伊佐市単語

イサシ
1.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

伊佐市とは、鹿児島県北部に位置するである。

キャッチコピー「大地の恵みを 人が奏でる だれやめの郷」

概要

2008年11月1日に、旧大口と旧菱刈町が合併して誕生した。

町全体が地に位置しているため、は暑く、は寒い。
特にの寒さは南鹿児島県において段違いであり、1月最低気温は-1.2℃と、山形県酒田市(-1.3℃)に匹敵する寒さである。
また、積雪もしばしばみられ、ひどい時には10cmえることもあり、このことから
鹿児島北海道とも呼ばれる。
この寒暖の差を利用して、「伊佐」と呼ばれるが作られ、県内屈どころとして知られる。

焼酎ふるさとと言われ、「伊佐美」「伊佐錦」「伊佐錦」「伊佐舞」などが有名。
八幡神社には「日本最古の『焼酎』に関する資料」として、当時の焼酎にまつわる落書きが残っている。

にある曽木のは「東洋のナイアガラ」と呼ばれ、平成にも選ばれている。

その他、
齢600年をえる十曽のエドヒガン
2kmにも及ぶ並木の名所選に選ばれた忠元公園
・曽木の下流に位置する曽木発電所遺構
日本最大の鉱山である菱刈鉱山
などがある。

かつては山野線(野~俣)、宮之線(薩摩大口川内)と呼ばれる鉄道が走っていた。
現在内には現在バス以外の公共交通機関いが、近隣の都市に行けば一通りそろっているので、遠隔地へ行くのにはそれほど困らない。
出水市九州新幹線新水俣駅出水駅 湧町→JR肥薩線高速バスバスストップ
 霧島市鹿児島空港高速バスバスストップ いずれも1時間足らずで行くことができる。)

鹿児島県の中で一、宮崎県えび)と熊本県・人吉球磨村)と接している。人吉方面へは昔は久七と呼ばれる山を通って行かなければならなかったが、現在は久七トンネルが開通し、人吉・さらにはその先の八代市へのアクセスも格段に楽になった。

現在の人口は28.939人(2011/8/1現在)。鹿児島県の中では4番に少ない人口である。

 

…が、自然豊かで住むにはもってこいの町だと思います。(by

関連動画

 

関連商品

伊佐市に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

伊佐市に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊佐市

1
2011/09/16(金) 23:11:07 ID: Uu3heVxpRQ
鹿児島県の並いる魅的なの中ではちょっと立たない感じだけど、
それでも私は伊佐市が大好きです。

伊佐市バンザイ!
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしんP
2014/01/19(日) 15:50:48 ID: /Kh4h2C/Ve
伊佐市沖縄に迷惑じゃないか!(宜野湾に「伊佐」がある)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2020/04/26(日) 15:03:21 ID: nnVeAUaxvw
鹿児島県の中でも別格に寒い
焼酎が周辺の地域と醸し方が違うのか独特の味でうまい
👍
高評価
0
👎
低評価
0