編集  

任天堂法務部単語

ニンテンドウホウムブ

任天堂法務部とは、任天堂株式会社が誇る最終兵器である。

概要

一般企業における法務部とは、企業に関する法律事務を請け負う部署であり、コンプライアンスや訴訟対応などを担当する。

日本を代表する企業の一つである任天堂にも法務部は存在していたが、任天堂が関わった訴訟や裁判などでは任天堂側がことごとく勝訴しており、「任天堂法務部最強」という伝説ゲームファンの間でまことしやかに流れることになった。

ただし、任天堂は会社の構造を開していないので詳細は確認はできないが、少なくとも2007年以前に任天堂法務部任天堂知的財産部と称している。それでも任天堂知的財産部の強さは依然として変わっていない。むしろ権利関係一本に絞られて強くなってるんじゃないかな?

しかし全戦全勝というわけではなく、敗訴・若しくは限りなく敗訴に近い和解に至った事例もある。

著名な訴訟歴

「ドンキーコングはキングコングのパクリ」裁判

ドンキーコングキングコングパクリ」とアメリカユニバーサル社から訴えられた事件。
法務部の調によりユニバーサル社がキングコング映画リメイク権を取得していなかった事が発覚し、任天堂ユニバーサル社を名誉棄損罪で逆提訴。ユニバーサル社は敗訴し、任天堂160万ドルの賠償を支払った。

なお、その際の弁護士の一人にカービィがいた。もちろん某ピンクの悪魔のことではなく、「ジョン・カービィ」という名前の人間である。凄腕の弁護士であったらしく、出番が来た最初の一言で相手にキングコング著作権が存在しないことを明、しかも逆にユニバーサルライセンスしていた「キング・コング」のゲームドンキーコングパクリであるという事を裁判所に認めさせた。

詳細な経緯はこちらを参照→ジョン・カービィ

ユリ・ゲラー裁判

超能力者として一世をしていたユリ・ゲラーが、ポケットモンスターキャラクターユンゲラー」は自分の権利を侵しているキャラクターだと訴訟を起こした事例。
日本で発売した商品には海外の法は適用されないと任天堂し訴えを退けた」説や「ユリ・ゲラーユンゲラーのようにスプーンを曲げるよう迫った」説が広まっているがどちらも明確な情報く、2018年現在に至るまでこの訴訟が未だ進行中である可性がある。

なお、ダイヤモンド・パール以降のポケモン本編において、ユンゲラーはかわらずの石を持たせて通信交換しても強制的に進化するという特殊な仕様になっており、デフォルト名のままの「ユンゲラー」という名前のポケモン海外ソフトに送る事は不可能となっている。また、ポケモンカードにおいてはカードeシリーズ以降ケーシィフーディン実装されているもののユンゲラーのみカード実装されていない。

ティアリングサーガ裁判

エンターブレインから発売されたゲームティアリングサーガ ユトナ英雄戦記」が任天堂ゲームファイアーエムブレムシリーズと酷似したゲームであると著作権法及び不正競争防止法違反だとして、エンターブレイン及び開発元のティルナローグを相手に訴えを起こした事例。任天堂インテリジェントシステムズと共に提訴した。詳細は「ティアリングサーガ」の単語記事を参照のこと。

結果としては任天堂の訴えは認められなかったものの、裁判ではエンターブレイン側に対して弁護士費用などを含めた売上額の一部支払いが命じられ、エンターブレイン側もそれに応じた事で事実上の和解が成立した。

3DS裸眼立体視特許裁判

ソニー社員が「ニンテンドー3DSに搭載されている裸眼立体視の仕組みは私が取得した特許を侵している」と訴えを起こした事例。
訴えを起こした男性2003年任天堂本社を訪れ裸眼立体視の仕組みをプレゼンした所、何の連絡もなしにニンテンドー3DSにその仕組みが使われたとして賠償を請ニューヨークで行われた第1審では2014年1月に裁判所が任天堂側に対して賠償29億円支払いを命じた。任天堂側は控訴し、2014年12月連邦巡回控訴裁判所は一審判決を破棄し差し戻し審を命じた。
その後2016年4月25日、上記の特許かったと判決が下り、任天堂側が逆転勝訴している。

コロプラ裁判(仮)

スマホアプリゲームメーカーであるコロプラが、任天堂が取得していた5件の特許として約44億円の賠償及びスマホアプリゲーム白猫プロジェクト」の差し止めを要したと2018年1月10日表した事例。コロプラ公式発表によると2016年9月任天堂より特許権の侵摘を受け、約1年以上にわたり任天堂特許権の侵はない旨を説明してきたとのこと。またコロプラは「今回の件でアプリ配信停止等はあり得ない」とユーザー向けに明を発表している。

2018年2月18日に両者の第一回口頭弁論が行われ、任天堂が侵されたとする5件の特許の詳細が開された。開された特許は下記の通り。

4月23日の弁論準備手続の際には新たに侵されたとされる6件特許が追加(相手が自分のゲーム機をフォローしていてもなくても、一方的に相手のゲーム機をフォローすることができる仕組みの特許)された事に加えて、コロプラ側に対して適当に答えて時間稼ぎするな(要約)」という類の回答も開された。6月15日に第二回口頭弁論が行われる予定。

「マリカー」裁判

公道カートの「マリカー」を運営する株式会社マリカー名し、2018年9月28日現在の社名は株式会社MARIモビリティ開発)に対して、任天堂知的財産権の侵行為の差し止めと損賠償をめて提訴した事例。

公道カートとは要するにナンバープレートをつけたゴーカートなわけだが(詳しくは当該記事を参照)、マリカー社はその公道カート任天堂キャラクターコスチュームセット外国人旅行者向けに貸し出し、渋谷秋葉原などに営業所を置いて一大勢を築いていた。

堂々と屋号にマリオカート略称である「マリカー」を掲げているうえに、店舗にはマリオ像を設置するなど死ににいってるとしか思えない任天堂アピール外国人ハートガッチリ掴み、SNS割引を設けて外国人旅行者に抜群の知名度を持っていたサービスだった。さらに2016年6月には、自動車やその貸与、広告などの業種における「マリカー」の文字商標を取得してしまった。

当然こんなことをしていて任天堂法務部が黙っているはずがなく、2016年9月には特許庁にマリカー社が登録した「マリカー」の商標取り消しをめる異議申し立てを起こした。しかし、2017年1月特許庁は任天堂側のを認めず、異議申し立てを棄却した。

これを受けて任天堂は、2017年2月不正競争防止法違反および著作権法違反して訴訟を起こした。その結果、2018年9月不正競争防止法マリカー社敗訴の東京地裁判決が下り、マリカー社は不正競争行為の禁止(マリオ等のキャラクターコスチュームを貸与することの禁止)と一千万円の損賠償の支払いを命じられた。一方、著作権法違反については判決文において「差止めの必要性を認めるに足りる立はされていない」とされた。

おこの地裁判決に前後してマリカー社はMARIモビリティ開発社に称している。ちなみに、係争中も、地裁判決が出た後も悪びれることなく営業を行っている。

MARIモビリティ開発はこの地裁判決を受けて2018年9月28日に知財高裁に控訴しており、法廷闘争はまだ続く見込み。[1]

ニンテンドーDS用マジコン裁判

ゲームソフトデータコピーするマジコンにまつわる裁判。厳密には任天堂のみの関わりではないが記載する。マジコン製造業者へ訴訟を起こしたゲームソフトメーカーは数多く、任天堂はその筆頭といえる。

任天堂2008年にもマジコン業者へ訴えを起こしており、その際にマジコンの違法化が内で初めて認められた。(この時内でのマジコン製造が禁止される)近年ではDSソフトを開発したメーカー33社と共にマジコン業者へ輸入販売差し止めを請する裁判を起こし、2013年7月東京地裁による判決としてマジコンの輸入販売差し止めと賠償9000万の支払いを命じた。その後の2014年6月の二審でも知的財産高等裁判所は一審判決を支持、そしてこれに対する上告を最高裁判所2016年1月に棄却、つまりマジコン業者側が敗北マジコン輸入販売行為の差止及び総額9562万5千円の損賠償が確定した。

関連動画

任天堂法務部に関するニコニコ動画動画なんてありま……せん?。

外部リンク

スペシャリストをめざせ!ゲームを支えるお仕事特集「法務のお仕事」任天堂公式サイト

関連項目

脚注

  1. *「任天堂vsマリカー」判決文公開、詳細明らかに…著作権侵害には踏み込まず - 弁護士ドットコム

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82%E6%B3%95%E5%8B%99%E9%83%A8
ページ番号: 5101048 リビジョン番号: 2636416
読み:ニンテンドウホウムブ
初版作成日: 13/06/14 00:18 ◆ 最終更新日: 18/10/25 20:35
編集内容についての説明/コメント: 「著名な訴訟歴」>「「マリカー」裁判」で、弁護士ドットコムの記事をソースとして情報を更新。空の<span>タグを6か所除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

任天堂法務部について語るスレ

707 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 00:32:52 ID: mvIONURv/u
ヤブヘビって言うけど、署名がマイナスになる可性はまずないでしょ。ありうるとしたらクッパ姫についてそもそも任天堂が知らない場合だけだが、このネットのご時世それはありえないし、大体取材もされてるんだから知らないはずない。

任天堂には、署名に答えなきゃいけないって義務もないからね。
708 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 00:39:21 ID: aJBBJp/Dcl
海外では公式ライセンスを取得してからそういう創作活動をする、という文化があると話を聞いて海外の署名運動もそういう動きになるのね、という日本との文化の違いを見られて興味深い
一方で任天堂ファンとしての自分はそういうのはどうなのかなとも思う
709 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 00:54:12 ID: 3Rc0DN3Rq2
海外著作権日本以上に厳しくて、海外ファン二次創作したいから署名活動してるのは分かった。
それはそれとしてクッパ姫公式ゲームで登場してほしくない気持ちの方が強い。クッパピーチという没ネタがあってそれが今後使われるかもしれないけど、今登場しても署名活動の所為とか考えて純に楽しめる気がしない。
710 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 02:21:34 ID: EXuTzXjfYM
二次創作したいから公式キャラクターにしようというのが全然理解できんよなぁ。それであるなら、クッパ姫創作する許可が欲しいと言うべきであって、クッパ姫公式キャラにしろというのはお門違いだろう。あげくスマブラSPに出せとか言い始めるし、これはもう全に創作許可視点からかけ離れてる。

結局背景にあるのは、欧特有のすることが正義であるという価値観が働いているだけにすぎんと思う。日本は逆に言わぬが背景が強いから、任天堂日本企業であることを加味すればマイナスイメージを持つことに不思議はない。任天堂上層部の個人SNSとかに突撃する輩が出てくればなおの事悪いイメージの方が持たれやすいのは確か。
711 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 11:14:20 ID: 7oyBPvempZ
>>710
分からなくもないが、厳密には任天堂日本企業というより、「グロバル企業」という立場らしい

企業セキュリティ脆弱性を発見するハッカーをつなぐHackerOne
https://svs100.com/hackerone/
>米国防総GMGoogleTwitter任天堂スターバックスなど名だたる大企業
>既に任天堂トヨタといったグロバル企業がプラットフォームに参加してくれています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34914650T00C18A9AA2P00/
>任天堂日本電産などグロバル企業京都に本社を残すのは着だけではなく、合理的な理由があるはずだ。

良し悪しは別として、もし任天堂がいわゆる「日本企業」だったら、二次創作や署名もここまで際化・グローバル化しなかったと思う
712 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 11:33:18 ID: SjQBeoqQ9v
思えば影の女王以外の悪のピーチって悉くボツになってるな(っても言うほど分は多くないが)
713 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 14:08:09 ID: xsafC4eYV2
公式キャラにせず、海外には任天堂クッパ姫の利用許可を出す
これで大体解決だよね
714 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 14:13:48 ID: J5S6Ksa6wa
でも企業視点からすると、それするにもやらまあ見えないところの権利周りやらの面倒事やらで手間が増えるしで
そうしてやる理由がいんだけどね…
715 : ななしのよっしん :2018/09/30(日) 17:26:53 ID: cC2TbXtwJR
>>714
何を言いたいかは分かるが、それは別として情報い?
あちこちで情報が入り混じっているので、ある程度確実な情報が欲しい。
記者の取材や法律の見解とか。
716 : ななしのよっしん :2018/11/25(日) 13:08:00 ID: 4dadUevItE
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20181030-00102319/

漫画村ロッキングで評判の悪いいづみはティアリングサーガ裁判の任天堂弁護士だったのか。
あと、いづみは川上量生稲田朋美とつながってるのか。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス