今永昇太単語

イマナガショウタ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

今永昇太(いまなが しょうた1993年9月1日-)とは、福岡県出身の哲学プロ野球選手投手)である。現在横浜DeNAベイスターズに所属。

概要

小学校からソフトボールを始める。

高校では県大会ベスト4が最高成績で、甲子園出場はなかった。

駒澤大学に進学し、1年からリーグ戦に出場。2年に最優秀投手賞とベストナインを受賞。3年に優勝に貢献した。4年は左肩の負傷で登板はなかった。

2015年ドラフト1位横浜DeNAベイスターズから名される。その後の一部二部入れ替え戦で原樹理擁する東洋大学と対戦。12奪三振完封勝利を挙げた。その後11月17日DeNA契約した。背番号21

DeNA時代

2016年オープン戦で好投し、ルーキーながら開幕を一軍で迎えて先発ローテーション入りしたが、打線の援護があまりなくを上がられない日々が続いた(ムエンゴ)。

と、一度もノックアウトされることなく好投を続けているにも拘わらず0勝4敗という恵まれない日々が続いたが、5月6日広島東洋カープ戦を7回失点として、ようやくプロを挙げる事が出来た(試合結果は6-0)。
その後はようやくまともに援護がつくようになり5連勝、場は後述の様に一度二軍調整となったが後半戦で復帰し、クライマックスシリーズ進出を決定した9月19日広島戦でも先発、6回2/3を1失点に抑え見事勝利投手となった。


2017年先発ローテーション入りする。4月19日広島戦で初回の先頭打者にヒットを打たれた後はヒットを許さずプロ完封勝利を挙げる。8月17日東京ヤクルトスワローズ戦で自身初の2桁勝利を達成した。オフアジアプロ野球チャンピオンシップAPBC)の日本代表に選出された。


2018年は左肩の違和感で開幕を二軍で迎え、4月24日広島戦で一軍初登板となる。23試合に登板したがリーグワーストの11敗を喫し、キャンプでは投球フォームと体の使い方を修正した。


2019年は初めて開幕投手に選ばれる。5月に4勝を挙げ、初めてMVPを受賞した。25試合の登板で13勝7敗と、前年と変わって勝ち頭となった。

特徴

彼の最大の武器は「ノビのあるストレート」である。球速140.5km/hと特別速いというワケでもないが、球の出所が非常に見え辛く、なおかつ初速と終速の差が小さい。その結果、バッターはリリースポイントが判別しにくい、手元で浮き上がるボールに見えるので非常に打ち辛い。今永はこのストレートを軸にスライダーフォークカーブ等の緩急で揺さぶりを掛ける投球スタイルを身に付けている。

デビュー直後は好投しながらも援護に恵まれない日々が続いたが、インタビューでは謙虚な姿勢を貫く姿は多くのファンの好感を得た。「援護がないというのは防御率0点台の投手が言うこと」「三振を取れる投手より勝てる投手の方が良い」「この人たち(観客)に勝利を届けられずに申し訳なく思った」「(初勝利時)広島というより過去の自分に勝った」などなど。その新人離れした語録から「投げる哲学者」の異名を取る。

ややスタミナに課題があり、大学時代には後半打ち込まれる場面もあった。ルーキーイヤーには「新人に理をさせるべきではない」とのラミレス監督の意向もあり、場に調整のため二軍落ちも経験した。復帰後は少しずつより長い回を投げる事が多くなってきている。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2016年 DeNA 22 22 0 0 8 9 0 0 .471 135.1 38 136 47 44 2.93
2017年 24 24 3 2 11 7 0 0 .611 148.0 52 140 49 49 2.98
2018年 23 16 1 0 4 11 0 0 .267 84.2 8 80 77 64 6.80
2019年 25 25 3 3 13 7 0 0 .650 170.0 56 186 59 55 2.91
NPB:4年 94 87 7 5 36 34 0 0 .538 538.0 184 542 232 212 3.55

表彰

MVP 1回 2019年5月

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%8A%E6%B0%B8%E6%98%87%E5%A4%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

今永昇太

33 ななしのよっしん
2018/06/02(土) 06:48:52 ID: GD67AJSUQy
ストレートは多少直ってきたけど変化球コントロールは相変わらず苦しそうね。

昨季末に立て続けに投げさせすぎたツケか。
出来れば今季復活して欲しいけど、先発ガタガタな今の状況で正直今永復活のために試合費やせる程の余裕はないと思う。

本人も何故不調なのか自分でもわからないっていうドツボに嵌まっちゃってるし、来年に備えて貰った方がいいのかも。
34
2018/09/16(日) 15:12:56 ID: L9VAYQ8GjX
後半は投げさせるべきじゃなかった
投げるたびにチームの勢いを殺し本人も復調できず
もうメンタルボロボロしょこ
35  
2018/09/17(月) 01:34:13 ID: MDKY/oh4CW
1年間理矢理ローテーションに縛り付けたツケは来年再来年で精算できるかわからんぞ
横須賀も焼野原で代わりがいないチーム、意固地に使い続けた首を恨むしかないな
36 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 08:14:14 ID: BecvxI1z2j
肩スペったのにいまだに使われるってのも可哀想だな
昨日の対戦相手の某投手全盛期に投げすぎの代償で肩の炎症オフに発症してからフォームとか迷走してる最中なのに。
爆弾再発してるのに初回から全投球させてリリーフに逃げ切らせる短期戦戦術とか今永に負担かかるやんとか思ったりはしたが・・・
石田や今永をスパッと今年諦めきれずに敗戦ロングとかを軽視し過ぎた(小杉とか引退させる)結果なのかもしれない
暗黒時代のうん様みたいな成績になっちゃったよ・・・
37 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 23:57:32 ID: LiAk9QL9Ak
ストレート球速だけは出てるが伸びがないのかカットされまくり。変化球は6割ぐらいろくに変化しないか叩き付けてワンバンだからいい的

たまの低失点はストレートを軸になんとか抑えてましたって感じ。

こうなった経緯は想像の範疇でしかないが
1.開幕まで時間がない中で新球種やフォーム変更に手を出し理が祟って肩痛発症
2.肩をかばいフォーム崩壊。開きがくなり見切られやすくなる(このあたりはさんの推測)

こんな所かな。ただ前の年より変化球空振り自体は取れてるから全てが悪くなったわけではなさそう。復活に賭けるとしたらそこやね。

にもにも今季中は正直2軍で休んでもらいたいがなんと中継ぎでいかせる模様。理に発破かけても東野の二の舞いにしかならんと思うんだがなぁ
38 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 00:42:44 ID: GD67AJSUQy
元々グレーゾーンだったけど、二段モーションが解禁されたのを機に本格的に取り入れようとしたのも不味かったろう。
それに加えて新変化球挑戦なんて菅野レベルですら博打なことに手を出してしまった。
元々怪持ちってことやPS・代表戦での疲れも論あるのだろうけど、3年投手としての本人の身の振り方もアカンかったと思うよ。

石田中継ぎである程度持ち直したから今永もって所だろうけど、石田と今永の不調の理由は違うと思うし、素直に来年に向けて準備させた方が良いのではって感じ。
まだ3位の望みがある以上は出来んのだろうけど。
39
2018/10/10(水) 20:47:59 ID: L9VAYQ8GjX
だからなんでまだ投げてるんだ…
最多敗取っちゃったじゃないか
40 人魚
2019/04/19(金) 18:11:39 ID: TfGz6XOBAT
今年は一昨年までのような安定感が戻ってきてる。
左のエース頼むぞ。
41 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 06:13:50 ID: AhWwABSfXt
宝石のような今永が帰ってきた……というヤンカスネタはさておき、去年は「150キロ投げそうなフォームから150キロ投げてたら、当然打たれる」というコメント(本人かコーチかは忘れたが)の通り、スピード上げた反動でノビやキレが犠牲になってたんだろうな。
元々、ガン以上に速く感じるスピンの効いたストレートを軸に投球を組み立てるタイプだし。今年も(というか、入団以来)地味コントロールアバウトなんだけど、ストレートの質が戻ってきたおかげで高めの空振りや低めの見逃しとかが増えてる印
42 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 01:44:11 ID: HIrD6sKE5S
ストレートの質に加えて球速自体も均で145kmをえるようになったのがデカい
また高速スライダーチェンジアップのキレも増したような気がする

ただ球数が多いというのが今後に向けて不安だが

急上昇ワード