仙狐さん単語

センコサン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

「お帰りなのじゃ! 遅くまでお仕事お疲れさまじゃ」

今日も一日お疲れ様なのじゃ!

仙狐さん(せんこ-)とは、リムコロ漫画世話やきキツネの仙狐さん』のメインヒロインテレビアニメ版のCV和氣あず未

本名は「仙狐」だが、もっぱら「仙狐さん」と呼ばれ、各種タグなどでも「仙狐さん」表記が使用されるため、本記事名もそれに倣う。

概要

ブラック企業で疲弊している主人公中野をお世話するべく押しかけてきた使のキツネ

見た全に幼女身長125cm[1]、体重25kg)だが、実年齢は800歳以上一人称は「わらわ」で、「~なのじゃ」という古風な口調で話す。口癖は「うやん」。中野のことは「おぬし」と呼ぶ。

本来は豊をもたらす農耕で、狐火、すり抜け、浮遊、認識阻などの術を扱える。油揚げが好物で、スーパーで大量に買い込んでストックしている(一番の好物というわけではないが、大量にお供えされたものを料理しているうちにいと落ち着かなくなったらしい)。

中野を甘やかすことが生きがいで、中野妻兼自称する。中野と同居し、事全般を引き受け、耳かきしたりマッサージしたり背中を流したりと中野の世話を焼いて彼を癒している。中野仕事に出ている間には、隣人の高円寺安子にも食事を差し入れたりと世話を焼いている。

事全般が得意だが、現代文明に疎いため、電の扱いは苦手。初期はそれで失敗もしていたが、その後はスマホの使い方を覚えたりとそれなりに現代社会に順応している。外出時はキャスケット帽とコートを身につけて尻尾を隠している。

モフモフ尻尾は、大のモフモフ好きの中野にとって生きるになっている。尻尾は敏感らしく最初は「モフるのは1日1回まで」と言っていたが、あまりにも中野がモフりたがるせいでだんだんクセになってしまった様子。

かつては中野の祖先と交流があり、中野系をずっと見守っていた。彼女中野を救おうとしているのは、中野にまとわりついているいモヤとも関係があるようだが……。

同僚のシロや、上夜空からは「セン」と呼ばれている。高円寺には、当初はアニメ稲荷少女ヨーコちゃん』のコスプレ少女だと思われていた。その後、高円寺にはシロともども正体がバレたが、以降も変わらぬ隣人づきあいが続いている。中野の同僚の三鷹電話越しのでしか仙狐さんを知らないため、「広島弁金髪幼女」だと思っている。

テレビアニメ版では、Cパートにて主観視点で仙狐さんとの生活気分を味わえる「スーパー仙狐さんタイム」が設けられて好評を博した。単行本5巻ではバイノーラル録音で仙狐さんにお世話されている気分が味わえる「お世話シチュエーション」CD付き特装版exitが出たりしている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *キツネ耳を入れると135cm

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%99%E7%8B%90%E3%81%95%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仙狐さん

1 ななしのよっしん
2020/07/14(火) 10:51:54 ID: +nINtQqJXu
記事作成乙
うちにも来てくれないかなぁ