人間万事塞翁が馬単語

ニンゲンバンジサイオウガウマ

「人間万事塞翁が馬」または「塞翁が」とは、中国前漢時代の書物『南子』の人間訓に由来する故事成語である。

概要

昔の中国のお話です。
ある塞(砦)に近いところにおじいさんとその息子が住んでいました。
ある日、おじいさんが遊牧民族の地へ逃げていってしまいました。
周囲の人ががいなくなったことを悲しんでいるだろうと思いました。
しかし、おじいさんは「いやいや、これが幸福になるかもしれないのだよ」と笑っています。
そして、数ヵ後そのが逃げていった地の良を連れて帰ってきたのです。
しかし、おじいさんは「もしや、これが不幸の元になるかも知れぬ」と心配そうです
おじいさんの言ったとおり、その連れ帰ってきたに乗っていた息子が落してしまい、
股(もも)のを折る大怪をしてしまったのです。
それでも、おじいさんは「もしかしたら、これは幸福だったのかも・・・」と言います
その年、おじいさんたちの近くの砦に突如敵が攻め込み大きな戦が起こりました。
その砦の周囲の若者は戦に借り出され、そのどが戦死してまいました。
しかし、そんな中おじいさん息子折していたために戦に借り出されず、事に生き残ったのでした。

で、何が言いたいのかというと「何かが起こった時、一見幸福でも後の災いに、一見災いでも後の幸福になることがある。人間の幸不幸は解らないものである」ということである。
ある意味、こんなどんでん返しの連続もよくあることなんでしょうか。(By初版依頼者

読み方

「人間万事塞翁が馬」の「人間」を何と読むかはいまだに議論されている。この記事では長らく「じんかん」読みが正しいとされていたが、掲示板ではどちらが正しいのか議論が続けられてきた。

結局はっきりとした答えは出ていないため、どちらでも正しいのが現状である。「にんげん」でも「じんかん」でも「世の中」という意味を持つが、前者の方が「人」や「人生」などやや多義的なニュアンスがある。個々人の解釈で好きな方を用いて良い。

ただし、「にんげん」読みの方が一般的なので、この記事では「にんげん」読みを採用している。

派生物

同義語・類義語

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%BA%E9%96%93%E4%B8%87%E4%BA%8B%E5%A1%9E%E7%BF%81%E3%81%8C%E9%A6%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

人間万事塞翁が馬

29 ななしのよっしん
2017/09/18(月) 09:55:42 ID: iHdHejlmwf
potatoなるほど
tomato「勉強になるな」
30 ななしのよっしん
2017/09/21(木) 11:44:09 ID: GAHAWOeeEB
の功名
結果オーライ(じゃいし、あまりいい意味では使われないけど)
31 ななしのよっしん
2017/09/21(木) 11:54:44 ID: pPnllL1w9g
西洋に言えば、「にいまし、すべて世は事もなし」だろうか。歴史は浅いが名句だと思う
32 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 09:41:43 ID: Aea+UHx6SJ
雨降って地固まるから転送されました。

何故転送した……
意味違わない?
33 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 11:55:43 ID: RMPJdO5wFO
>>32
編集者ユーザ記事から察するに荒らしみたい
34 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 12:48:13 ID: Aea+UHx6SJ
>>33
なるほど……
35 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 21:13:40 ID: uAn0hH493P
辞書編集者の見解によると、そもそも「人間」は「世の中」ではなく「人生」なので「にんげん」の方が良いのではということらしいが…
https://japanknowledge.com/articles/blognihongo/entry.html?entryid=80exit
36 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 10:41:45 ID: oJ+d75ocsD
急上昇に入ってなければ「にんげん」と「じんかん」の違いを知ることはなかった・・・
37 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 22:17:35 ID: AbFtITQBJc
サイオー・ホース
38 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 00:28:19 ID: EdbS/QpiKQ
【悲報】ワイ将、このスレを見るまでじんがんだと思ってた模様


理で一発変換できないわけだ・・・