今夜がスパンキー単語

コンヤガスパンキー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

『今夜がスパンキー』とは、VOCALOIDプロデューサーナモナキP制作したVOCALOID MEIKO(よしえ)オリジナル曲である。ニコニコ上で発表されたオリジナル曲としては10作重複を除く)。

塩梅

『今夜がスパンキー』初登場は2008年3月15日。前作『アルニコ』(08年2月25日)内で募集、ピアプロで連携した絵師まジロー」師との初コラボ作品。

VOCALOIDオリジナル曲ミク一強の時期、ニコニコ上ではMEIKO(よしえ)専門で楽曲を制作していた当時のナモナキPは、「楽曲のレベルが高いが、お世辞にも注されているとは言いがたい(注され始めてはいたが)」ポジションであった。

本作『今夜がスパンキー』はレベルの高い聴かせるメロディ大人向けのセクシー歌詞と、まジロー師の絵があいまってそれまでで最大の視聴数・マイリスト数をたたき出し、「ナモナキ」の名を一躍知らしめた。が、ランキングにおいて「名誉のランキング除外」措置を受けてしまう(しかし「名誉のランキング除外」は「名誉」と付くとおり、視聴者の注を一気に集める「おいしいポジション」ではある。とはいえランキング除外はかなり精的にこたえたようだ)。
ナモナキP当人も、この曲のヒットの要因を「楽曲」にめていいのか、まジロー師の「セクシーイラスト」に見出すべきなのか、MEIKOKAITOの絡みなのか、この「除外措置」なのか悩んだという(とはいえ自身でも好きな曲であるそうだ)。

Pの迷いをよそにムーブメントは拡大、曲に入れ込んだ視聴者の中から「歌い手」としてこの曲を歌う人――おもに女性ボーカル――たちが出てきた。彼女らは後に「ズッパーンされた人」と呼ばれることとなる。

その後ナモナキPまジロー師のコンビも、『ハイエナ達のセレナーデ』『ブライトニー』と快進撃を続け、『サンデー・ラブジェット・ジュース』で惜しまれつつも専属コラボ関係を解消、非常にゆるやかなコラボ関係の継続という形になった。

関連動画

『今夜がスパンキー』原曲

ズッパーンされた人々(二次創作の項目)

このほかは[検索結果exit_nicovideo]で。

関連商品

『今夜がスパンキー』を歌うMEIKO(よしえ)と、みなさまのズッパーンサポートするアイテム

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%8A%E5%A4%9C%E3%81%8C%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

今夜がスパンキー

1 ななしのよっしん
2012/02/19(日) 01:45:39 ID: EZcnPI3g1/
まだ初見から時間が経ってないからわからないんだが、
カラオケに入ってないのは単にリクエストされてないだけ?
2 ななしのよっしん
2013/07/06(土) 20:44:19 ID: PnkUGUgaUi
>>1
リクエストは通ってるけど、ずっと交渉中のまま
ナモさんの作品は大体そんな感じ

急上昇ワード

2019/12/08(日)16時更新