仮面ライダーG3単語

カメンライダージースリー

仮面ライダーG3とは、特撮ドラマ仮面ライダーアギト』等に登場する仮面ライダーである。
ここでは同系統である仮面ライダーG3-X並びにG3マイルドについても記述する。
ちなみにこれら三種を総称して「G3システム」という。 

概要

仮面ライダーG3『GENERATION-3

スペック
パンチ 約1t
キック 約3t
100mを約10
ジャンプ ひと跳び10m

かつて現れた人間の敵「未確認生命体」に対抗するために製作された特殊強化装甲人間の味方として戦った未確認生命体第4号モデルに、G1・G2の試作機を経て開発された。

G3システムプロトタイプであり、「第3世代強化外格および強化外筋システム」というやたらと長い名称を持つ。装着員は限定されており、他者が装着するには調整が必要である。

スーツの重量は100Kg以上あり、その動作を補助するため動として背中バッテリーパックを装備している。そのため活動時間には上限がありベルトバックルの盛りが少なくなるとまともに動けなくなる。
アギトギルスのような人的なは持たないために立った活躍は少なく、歴代最弱のライダーと呼ばれた。

シリーズ初の全装着ライダーで、外部から変身者の人体へ影(改造超能力など)を及ぼしていない。また、上記の設定ゆえに以降のシリーズと違い時に変身するわけではなく専用のトレーラー内で各パーツを装着するというスタイルである。

劇中の活躍

G3システム開発者兼警視庁未確認生命体対策班班長の小沢澄子をリーダーとし、氷川誠、尾室の計三名で構成される「G3ユニット」の中核を成す存在として運用される。

しかし、未確認生命体の対策として製作された本システムは、未確認生命体以上のを持った存在である「アンノウン」 には不足で、特に初実戦の相手であるジャガーロード達には手も足も出なかった。
そのため即座に良が施され、のちにトータスローテストゥード・テレストリスを撃破するなどの活躍を見せるが、結局のところそれでもアンノウンを相手にするには不足であり苦戦を続けていった。
その後、仮面ライダーギルスとの交戦で破壊されてしまい、後継機のG3-Xへとその出番を譲る。

のちに終盤に修理され、対アギト用に再編成された「G3ユニット」でG3-Xと共に運用される。

仮面ライダーG3-X『GENERATION-3 eXtension』

スペック
パンチ 約2.5t
キック 約7.5t
100mを約8
ジャンプ ひと跳び20m

G3を強化・良して開発された新スーツ。基本スペックの強化に加え装着員に理想的な動作を促すAIが搭載されており、戦闘が飛躍的に上がった……はずだったのだが、装着員がAIと同調できない場合は、AI導権を奪い、最悪の場合は暴走させるといった欠点があった。暴走した際はアギトグランドフォームと互に戦う戦闘力を発揮した。
その後この問題は北大教授高村介の開発した制御チップの導入により解消された(つまりこれ以降のG3-Xは想定の100%発揮出来ていないことになる)。
G3にはなかった「オートフィット」が追加されたことにより装着者が幅広くなっており、氷や北の他にも、AIと同調できる一が装着したことがある。

左上腕部にGK-06、右大腿部にGM-01、左大腿部にガードアクセラーを携行するためのハードポイントが付いている。さらに背部のバッテリーパックの下にはGX-05用の予備弾倉を2つ装備し、いかなる事態にも対応出来るように工夫されている。

戦闘G3から飛躍的に向上し、GXランチャーの破壊アギトライダーキックに匹敵する30tにも及ぶ。そのおかげで低級のロードなら自で倒せるようになった。しかし登場したのが黒幕が姿を現し始めた物語後半であったためやはり苦戦が多く、アギトやエクシードギルスのサポートに回ることがほとんど。

と思いきや、最終回では最強クラスエルロード二体相手に数分間り、GK-06とガードアクセラーの二刀流で攻撃を受け止める等といった驚異的なを発揮したり、劇場版では暴走したG4を倒す活躍を「氷川誠」として(ここ重要)見せ付ける。

劇中の活躍

透が提案した「V-1システム」と対立した本機は、合同演習の最中V-1をAIが敵と認識、これを破壊してしまう。

この件で自らの不足を痛感した氷は、自分の代わりに津上翔一を装着者にする。彼の手でスティングレイロード ポタモトゴンククルスを撃破する。
その後小沢が師である高村教授から「璧すぎるがゆえ人が扱うものではない」という摘を受けると共にAIの性を落とす制御チップを与えられ、それを装着したことで暴走がなくなり、スティングレイロード ポタモトゴン・カッシスを撃破した氷が正装着者になる(高村教授いわく「人間のもの」となった)。 その後は破壊されたG3に代わり、「G3ユニット」の中核を成す。また、仮面ライダーアギトと共同戦線をるなどで多くのアンノウンを倒していく。

終盤、アギト人類の敵と見なした上層部が「G3ユニット」を再編成。北が装着し、尾室のG3と共にアギトを妨する。しかしすぐに小沢が権限を取り戻し、装着者が氷に戻ると、アギトギルスと共に最終決戦へと向かう。
最終決戦では、仮面ライダーエクシードギルスとのコンビネーションエルを撃破している。

劇場版では陸上自衛隊に使用された仮面ライダーG4と交戦。死をも恐れぬ水城史朗G3-Xよりも高性なG4の前に苦戦するも、最終的に辛くも勝利した。

G3マイルド『G3-MILD』

スペック
パンチ 約1t
キック 約2t
100mを約13.5
ジャンプ ひと跳び5m

G3システム量産型として開発されたスーツテストタイプ。「第三世代未確認生命体戦闘用強化外筋及び外格 簡易生産化試験版」という、オリジナル以上になっがい名称を持つ。
外見は仮面ライダーG3に酷似しているが、胸部がG3-Xに近い形状になっている他、G3カラーリングべると、頭部などにが多く配置されている。

にでも扱えるスーツ的に製作されており、劇中で登場した募集要項には「経験・所属・資格は一切問いません」とあることから本当にでもよかったようだ。なお、正装着者は「G3ユニット」のメンバー・尾室となった。

そういった経緯からか、その身体は「アギト」劇中どころか歴代ライダーでも最低クラスである。特にジャンプに関しては全ライダー中最下位。

武器は劇中一切使用していないため不明であるが、G3と同ガードチェイサーに乗っていたため、GM-01~GA-04までの武器は使用できると考えられる。
装備のスペックとして特筆すべき点は、オートフィットで前述の通り多少の体格差があってもでも装着できる上、バッテリー規格などは他のG3システムと同様であるということ。
生産性は不明だが汎用性の面では量産品としての課題はクリアしてると言える。

なお、下記の通り結果がまったく残せなかった為(もしくはG4事件の関係の可性もあり?)、本機の量産は見送られた。

劇中での活躍?

ビートルロード スカラベウス・フォルティス出現に際し、氷が装着した仮面ライダーG3-Xと共に出撃。
G3-Xに先行し戦場に駆けつけ、その場にいた人間を救出するためにスカラベウス・フォルティスへ果敢に素手で立ち向かったが、まったく敵わずパンチ一発でノされてしまった。
その後、エネルギー切れを起こしたG3-Xに、自身のバッテリーを交換するという活躍を見せた。

……それだけ。

装備品

G3およびG3-Xの装備品は全て「Gトレーラー」でオペレーターがロックを解除しないと使用できない仕組みになっているが、これは相手に奪われた時のための対策であり、もし奪われた時には再ロックすることで敵に武器を使用させないようにする(しかしG4にGM-01を奪われた時は逆にシステムを乗っ取られ、これらの対処が不可能だった)。
一がG3-Xとして戦った際は氷がオペレーターとなった。
兵器コードネームで呼ばれ、一見すると軽々と扱っているように見えるが、氷GM-01を生身で発した際は、その反動で重傷を負っている。
ちなみにG3マイルドの武装は不明。

コードネーム 名称 概要
GM-01 スコーピオン サブマシンガンに牽制に用いられる。
GG-02 サラマンダー G3の最大火力を誇るグレネードランチャーGM-01にグレネードユニットを装備したもの。
GS-03 デストロイヤー 高周波振動ソード。右腕に装備して使用し、身を高速で振動させて切断する。
GA-04 アンタレス 右腕に装備するアンカーワイヤーにより敵の動きを封じることができる。
G3の頃から装備されていたが、初使用はG3-Xとなってからである。
GX-05 ケルベロス G3-X専用のガトリンング
普段はアタッシュモードとして携帯し、暗番号の入によりガトリングモードとなる。
- GXランチャー GX-05とGM-01を合体させたミサイルランチャー
必殺技は装填したGX弾を放つ「ケルベロスファイヤー」。
GK-06 ユニコーン G3-X専用の電磁コンバットナイフ。軽量で扱い易いが、威は低い。
それでもシャイニングカリバーを破壊する攻撃に耐える頑丈さを見せたこともある。

専用マシン

ガードチェイサー
ホンダX4ベースにしたG3ライダー専用の白バイで、G3G3-Xの装備が搭載されている。
ハンドル右側に起動キーガードアクセラー」をセットして起動する。ガードアクセラーは特殊警棒としても機する。
普段は「Gトレーラー」に搭載されており、事件が発生するとG3ライダーを乗せて現場へ急行する。

Gトレーラー
G3ライダースーツガードチェイサーを輸送する大サポートカー
ベース車両ドイツメルセデス・ベンツの当時最新鋭の大トラックアクトロス」。警視庁の代紋よりメルセデス・ベンツのエンブレム「スリーポイテッドスター」が大きく立つ。
G3システムの装着者はこのベンツ内でスーツの装着を行い、戦闘時はここからオペレーターが示を出す。
番組スタッフトラックマニアがいた事と、担当した販売会社の社員が仮面ライダーファンだった事で、種選定も容易に進んだという。

装着者

これらG3システムには正装着者として氷川誠が存在するものの、彼以外にも様々な人物が装着し運用している。

開発者、指揮者

「仮面ライダーディケイド」でのG3システム

アギト世界」などで登場。ここでは「アギト世界」でのG3システムを記述する。

「仮面ライダージオウ」でのG3システム

31,2話に登場。上記のG3マイルドのように量産化されている。

最新の研究も進められており、既に旧式化したG3があえて量産されているのは、未確認対策班のリーダーとなった尾室の意向により、こなれた技術により量産化しやすい本機の全配備をすためである。
しかし演習の際に突如乱入したアナザーライダーの襲撃に遭い、一部のG3装着者や警察官もアナザーライダーにされてしまう。

なお、何気にデストロイヤーを命中させている(効いているかはまた別の話)。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCg3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仮面ライダーG3

107 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 14:17:09 ID: xIJrxZ5gRz
周りで必死に戦っていたっていうのが一番いいかもね。
多分、氷さんあたりも?
108 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 18:24:45 ID: CGJsCjf28A
>>107
さんは倉庫から引っり出してきたG3-X無双してたと信じてる
109 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 21:59:15 ID: N/01NaheK/
一くんですら2、3体来ると辛いアナザーアギトに逃げず戦い続けるとかやっぱG3の人達仮面ライダーだわ。仮面ライダーであろうとする男達って賞賛したい
110 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 22:40:03 ID: IkaGvpeC3P
ディケイド本編ではろくに出番がかった(難に倒せるはずのグロンギしかいないのに何で強化修されたんだろ?)憤をらすような大活躍で満足したわ。
111  
2019/04/22(月) 09:04:29 ID: AyYtsU6ghf
そのうち自衛隊も何かしらのスーツを配備するほうへ動きそう

ただ、G4は「警視庁からのデータ盗用」「高すぎる運用ハードル」「倫理的に問題ありすぎ」の3点で理だろうから
G3自衛隊仕様を作らせてもらえないか警視庁に打診したり
V-1みたいな新規スーツを作ったりする方向になるかな?
112 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 12:40:21 ID: xIJrxZ5gRz
>>110
それはディケイド本編でも言ってたけど、アンノウンのような存在を想定してたから(というか知ってた)。
もうひとつはショウイチを守るためだね
113 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 13:54:59 ID: CGJsCjf28A
>>111
データ盗用の件が足を引っって、警視庁に技術提供を断られてんじゃないかと予想
114 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 16:56:27 ID: OFfCwW7o3l
とはいえG3・ゼクト系・ドライブ自衛隊以上の戦・技術が
警察だけに集中するのも体裁が悪いし防上の問題も出そう。

ここは素らしき青空の会からイクサの元データ(どっかの軍事パワードスーツ)を
取引して自衛隊用にカスタムするほうがいいかもしれない。
115 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 20:18:31 ID: EaimJAIs+/
G3盗用じゃなくて自衛隊が独自に作るとしたらどんなふうになるのかはちょっと気になる
色合いとかは仮面ライダー4号みたいな感じになるのかな?
4号自衛隊じゃなくて旧帝国軍がモチーフらしいけど)
116 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 23:05:19 ID: igtc5C9z8g
警視庁の量産ライダーって言うと量産型マッハこと仮面ライダー純もいたが、まああれとべたらG3の方がよっぽど実戦向けなんだろうね…

急上昇ワード