、始祖赫連勃勃が死ぬとあっと言う間に滅ぼされる。
(397-439) 衰退後の地域の覇者となるが、北に滅ぼされる。
(319-351) 石勒が前から独立して建、前を滅ぼして華北覇権を握るが、二代皇帝石虎の後に内紛で自滅。
鮮卑 (337-370) 東・西に割拠した勢。後滅亡後、前覇権を争うが敗れる。
(384-409) の皇族が衰退した前から独立。大勢となるが北との戦争に負けて、北・南に分裂。
(400-410) の皇族が山東に割拠。2代で裕に滅ぼされる。
西(385-431) 衰退後の地域に割拠した勢に滅ぼされる。
(397-414) 衰退後に地域に割拠した勢での勢争いに敗れて滅亡。
(351-394) 華北を一時的に征するが淝の戦いで衰退。ただし、細々とは続いた。
(304-347) 五胡十六国初期にを支配した勢。最初は成で名。内紛と乱脈政治で東の桓温に滅ぼされる。
(389-403) の西域遠征軍が淝の戦い後に独立。初代死亡後で内紛。後に滅ぼされる。
(384-417) 属していたが淝の戦い後に独立。長安を拠点として割拠するが裕に滅ぼされる。
人) (301-376) 八王の乱で乱世を予感した貴族で建。弱小ながらも長期に渡って存続するが前に滅ぼされる。
西(400-421) から煌で独立するが、北に滅ぼされる。
(409-436) の後継であるが版図は狭かった。北に滅ぼされる。

概要

西滅亡後、戦乱で荒れ果てた華北の地には匈奴鮮卑族らモンゴルチベットトルコ系の五胡と呼ばれる民族が勢を伸ばした。後漢時代から既に中原に居を構えていた、というか強制移住させられていた五胡の民は人と混じり合い、一部は遊牧生活を捨てて農耕生活を営むようになっていたが、そのうちに匈奴による(前)、による成人による前など小さな々が生まれ、それぞれが覇を競うようになっていった。

四世紀はじめ、五胡の中でも特に勢のあった(前)の石勒(せきろく)は319年、後を建し、さらに陽の戦いで曜の前を破って330皇帝の位についた。後は都を長安において、家族関係や祭、行事や生活習慣などをの文化を取り入れた。石勒内に学問のできる族を集めた君子営を設けて、の文化を学ばせた。また西から伝わった仏教を篤く信仰し、僧侶図澄を重用した。

その後、後は石、石虎と跡を継いだが、351年、乱暴な政治と度重なる戦争により次第にを失って行き、代わりに勢をのばしたのは族の符健が建てた前であった。符健の跡は子の符生が継いだが、これが粗暴であったため符健の甥の符堅が符生を殺して三代皇帝となった。符堅は370年に前376年には前と、拓跋氏による代を滅ぼして華北を統一した。前の軍隊は、鮮卑、匈奴人による混成軍団であり、これらの民族をまとめるために、符堅は仏教を信仰し人の祭りをするなどして融和政策をとったが、この効果はいまいちであった。

華北を統一した前は383年、中国統一を果たす為に南へ侵攻。東の都、建康に90万の大軍を派遣した。東の宰相、謝安は謝石、謝玄に8万の兵を与えて淝でこれを迎え撃った。しかし、前の軍は様々な民族の混成軍であったためまとまりが悪く、先敗北すると残りの軍勢も潰走してしまい、東大勝利をおさめる。これがの戦いである。この後、前の各部族は独立し、再び華北は分裂状態に陥った。その後、398年北が誕生し、(大同)を都に定めて華北を統一し、一方の東が誕生して、ここに五胡十六国時代は終わり、以後は南北朝時代になる。

有能リーダーに有者・有力部族が集って一大勢なすのが特徴で、リーダーの資質によってが成り立っていたので初代皇帝が死んで無能が後を継ぐ、あるいは符堅のように権威を失ってしまうと崩壊してしまうのがパターンであった。有者を所属部族から引き離し、その部族を官僚達に支配させるというスタイル確立させた北が五胡十六国の勝利者になる。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%94%E8%83%A1%E5%8D%81%E5%85%AD%E5%9B%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

五胡十六国

29 ななしのよっしん
2018/07/17(火) 17:30:50 ID: OxcLm4kKyx
鮮卑系の騎民族文化の日本への流入もこの時期くらいだし
文献史料に乏しいだけで考古史料からみると日本と関わりは結構あったみたいだね
30 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 11:52:36 ID: i4jwtxOij6
>>27
五胡十六国三国志の後日談みたいな位置合いになってるけど三国志の方が五胡十六国前日談だと言える節がある
31 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 00:53:48 ID: Pi4thl3tAs
歴史の流れで観たら後漢末の騒乱なんてまだまだ序盤だしな
32 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 02:57:15 ID: OxcLm4kKyx
後漢末から隋唐の統一までを一連の争乱期と見て東による統一は小休止にすぎないって見方もあるしな
33 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 09:49:29 ID: 3liRh+fxj6
南北朝とか呼ばれて(西)の統一時代まで動乱期と混ぜられるの、司馬炎葉の陰で泣いてそう
確かにあんまり長持ちせずに西→東になってしまうが…
34 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 18:23:59 ID: yb4ZYjAepp
北方の異民族が南下→異民族の支配を嫌った族が南下→族に押し出される形で雲南らへんの諸民族が南下

って感じで玉突き的に民族大移動が起こってその移動した民族現在ビルマタイベトナムの原になる様な国家したから日本に取ってはどうでも良さそうな時代だけど
東南アジア史にとっては大事な時代なんだよな
35 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 20:05:58 ID: ZbOjaly409
中国科学者が兵俑を参考に当時の人々の顔を再現してみたらインドヨーロッパ系の彫の深い顔立ちだった
遺伝子を調してみたら、漢王朝時代の人の遺伝子継いでるのは東南アジアに渡った客の人達で、現代の中国人は(長江以南の中国人も含む)大分異なっていた
どちらも「そんなのありえない」という感情論政治的理由で否定する報道もあったが、
中国大陸における民族の大移動は常識かにえる規模で繰り返されたようだ
36 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 00:55:57 ID: l6vj5LxGr9
三国志の英傑たちが下を統一しようと頑っていたのに、
統一した直後にすぐこうなっちゃうという。
それを思うととても胸が切なくなる。
37 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 01:32:33 ID: xKKzADHoBt
ローマも学を修めたゲルマン人に侵食されていって壊れていったしいずれはこうなったと思うよ。
それでも西が不甲斐なかったのはあまり否定出来ないんだが。
38 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 23:51:43 ID: 44n1b1KySH
五胡十六国のことを全く知らない状態のまま
youtubeで上がっていた五胡十六国解説動画を見て大爆笑したんだけど
五胡十六国時代ってこういう認識で合ってる?

五胡十六国:序盤
尊敬する劉淵さんのために頑石勒さん
敵対するクズどもに制裁を化すも劉淵息子クズだった
とりあえず劉淵息子には義理を立てるもののそれ以降は知ったことじゃない、前を裏切り後を立てる
奴隷身分から皇帝にまでのし上がり、華北を統一するまでに至る。
しかし彼の大きな誤算は身内もドクズだった
石勒さんの死後、華北は再び荒れてしまう
石勒貴様らッ…貴様らそれでも人間か…!!」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)