人類ネコ科単語

ジンルイネコカ

人類ネコ科とは、1985年-1986年週刊少年サンデー増刊号に連載された故 みず谷なおき氏のラブコメ漫画である。

概要

主人公七瀬北斗ななせ ほくと:高校一年生)は、両親が仕事の都合で海外に行ってしまった為、外嫌いの北斗日本で下宿生活をしていた。
そしてこの下宿生活で、同じ下宿に住んでいる『兵琴』『小山麻美』『樋口京子』の女子大生3人組によって、女の実態をまざまざと知ることになった北斗は女嫌いになる。

そんな北斗バレンタインの日に学校(西高校)へ登校した時、自分の机の中にチョコレートが入っているのに気づく。チョコレートには『2-C 山舞奈』と書いてあった。北斗はその名前に気づかなかったが、友人の守山修一郎から舞奈が西高のアイドルであることを知らされる。

こうして、七瀬北斗と友人たちの波乱の高校生活が始まった。

主な登場人物

七瀬北斗ななせ ほくと)
本作品の主人公。ごく普通の背の低い(身長159cm高校生
下宿先で女の実態を知って以来、女嫌いになった。また、高校アイドルである山舞奈から好かれているため、学校中の男子を敵にまわしている。
山舞奈(たにやま まいな)
本作品のヒロイン。西高校アイドルにして、北斗に想いを寄せている女の子
世間知らずで天然なところがあり、冗談も通じない。かなりやきもち妬きな性格。
守山修一郎(もりやま しゅういちろう)
北斗友達でもあり、幼なじみでもあり、かつ名古屋弁でしゃべりまくりの名古屋人。
学力普通だが、ケンカがめっぽう強く、「西のランボー」と呼ばれている。舞奈の親友である亜美に惚れているが、けっこう気が多い。
中島美(なかじま あつみ)
舞奈の親友であり、保護者的存在。少々きつい性格だが友達思い。一言で言えばツンデレ。修一郎に対して冷たく当たるものの、ひそかな想いもある。
琴(ひょうどう まこと)、樋口京子(ひぐち きょうこ)、小山麻美こばやし あさみ
北斗と同じ下宿先:南山荘の住人にして、女子大生の3人琴は眼鏡京子そばかす麻美は加えタバコトレードマークになっている。
北斗を女嫌いにした本人3人北斗を男として認めておらず、3人の南山荘の中での会話や振る舞いは、女子寮そのもである。
特に琴は、北斗によくちょっかいを出していたが、ストーリ後半でその理由が明らかになる。
日比野里美(ひびの さとみ
北斗と同じ下宿先:南山荘の住人にして短大生。琴たちとは仲がいいが、いつも寝ているらしい。
北斗は、その姿を一度も見ておらず、またマンガにも後姿しか描かれたことはないの多い人物。美人らしい。
瑞穂(にしき みずほ
七瀬北斗、守山修一郎の幼なじみで修一郎のいとこ。
小・中学生の頃は一緒に遊んでいたが北海道に引っ越した。そしてストーリー後半で、変わり果てた姿で2人の前に現れる。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%83%8D%E3%82%B3%E7%A7%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

人類ネコ科

1 ななしのよっしん
2009/05/04(月) 23:17:06 ID: sn7uLUvfQy
山舞奈の名前の由来は、作者が好きな歌手である「谷山浩子」がマイナー歌手だったから、「山さんマイナー」からきてるというのをあとがきで見た覚えがある。
2 hiro
2010/09/18(土) 23:07:25 ID: vETcaLpoXg
それにしても、過ぎだな。
もっともっと作品が見たかった・・・
3 ななしのよっしん
2012/02/14(火) 04:41:07 ID: 3wViXmxpGr
ヴォー懐かしい。
大好きなラブコメだったのに内容あんま憶えてないな。
ちょっくら探して読み返してみるか。

急上昇ワード