編集  

今日から俺は!!単語

キョウカラオレハ

今日から俺は!!』とは、西森博之による日本漫画作品。
「増刊少年サンデー」にて1988年9月号から1990年8月号まで、「週刊少年サンデー」にて1990年40号から1997年47号まで連載されていたヤンキーギャグ漫画である。通称は「今日」。

あらすじ

転校をきっかけにツッパリ高校一年生の「三橋」と「伊藤」。床屋に行った三橋立ちたい一心で髪の毛を当初予定していなかった色に染め上げ、一方伊藤怒髪天を衝くようなトンガリヘアにしてイメチェン。そんな2人がふとしたきっかけで仲良くなり、不良高校「私立軟葉高校」へと転入学するのだった…

どんなにスゲー漫画なのかずっと見てやがれ

平成初期を代表するヤンキーギャグ漫画として、週刊少年ジャンプの『ろくでなしBLUES』(1988年1997年)や週刊少年マガジンの『カメレオン』(1990年2000年)などと肩を並べる作品。完結から相当年経つ現在でもかなり根強い人気を誇る漫画であり、コミックスは全38巻発売以降もワイド版全19巻・コンビニコミック版全14巻・文庫版全18巻などの再版も多く、それらを含めた累計発行部数はなんと4000万にも及ぶ。

昭和後期~平成初期のツッパリ流の高校生達の日常を、少年漫画らしい熱い展開やギャグを交えて話は進んでいく。1話完結や短編・長編シリーズなど構成は様々であり、各サブタイトルは全て「〇〇編」となっている。
不良モノの漫画としてはしく、暴走族バイクなどの代表的なモノがあまり登場せず、大抵の登場人物は恋愛において手なため下品な性描写や淫なども非常に少ない。また、タバコを吸う不良が少数であることや、作中の不良達の暴力性や奇行性は高いものの殺し合いレベル戦闘などはほとんどない(一部そういった行動に走ったり思想を持つキャラは存在する)。携帯電話などの機器も普及前の時代なので登場しない。

元々は読みきりとして製作されていた漫画であり、作者西森は執筆当初は正式なデビューをしていなかった。しかし、当時の担当に途中まで仕上がった原稿を見せたところ、「面いので結末を続き物にできるように変えて来い」と言われ、追加執筆によって第一話「ツッパリ少年編」が完成した。ちなみに元の話は、ツッパリを始めた三橋達だがヤクザと出くわしたところで髪型を元に戻してになるというラストだったらしい。
これが増刊少年サンデーに掲載したところ好評を博し、約2年ほど刊連載をした後に1990年から週刊少年サンデーに移行し週刊化。ちょうどこの頃、主人公である三橋伊藤が劇中で進級し、作品も黄金期を迎える。

ちなみに、本作の登場人物は今作以降の西森作品にモブキャラとしてちらほらと登場していたりする。また、ワイド版のみ描き下ろし表の織り込み部分に4コマ漫画として新作が描かれている(連載時とは絵柄は大分異なる)。
なお、本作には容姿がかなり違うOVA版や実写版が存在するのだが、特に後者は’’漫画実写化’’によくある典的な完成度になっており、原作ファンからは黒歴史化されている。

主な登場人物

三橋貴志(みつはし たかし)

本作の主人公身長181cm(自称)。物語開始当時は15~16歳中学時代までは黒髪学生だったが、転校をきっかけに高校デビューとして金髪パーマのツッパリになる。学生は短ラン・ボンタン

卑怯でずる賢く、別名「金髪の悪魔」として千葉全土にその名が知れ渡っているほどの不良三橋の名を出すと大抵の不良は震え上がる。頭の回転(悪知恵)が非常に速く、用意周到であったり突発的な発想で窮地を切り抜ける事が多い。その頭の回転の速さで屁理屈や啖呵を次々と発し、相手に不愉快な思いをさせることが多々ある。卑怯ということは自身でも認めており、戦いの定義として「卑怯者と言われているが、相手が1人で来る以上1対1で片をつける」、勝利の定義として「相手に自分より不愉快な思いをさせること」という持論を持っている。

特に体を鍛えていたわけではないものの、性とも呼べる抜群の運動神経によりかなりの腕っぷしの持ち。背は高いが体が大きいかと言えばそうではなく、しかしながらパンチキックの威スピードは凄まじいものがあり、大抵の相手は一撃で倒せる。に長けているため飛び技が得意であり、中で体の位置や向きを変えて強引に攻撃するなどのおよそ人間離れした動きもやってのける。足の速さは他の追随を許さず、特に逃げを打った時は追いつける人物はほぼ存在しない(開久高校の「」だけは一追いついたことがある)。また、伊藤ほど根性者ではないが持久が高く、プロレスラーり合えるほどのスタミナを持つ。

先の通り卑怯者として名高いが、正統派なツッパリとしての熱い心も持っている。普段は伊藤をからかいながらも、心の底では腕っぷしや共感性の一致から彼を二の相棒として信頼している。実際に伊藤べてどちらが強いかは作中では判別不可能だが、三橋本人は自分の方が強いと言いながらも「伊藤より強い」とも思っている節がある。
いつも甲斐甲斐しく世話を焼いて来る理子に対してよく悪態をついているが、彼女をなす者は決して許さず、自身を犠牲にしてでも守り抜くほどに本心では彼女のことを大切に想っている。

は中流以下。いつも所持が少ないのだが、持ち前の食い意地と銭欲によって生活だけは駄にある(伊藤理矢理奢らせたり理子の弁当を勝手に食べたり等)。アルコールを摂取すると途端に温和且つ低姿勢な性格に変する性質、だがその間に自身の体にどれだけ軽く触れた者に対しても狂暴化し反撃してしまう。自分の体に触れなくとも仲間に危を加えられると同様に怒り狂い、普段は言わない仲間に対する想いを素直に吐露して加側を打ちのめす。弱点はオカルトものだが、苦手なのは祟りや幽霊などの反撃が出来ないものであり、呪いなどは唱えてくるものが実在しているためそいつを倒せば良いと思っている。も苦手であり、それ自体は怖くないのだが罰が当たったと言われるのが嫌らしい。

端正な顔つきであり、外見に限って言えば伊藤以上に女子から好評を得ている。実は黒髪の方が金髪の時よりも周りの評判は高い(本人は金髪の方を気に入っている)。

伊藤真司(いとう しんじ)

本作のもう1人の主人公身長180cm(あくまで推測。も含めると205cm)。物語当時15~16歳。転校をきっかけに高校デビューとしてトゲトゲヘアのツッパリになる。学生は長ラン(そのため下がどうかは判別しづらい)。

曲がったことが大嫌いな「」であり、生で義理堅く、正義感が強い。一人を大勢で囲む多対一が嫌いなので、囲まれた方がであれ加勢して助けたくなる性質。入学直後、ケンカに対する姿勢から三橋とは一度袂を分かつが、彼がこっそり自分を助けていたことを知り、和解。以降は二の親友となる。
人気者でありながらも人間性自体は否定されてばかりの三橋といつも一緒にいることで、伊藤本人の人柄も手伝って軟葉高校では三橋以上に男女問わず人気があり皆から慕われ尊敬されている。三橋が基本的に「三橋さん」と呼ばれるのに対し、伊藤は「伊藤君」や「伊藤ちゃん」などとフレンドリーな呼ばれ方をされることが多い。特徴的な髪型ゆえに三橋からは「カッパ」や「ウニ」呼ばわりされている(コミックス4巻ではヤクザで頭頂部を円形にられて本当にカッパヘアーになってしまったことがある)。
性格的には三橋とあらゆる意味で対照的だが、根の部分では似た者同士であり、なんだかんだで彼と一緒になって悪乗りすることが多々ある。普段は三橋独尊っぷりに振り回されているが、逆に三橋の性格を知り尽くしているため彼を上手く操縦できる数少ない人物の一人である(理子ですら「やっぱり伊藤ちゃんにはかなわない」と述べている)。

三橋と同様、伊藤も特に体を鍛えてはいないのだが、持ち前の運動神経と人一倍ある体と根性によって三橋に決して劣らない腕っぷしの持ち高の不良に絡まれた際には、倒れていた木の電柱を抱え上げた上に振り回して撃退するという離れ業を披露したこともある。何十発と攻撃を受けても倒れず、例え倒れたとしても起き上がり相手を打ちのめす驚異的なタフネスを兼ね備えており、柔和な性格ながらも喧において意地をればるほど強くなる。意地をった状態の伊藤の強さを三橋は「おっかねぇ」と評している。

元々つきがよくなくが長いため、普段立てているを下ろすとオタクのような外見になってしまい、度々三橋馬鹿にされている(本人もそれを気にしている)。本人セットには40分かかるらしいが、一度だけセットなしでウニヘアーになったこともある。に弱く、アルコールを少しでも摂取すると途端に眠くなる。時折オヤジギャグを言うことがあり、言ったところで場の空気を凍りつかせるため三橋に殴られたり周囲から視されたりしている。

は大持ちであり所謂富裕層。親は実業としていくつもの会社を経営している。広い庭にはが泳ぐ池まである。

人は女子高坂京子。かなりの相思相愛カップルだが、伊藤恋愛に関しては保守的な考えを持ち、それは相手の京子も同様なのでお互いプラトニック人関係にある。京子が傍にいる場合などはあまり喧などを好まなくなり、喧の助太刀をしている途中でも京子が来ると然とその場から立ち去ったりする。  

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BF%BA%E3%81%AF%21%21
ページ番号: 4897393 リビジョン番号: 2338097
読み:キョウカラオレハ
初版作成日: 12/05/29 01:19 ◆ 最終更新日: 16/03/17 19:15
編集内容についての説明/コメント: 記事の読みを正確に、概要を編集、登場人物を更に詳細に記述。主人公2人以外の人物は後日追加します
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

今日から俺は!!について語るスレ

61 : ななしのよっしん :2017/10/30(月) 23:04:14 ID: 5OM6cKV2sE
弱ぇ男だよ、テメーのほうがよっぽど。アイツ(今井)は最後まで意地ったぜ、が最高に格好良かったしなんだかんだで三橋今井のこと友達と思ってるんだなと谷川に釣られて泣いた

実際今井外伝三橋と再会した時凄く喜んでいたことから三橋今井伊藤とは別のベクトルでなんだかんだで仲良いよなと思う。
62 : ななしのよっしん :2018/01/30(火) 18:31:44 ID: mkuWinM+c/
アニメ化してほしいな
でも今だと携帯持ってたり現代アレンジされる恐れも
は現役の人は基本変えてほしくないけど理子に関しては変えてほしい
63 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 09:45:13 ID: 3/nCFl3o0g
まさかの連ドラ化っていう
期待半分、不安半分
64 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 10:02:45 ID: mkuWinM+c/
今書きこもうとしたらしたらww
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6277064

ドラじゃなくて再アニメ化がよかったけど
もし反応良かったら再アニメ化もあったりしないかな
しかし最近連ドラブームだな
65 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 20:39:00 ID: hOMGe60UqF
アニメもいいけど、もしヒットしたら士郎お茶にもスポットが当たってほしい
66 : ななしのよっしん :2018/07/04(水) 21:18:42 ID: zurRtuy3ji
ギャグに特化した西森作品に外れなし。
67 : ななしのよっしん :2018/08/08(水) 18:57:53 ID: uoqlqhTgmy
今度のドラマ版はヤンキー全盛の80年代を舞台とか言ってるけど
漫画だとヤンキーはすでに希少種で序盤以降はチーマーみたいなのが敵じゃなかったっけ…
68 : ななしのよっしん :2018/10/11(木) 01:38:09 ID: XJ6YLYmigC
理子とかいう漫画界史上最もかわいいヒロイン
69 : ななしのよっしん :2018/10/12(金) 16:26:43 ID: nVsh0plC48
まさか西森博之本で言及した新作が読めるとは…
西森センセありがとう!!
続編になるのか、それとも本編外伝なのか…
ドラマの方は正直どうでもいい
漫画の方は絶対買う
70 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 16:22:26 ID: 3EwU8glNtz
細かいところだけど軌に乗ってサンデー本誌に移った時点で90年代入ってたから
80年代ヒット作として紹介されるのを見るとちょっと違和感を感じる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス