伊東甲子太郎単語

イトウカシタロウ

伊東甲子太郎とは新選組参謀、御陵衛士である。

概要

伊東甲子太郎(黒鉄ヒロシ)

保6年(1835年)、常陸士・鈴木専右衛門のに生まれる。旧姓鈴木。通称大蔵、摂津。諱は武明。実鈴木三樹三郎がいる。

督相続後にの不祥事により閉門。水戸神道念流や後期水戸学を学ぶ。

安政6年(1859年)頃江戸に出て北流の伊東精一に学びその没後その結婚伊東姓。場を継いだ。

元治元年(1864年)、藤堂平助に誘われ、鈴木三樹三郎らと上新選組に入隊。甲子の年にちなんで甲子太郎名した。

慶応元年(1865年)、参謀に就任。11月永井尚志による長州尋問使に近藤勇らと同行。翌慶応2年(1866年)1月の尋問使にも同行した。この時伊東広島で諸士と幕府の悪政についてり合い、滞在50日に及んだと同志である篠原泰之進の記録にあるが、後年に書かれた記録のため偽不明。

同年12月孝明天皇崩御に伴い、伊東は山陵衛士への転身を望んだ。翌慶応3年(1867年)の九州旅行後、帰すると篠原同志の活動によって御陵衛士の拝命が決まっており、3月新選組から分離した。

新選組から分離後の伊東は何度か朝廷に建書を提出している。建書の中で伊東は、長州への寛典論の他、民皆兵・五畿内の朝廷による握・富強兵といった内容のいわゆる「大開論」を展開した。

11月18日近藤宴に招かれた伊東はその帰り道、油小路七条下ルにて新選組によって暗殺された。享年33。永倉新八の『浪士文久報記事』によると殺したのは大石鍬次郎横倉甚五郎宮川信吉・太郎の4人とされる。

新選組を題材とする作品では悪役・裏切り者として描かれる場合が多い。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%A4%AA%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊東甲子太郎

19 ななしのよっしん
2015/10/31(土) 20:17:42 ID: CGidCIUyq/
この人が生きていれば新撰組の賊軍の汚名も少しは晴れ、またこの人自身は佐幕と勤王の両要素を併せ持った重な政府高官になっていただろう
20  
2017/03/22(水) 13:14:11 ID: aPyV76gE+n
書見ると内戦反対非戦で開(近代化西洋化による富強兵
討幕ではあるが徳潰す気は更々ないし長支持というより長が第二の徳にならないか危惧してる感じがある
あと「話せばわかる」を地でいく人
書にも新体制はとにかくみんなで話し合って方針を決めていこうとあり最後は近藤と話し合おうとして(建書持参)暗殺された
21 ななしのよっしん
2017/04/08(土) 18:15:47 ID: IJQ9YaY2Jp
他の人も言うように、本当に近藤を暗殺する気なら敵対相手の誘いに対して少ないお供だけ連れてベロンロンになるまで飲むわけないし、そう考えると新選組乗っ取り々だって非常にくさくなるよな
暗殺や乗っ取りの意思って御陵衛士側のソースがあるの?それとも新選組側だけの言?

そもそもは攘夷って都合のいい言葉で幕府に対するイデオロギーが違う相手を勧誘したこと自体が間違いだし、新選組『再評価』の犠牲者だと思う
22 ななしのよっしん
2017/04/09(日) 07:13:42 ID: IJQ9YaY2Jp
しっかし伊東堂を殺した!なんて騒いでるツイートを見かけてポカーンなんだけどこれはどこ情報というかどう考えたらこういう発想になるんだ?
仮に伊東に味方したから他御陵衛士のメンバーが死んだというのなら悪いのは伊東粛清した新撰組じゃないのか
23  
2017/04/09(日) 12:15:56 ID: aPyV76gE+n
>>21
暗殺計画の大元は永倉の新撰組末記
だが御陵衛士でそういう言をしたものはない 御陵衛士側でも史談会や書籍で当時のことをった人はいたのにね・・・というか暗殺する気の人になんで建書持っていくの?

乗っ取り計画は暗殺して乗っ取りというものはなかったろうね
城多董の記録に伊藤本人が度々近藤に忠告をしたと言ってるらしいので近藤を勤王にしようくらいは実際にしていたかもしれない
それがのっとりと言えるかは微妙だが
といのも新撰組も一応尊皇攘夷を掲げてるので
尊皇攘夷を掲げてる組織で尊皇攘夷をしようぜというのは裏切りになるのだろうか
24 ななしのよっしん
2017/04/09(日) 13:38:00 ID: IJQ9YaY2Jp
やっぱり油小路事件は新撰組が行った最大レベルの過ちだと思うわ。
豊臣なら秀次事件、武田なら義信切腹、いつだって組織は内部の粛清から崩壊する。

いざとなれば幕府だって不要だと唱えた勤王を幕府の敵として殺してしまったがために、新選組は幕府だけが大事な敵だといわれても否定できなくなってしまったことは本当に残念。
そりゃ彼らは自分たちを正式な幕臣にしてくれた忠義を返したかったのかもしれないが・・・。
25 ななしのよっしん
2017/04/30(日) 20:38:47 ID: Mzw/hrzfId
新選組伊東を殺す理由に「邪魔だったから」以上のものが要るかな
強いて言うとしても隊規に抜けたは殺すと書いてあるから、で十分だろう
そもそも新選組は(各個人はともかく軍事的には)弱かったから負けただけで内部崩壊なんぞしとらんし
26 ななしのよっしん
2017/04/30(日) 21:47:35 ID: IJQ9YaY2Jp
そもそも同じ隊士を邪魔に扱う理由は?抜けられる理由は?
結局新選組内ゲバだらけの組織だったのは言わずもがな、そもそもが勤王を謳いながら結成された組織なのに勤王の方向性でこうも内部対立が進んだ時点で思想が歪みまくったのは否定できんわな
27 ななしのよっしん
2017/06/22(木) 00:04:03 ID: 4BpdJJidl+
>>26
上は討幕に潜入して情報を収集するための偽装離隊(新選組の別動隊としての分離)
だから倒幕へ接近しながらも新選組へ名が立つように本当に二重スパイじみた真似をし、結果双方から疑惑のまなざしで見られることに

新選組「あいつフリだけって言ってたけどマジで裏切ってへん…?」

陸援隊「がやられる直前に会いに来てた元新選組のあいつ怪しいな…武装起の計画も漏れてたし…新選組の手先ちゃうか?」

薩摩お前結局どっちの味方やねん拠見せろや」
28 ななしのよっしん
2017/06/22(木) 04:26:03 ID: IJQ9YaY2Jp
>>27
長州への処罰は緩めてほしいってしてたぐらいだし勤王倒幕でも双方との争いを極納めたいとは思ってたと思うな
彼の考え方はに近かったと言われることもある、がそれだけ佐幕倒幕両方からは受け入れられなかったのかもな

急上昇ワード