伊橋剛太単語

イハシゴウタ

伊橋剛太とは、DDTプロレスリング所属のプロレスラー料理人である。

概要

千葉県出身。1985年2月6日生まれ。身長158cm体重110kg。

就職後にたちプロレス軍団(OPG)に所属しアマチュアプロレスラーとして活動していたが、そこにDDT入団前の飯伏幸太が居たことが大きく彼の人生を変えることとなる。彼の練習相手として退勤後に共に練習をし、さらに遊び、そして深夜に帰宅するという生活を繰り返していた。
やがて飯伏はDDTプロレスリングへと羽ばたきすぐにスター選手となった。も何度か飯伏からの誘いを受け、ビアガーデンプロレスハードヒットDDTリングに立つなどしていた。

しかし「30歳までにプロレスラーになりたかった。」との理由でDDT練習生として参加。2009年6月にはDDTプロレスリングで正式なデビューを果たす。が、デビューからわずか9ヵ後に両膝靭帯損傷という重症を負ってしまい、何と2年間もの長期欠場に追い込まれてしまう。

その後リハビリを続け、2012年3月に復帰。その年の9月にはDDT映像班今成夢人をリーダーとするユニットゴールデンらんでぶぅ~」を結成。翌年5月には自身初のベルトとなるKO-D6人タッグのベルトにく。

また、プロレス以外ではDDT新宿歌舞伎町で経営する居酒屋エビスコ場」で料理長として働いており、その腕は非常に高い評価を得ている。

エピソード

  • 飯伏幸太とは親友であるはずなのだが、彼と組む試合ではタッグパートナーというよりは具に近い扱いをされている。
  • 高木三四郎社長く「に対しては毎日怒ってる。」
  • なぜ膝の靭帯損傷という大怪とは言え、2年もの長期欠場になってしまったかというと、欠場期間中に大幅に体重が増加してしまったために体重を減らさないとリングに上げられないという団体側の判断があったようである。
  • 欠場中にはあまりに体重が増えすぎたため、その重みで勤務先のエビスコ場のトイレの便座を割ってしまったそうである。
  • 入団の際にはすでに闘うビアガーデンハードヒットリングに上がっていることもあり、「電話か飯伏づてに話をくれればかったはず。」(高木社長談)なのに飯伏にも内緒でわざわざ履歴書を送ってよこしたそうである。理由はコネと思われるのが嫌だった。とのこと。
  • 料理の腕前はさすがに一流で、2012年10月に行われたフードファイトイベント「Foodist Stage」で優勝という結果を残している。
  • 入場曲はRIZEの「ROCKS」。入場の際には曲に合わせて腕を振りつつ「イェイ!カモン!」と歌うのがお約束である。

得意技

関連動画




関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E6%A9%8B%E5%89%9B%E5%A4%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊橋剛太

1 ななしのよっしん
2015/02/21(土) 23:44:25 ID: 0cw9oiM2yZ
初代キングオブダーク王者おめでとう
2 ななしのよっしん
2017/05/26(金) 14:20:33 ID: XjJjujXqbd
Amazonプライムオリジナル番組のぶらり路上プロレスでまさか前田日明把瑠都と戦うことになるとかすげえよ…