伊丹市交通局単語

イタミシコウツウキョク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

伊丹市交通局とは、兵庫県伊丹市に本部を構える営のバス事業者(地方公営企業)である。

では、交通局独自ICカードの「itappy」についても解説する。

概要

伊丹市交通局は1949年設立。内には鉄道網が南北にしか走っていないという地理的な問題がある。そのことから中核政令指定都市都道府県庁所在地公営バスでないにもかかわらず路線網が充実している。特に鉄道い北部・西部方面には路線が充実している。
また、隣接する宝塚川西尼崎市豊中市にも路線がかすっている。

関西ではしく、前乗り後降り・運賃先払い方式を採用している。運賃は全線大人210円・子供110円均一。
阪急伊丹JR伊丹阪急塚口駅JR中山大阪空港を中心に路線網を展開している。
スルッとKANSAI協議会に加盟しており、2000年にはスルッとKANSAIの磁気プリペイドカードを導入。
2001年にはJR西日本の磁気プリペイドカードである「Jスルーカード」を導入したが、2007年止している。
2008年にはPiTaPaICOCAと、伊丹市交通局独自ICカードであるitappyを導入した。

※なお、伊丹市交通局はIC乗車券相互利用サービスには未だに非加盟である。(2017年11月時点でも…)
そのため、PiTaPaICOCA以外のIC乗車券Suicaなど)は利用不可能
(関西圏でPiTaPaICOCAを導入していながら相互サービスに加盟していないバス事業者は、伊丹市バスの他は山陽バスである。)

鉄道駅接続地点

itappy

itappyは伊丹市交通局のみで使えるIC乗車券。itappy導入により、従来の磁気タイプ市バスカード(プリカ)の自販機での販売は取り止めとなった。
今でも窓口や商店等では磁気プリカ・磁気一日乗車券を販売しているが、2017年3月末をもって発売を終了し、2018年1月末をもって、スルッとKANSAI磁気プリカと共に磁気カード乗車券止が決まっている。
(一日乗車券だけは方式に切り替えたうえで今後も発売していく。)
新規発売場所は広営業所・阪急伊丹バス案内所(窓口自販機)・JR伊丹・いかりスーパーマーケット塚口店の4箇所。
チャージは営業所・自販機バス内。ただしバス内では2000円のみで、しかも1000円札でのみ受付。
払い戻し時は残高+デポジット500円-おまけ分-払い戻し手数料200円が払い戻される。ただし純残高-おまけ分が200円以下となった場合はデポジット500円のみが帰ってくる。 

新規発売

種類 利用可 そのうちデポジット
2500円コース 2310円(310おまけ15.5お得) 500円
5500円コース 5880円(880円おまけ17.6お得)
7500コース 8400円(1400円おまけ・20お得)

チャージ

種類 チャージされる
2000円支払い 2310円(310おまけ15.5お得)
5000円支払い 5880円(880円おまけ17.6お得)
7000円支払い 8400円(1400円おまけ・20お得)

営業拠点

  • 営業所
    この一箇所のみ。交通局庁舎・庫・定期券販売所を構えている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E5%B8%82%E4%BA%A4%E9%80%9A%E5%B1%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊丹市交通局

1 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 00:29:19 ID: wVL9t/Rdmc
兵庫県内の営事業者はどんどん民営化されてるけどここはそういう話は出てないんだろうか
2 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 19:48:20 ID: p7Bkx+xJt5
>>1
伊丹市は幸いにも伊丹空港が建っていることで、他の自治体とは違って財政的にその分のアドバンテージがあるし、
伊丹市内を東西に結ぶ鉄道い=自動車交通に頼らざるを得ない事情もあるから
当面市バスは生き残っていくんじゃないかな。
赤字が出ても空港関連の歳入で補填すればいいし、阪急バスも受け皿になるのに乗り気じゃないし。